So-net無料ブログ作成
検索選択

1101沼田城(神奈川県) [城印象記]

神奈川県南足柄市沼田の沼田城を紹介します。

より大きな地図蔓草マップ を表示

丘陵状になっています。路地は細いですが、登っていくことは可能です。ただ駐車する場所がなくて苦労します。

登り口には、小さな案内があります。

1101-01.jpg

1101-02.jpg

この道も堀のような遺構を利用しているのかもしれません。

1101-03.jpg

登り切った正面に標柱があります。

1101-04.jpg

このあたりが主郭です。開墾された畑が広がっています。

実は、ここは再訪なのですが、以前はちゃんと標柱は立っていました。

1101-05.jpg

標柱ひとつでも、ありがたいものです。しかし、手入れされることなく朽ちていく様子をみると残念です。また新調されることを願っています。できれば、説明版もあるとうれしいですね。

それにしても、前回も雨で、今回も雨。雨だから、ちょっと立ち寄ったのかと微妙な思いです。

割と広い平らな土地で、往時は区画を設けて城と利用したのでしょう。それを何となく感じさせる様子ですが、開墾されてて、具体的な遺構までわかりません。

1101-06.jpg

1101-07.jpg

しかし、登ってきた南面の道を少し入り込んでみると、この台地が切岸状になっているのが、よくわかります。

1101-08.jpg

こんな薮探索をこまめにするとお城も楽しさを増すのですが、雨の再訪ということで、そこそこにして切り上げてしまいました。

北の面を下ると空堀も確認できます。よかったらチャレンジしてみて下さい。

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(48)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1100ブログ記事が1100回になりました

またひとつ節目を迎えた。ひとつひとつが嬉しい。

900回の時には、アクセス数が順調に増えていることを書いた。その後はどうかというと、それからもアクセスは増え続け10月にはピークを迎えた。ピーク!? 実はその後アクセス数が急に減った。

結果10月20日頃がピークとなってしまったが、なぜ順調に伸び続け、アクセス数が急に減少しだしたかは不明である。

なぜ減ってしまったか、それを気にしすぎるとノイローゼになってしまいそうなので考えないように、と思った。本来は、自分が書きたいから書いているのであって、アクセス数などは、あくまでもおまけの結果、と言い聞かせてきた。

まあしかし、それなりに悩むものだ。そこを頑張って続けてきたつもりだ。どういう訳か1月が底で、2月くらいからアクセス数が回復しだした。

この推移もまた全く理由がわからない。

書いた記事の良し悪しは、やっぱりある。我ながら良く書けたと思ったり、熱意ある内容と思えたり、充実した内容と評価できると思ったりすることもある。けど、多くは時間に追われ、不充分ながら書き終えることも多いし、もうちょっともうちょっとと思いながらなかなか書ききれない。また、今日はとりあえずつなぎの1本という日もある。

その結果のアクセス数としたら、いろいろ反省もしないといけない、とは思う。

けど、でも、やっぱりアクセス数、人気というものはわからないものだ、というのをしみじみ感じる。

どんなブログにするかは、先をしっかり見据えないといけないのだろうが、一日一日、今日を大切にして、頑張るしかない。

そして、ひとつひとつ、いい記事を書き並べていきたい、改めてそう思うのだった。

1100-01.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(42)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1099北条幻庵屋敷(神奈川県) [城印象記]

神奈川県小田原市久野の北条幻庵屋敷を紹介します。

より大きな地図蔓草マップ を表示

保育園の手前角になります。路地は狭いです。訪ねた日は土曜日で休園日だったので、保育園の駐車場に停めさせていただきました。

あいにくの雨でしたが、満開のソメイヨシノが咲いていました。桜はいいですねえ。

1099-01.jpg

1099-02.jpg

 北条幻庵屋敷跡

 幻庵は、伊勢早雲庵宗瑞(北条早雲)の末子として明応2年(1493)駿河の葛山の館(裾野市)に生まれた。幼年時代に箱根権現の別当職を約束され、京都に出て三井寺で修学したり、学者や文化人について諸芸を学び、格調高い歌を詠む文化人であった。
 天文10年に兄氏綱が逝去した後は、3代氏康、4代氏政の後見人として、この久野の館に住み、一族の長老的存在となり、その名は遠国まできこえていた。
 幻庵は、北条氏が滅びる8ヶ月前、北条氏の盛衰とともに久野の館で97歳で亡くなったとされている。

------------------------------------------------------------

余り後北条氏に詳しくないのでいけませんが、関東には後北条氏ファンも多く、思い入れの方も多いのではないでしょうか。

わずかばかりの庭園が残っています。

1099-03.jpg

こうして残っているのはありがたいですが、少し荒れていますかね。もう少し整備すればいいのに、と思いました。

もっとも、屋敷であって、城館的な遺構はなかったと言われています。

1099-04.jpg

鳥居の向こうには廟もありました。秀吉に攻め込まれる前に亡くなったのは、幸せなことだったのかなと思って、手を合わせてきました。

1099-05.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(53)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1098神奈川県小田原市のマンホール [マンホール]

神奈川小田原市のマンホールです。

1098-01.jpg

油断していました。ひとつは小田原のマンホールはもう撮っていることだろうという思い込み。もうひとつは雨だったのでマンホールは無理だろうというあきらめ。

夕方の街を歩いていて、見たことがない!と気付き、とりあえずと思い撮ってきましたが、よかったです。正解でした。まだ小田原のマンホールは収めてなかったのです。雨あがりの中、そこそこの状態のものが撮れて良かったです。

デザインマンホール集めも油断ならないものです。

右下に描かれているのは、旧東海道の「酒匂川の渡し」だそうです。浮世絵にも描かれた題材だそうですが、意識したことがありませんでした。

後ろには小田原城、箱根山、富士山が描かれています。デフォルメされた景色でしょうか、それとも、これに近い景色が望めるのかな。また確認したいと思います。

しかし、それにしても小田原の戦略性に富んだ地形を感じます。後北条氏の本拠地として栄えた小田原城を思います。

今は跡地に近世の小田原城が外観復元されています。

1098-02.jpg

一方、市民憩いの場、公園として動物園もあります。今はなくなりましたが、ゾウのウメ子がいました。懐かしい光景です。

1098-03.jpg

岡崎城にも動物園がありましたが、今はありません。時代の流れを感じます。

あの天守も外観復元とはいえ、天守最上階にないはずの高欄が取り付けられるなどしたものですが、今や復元のレベルも精度を上げています。

1997(平成9)年に復元した銅門(あかがねもん)です。

今はより本来の小田原城(江戸期)になるよう整備が進められています。

1098-04.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(49)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1097ブログ開設4年目を迎えます

2014年4月12日にブログを初めて満3年になった。時間もない予定もはっきりしない、でもなにか書いてみたい、そう思って始めたブログだった。

この頃痛感するのは、何かを止めなければ、何かは始められない、ということだ。ブログはどうしてもやりたいという衝動が募っての行動だったが、なかなかそんな無茶ができない。時間いっぱいの日々だ。

結局、落ち着いてみたら、日記が書けてなかった。日記を止めたから、ブログが書けた、という結果になったようだ。ここ2、3年の空白の日記帳をみて複雑な思いがある。

日記といっても日々書いたものではない。忘備録といっていいもので、小さな手帳に主な出来事が記してある。見開きで1ヶ月が見渡せ、あとから何をしたかが確認できるというものである。だから記録の総まとめ的なもので、過去数年前の出来事を調べるのに役立っている。

だから、ちらばった記録や記憶をかき集めて今からでも書き留めることが出来ない訳でもない。一部空白が生まれるかもしれないが、頑張って、今のうちにこの日記の空白を埋めたくも思う。

ただ、その元気があるかな。

けど、今、頑張り直してみたいことには違いない。

ブログ満3年のお祝いより、そのことが気にかかるが、ブログは手前味噌ながらよく頑張れた。こんなに頑張って続けれるとは思ってもいなかった。3年前とは違う世界にいるように感じる。

習慣の力や、誰かに読んでもらう、発表の場でもある、そんな緊張感がいい継続になった。

今までブログやサイトの立ち上げをしたこともあったが、続かなかった。私はお城好きでそんな関連のものをやったのだが、直球の全力勝負過ぎてダメだったように思う。それをもう少し気楽に、いろいろとりまぜ、基本書きたいという気持ちを大切にして続けてきた。それがよかったのだろう。

結果、城印象記にしても140を超す量となった。今まで中途半端に終わっていたから、こんなに書いたことはなかった。こんな調子でいけば、そこそこのお城サイト並の情報量にはなるなと思ったりもする。これからも頑張って、書き揃うようにしていこう。

相変わらず、「書いた書けん」問題があって、結局書きやすいものを書いている、そんなところがあるが、これは辛抱強く対処するしかない。なかなか書けない、けど、書いてみたい、まずはそう思い続けていこう。

何かをやること、続けること、には辛い選択や忍耐がいることを思い知らされる日々でもあるが、やっぱり頑張って良かった、そうした戦いそのもの、そんな日々が楽しかった、と思う。

読んでいただいた方々、ありがとうございます。

また1日1日大切に頑張っていこう。

1097-01.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(54)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1096長興山枝垂桜 [桜]

神奈川小田原市入生田にある長興山の枝垂れ桜を見てきました。

1096-01.jpg

1096-02.jpg

小田原市指定天然記念物(昭和32年3月30日指定)

   長興山の枝垂桜

      (所在地)入生田470

 シダレザクラは、本州中部以西に生えるエドヒガン(ウバヒガン、アズマヒガン)の変種で、枝が垂れ下がる点が特徴です。また、サクラの種類のうちでも寿命が長く、大木になり、特異な樹形となることから、神社や寺院の境内によく植えられ、市内でも早川の真福寺、下大井の保安寺、城内の二宮神社などに見られます。
 この木は、枝を八方へ平均に広げ、シダレザクラの基本的な形を整えています。3月下旬から4月上旬にかけて濃い緑の樹叢を背景に開花する姿はまことに美しく、県下にも比類のない名木です。このサクラは、稲葉氏が紹太寺を建立した時、その境内に植えられたもので樹齢330年以上と推察されます。

   小田原市教育委員会

------------------------------------------------------------

4月8日でした。。予報もありましたが、やっぱり雨。

日程を選ぶ余裕がないので、これはこれで仕方ないです。ほぼ満開な状態でしたが、やや早いでしょうか。もう少しピンクにたわわに花が咲きそろうと思います。が、みごとな花でした。

1096-03.jpg

少しけむっているいるようですね。

1096-04.jpg

枝振りがとても力強く感じました。

1096-05.jpg

今はふもとに置かれた紹太寺です。この茅葺の本堂もこの春限りで、銅板屋根に改装されてしまうそうです。

1096-06.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(55)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1095家康行列藤岡忠勝と岡崎公園の桜

昨日4/9(日)には家康行列があった。天気が不順で、雨が止んだものの、またパラっときたり、晴れ間と曇天の繰り返しという日だった。風があったが、それでも午後はちょっとは落ち着いたであろうか。

今年は藤岡弘、さんが本多平八郎忠勝役をやってくれる。

NHK大河と同じ格好で、しんがりに登場。さすが貫録というか、雰囲気があった。皆から声がかかっていた。

仮面ライダー! って声もかかっていた。

1095-01.jpg

大にぎわいだった。家康行列も無事終了してよかった。

今年は、3月が寒くて桜が遅い。でもお陰で、昨日は行列と桜がいっしょに楽しめた。

ほぼ満開であろうか。

1095-02.jpg

公園はいつになく人が多かった。

1095-03.jpg

家康公もよろこんでおられよう。

1095-04.jpg

うかれ気分で、夜桜にも繰り出してみた。

1095-05.jpg

屋台と人の渦。でも、桜って皆を幸せにしてくれるよな。

1095-06.jpg

夜桜は、ライトの加減でかなり桜の色が変わる。カメラに収めるとそれがよくわかる。

1095-07.jpg

夜風がここちよくなってきた。春だなぁ。

ライトアップは午後10時で終了。もうそろそろだ。

1095-08.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(65)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1094熊本県熊本市のマンホール [マンホール]

熊本県熊本市のマンホールです。

1094-01.jpg

カラーマンホールもあります。

1094-02.jpg

市の花ヒゴツバキが描かれています。カラーだと赤が引立ち、火の国熊本を連想しますね。

人口は70万を越え、政令指定都市でもあります。

ご存知のように昨年2016年4月14日・16日と熊本地震に襲われました。もうそろそろ1年になるわけですが、早い復興を願ってやみません。

私が前に熊本に行ったのは2011年でしたから、もう懐かしい熊本城の写真になっています。

天守はコンクリートの再建ではありますが、圧倒するほどの石垣・櫓・城門が残り、また丁寧で本格的な復元が進められていました。

それらが、またやり直しなので、根気のいることと思います。全修復に20年かかるとも言われてましたが、またいつの日か、それらの雄姿を見たいものだと思います。

1094-03.jpg

1094-04.jpg

1094-05.jpg

1094-06.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(53)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1093佐賀県佐賀市のマンホール [マンホール]

佐賀県佐賀市のマンホールです。

1093-01.jpg

ムツゴロウが描かれたデザインマンホールです。

有明海に面した佐賀平野の中心に位置する県庁所在地の佐賀市です。印象が薄い市のように言われますが、九州7県の県都のなかでは人口最小といいますから、いたしかたないのかもしれません。

しかし、佐賀市といえば佐賀藩鍋島氏の居城、佐賀城。私にとっては、決して印象の薄い町ではありません。勇壮な鯱の門や天守台、それから、復元された本丸御殿。日本100名城のひとつになっています。

1093-02.jpg

1093-03.jpg

1093-04.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(47)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1092佐賀県旧三田川町のマンホール [マンホール]

佐賀県旧三田川町のマンホールです。

1092-01.jpg

吉野ヶ里遺跡の近くで撮ってきました。吉野ヶ里町のもの、と思っていましたが、下部に入っている町章は旧三田川町のものです。「ミタ川」を分解し、横三本が「ミ・川」・中央が「タ」を表しているそうで、2006(平成18)年三田川町と東脊振村が対等合併し吉野ヶ里町となりました。

1986(昭和61)年に工場団地予定地から弥生時代の環濠集落遺跡が発見されました。今では国の特別史跡として整備され、有名になりました。

吉野ヶ里遺跡は日本100名城のひとつとして選ばれ、私としてはお城として行ってきました。初めて100名城のリストを見た時は、そんなのありか!と思ったものですが、そんなきっかけがあって訪れることができたのは、よかったなと思っています。

広大な場所に物見櫓、柵、高床住居、竪穴住居、柵、逆茂木、墳丘墓などが復元され、楽しめます。ゆったり時間をとっての訪問がお勧めです。

1092-02.jpg

1092-03.jpg

1092-04.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(49)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行