So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

1356小林八幡神社付城(兵庫県) [城印象記]

兵庫県三木市別所町小林の小林八幡神社付城を紹介します。

より大きな地図で蔓草マップ を表示

舌状丘陵先端に位置し、北の三木城とは低地を挟んだ地形になります。

三木合戦時2期に築かれた付城です。

現在は江戸時代中期に祀られた八幡神社があります。

1356-01.jpg

神社東側には土塁が良く残り、曲輪が想像されます。

1356-02.jpg

土塁が二重になりしっかりした守りが見てとれます。

1356-03.jpg

西の方は道路開発等で遺構が失われているようですが、堀があったのかなあというような地形でした。

1356-04.jpg

周囲には遮蔽土塁である福井土塁が多重に点々とあり、拠点にはこうした付城を配備した様子がわかります。

もう少し遺構が整備されていればいいのに、と思う点もありますが、いたしかたないでしょうか。

神社本殿に向かう参道も途中が下がっています。もうすっかり城遺構ではないのですが、おそらくここに堀があったのではと思わせる地形でした。

1356-05.jpg
nice!(41)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 41

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。