So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

1455知的生産性の向上はあり得るのか

現場へ帳票に記入させ、集計する作業をしている。PCがあって、電子メールがあって、Excelがあって便利になった。しかし、そんな簡単に話が済むなら、もっともっと効率がよくなっているはずだ。実際には、何かわかってわからないような面倒なことばかりやっている。

まず帳票をPCで作り出す。そこまではいい。

できれば電子メールで一斉配信をしたいところだ。そして電子メールで返事をもらい、同じ Excel帳票でぱっぱっと片付けたい。そうできるハズである。

ところが、電子メールを使いこなせない現場(人間に能力のない場合とインフラ的に整ってない場合の2通りあり)もあって、多くは印刷して物理的なメールで送る。

そして、そのまま記入されて、再び物理メールで返却され、その紙の帳票を見て、データをPCに打ち込んで、作業は完結する。

まどろっこしくもあるが、まあ、仕方ないというところだろう。

しかし、作業は何故かいろいろなパターンが起こる。

親切にデータをPCに打ち込んでくれる人たちがいる。ひとつは手書きだと字がきたないので、それを気にして、ということらしい。またPCの Excel帳票ならば、計算が楽ということらしい。

そして、それを印刷して物理メールで返却してくる。PCが文書清書機として利用されているパターン。

キレイで見やすいといえば、手書きよりよさそうなのだが、実際は違う。そんな低スキルの方々が打ち出してくれる印刷物は危ない。

計算の答えが違っている。字がキレイだから鵜呑みしやすいが、多分、計算式が作業途中で壊れてしまったのだろう。だから却ってやっかいなのだ。(元から手書きの返却でも計算違いはあるが。)

PCだから可能なのだが、小さすぎる数字や文字。セルに「縮小して全体を表示する」でも書式が設定されているのだろう。目が辛くなる年頃なので、けっこう堪える。まあ、読めないことはないが。

文字がばけて読めないもの、印刷範囲外になってしまって字が切れているもの、等々およそ手書きではあり得ない様なミスがある場合が多い。

そうなってくると、打ち込んで電子メールで返してくれる方がありがたいのかもしれない。そういう人たちも一定数いるのだ。

しかし、それをイチイチ計算や文章チェックして、印刷して、揃えるのもなあ。

あと、そうそうFAXというパターンも少数ながらある。こちらは用紙の大きさが変わってしまって、A4に揃えないといけないというバグ(?)が起きたりする。

便利な分、やり方は多岐にわたる。多岐にわたって、小さな問題がそれぞれ発生する。何でかなあとブツブツ言って、それでも便利なのかと思い直し、作業を片付ける。

1455-01.jpg
nice!(53)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 53

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。