So-net無料ブログ作成
検索選択

1067中森城(三重県) [城印象記]

津市美杉町太郎生の中森城を紹介します。

1067-01.jpg

国道368号線で向かいます。県境に近いところです。

国道横の丘陵に城はあります。登城口は国道から見て反対側です。城山クラインガルテンが目印になると思います。車は付近の余白地に停めました。

登城口はこちらになります。

1067-02.jpg

愛宕神社のあるところが主郭になります。

1067-03.jpg

国道から少し坂を上ったため、このあたりからの比高は25mほどです。

丘陵の中心に上がりますが、既に城域です。右手にはL字状の大ぶりな土塁が見えます。

1067-04.jpg

この土塁でひと区画区切れています。その先には空堀がありました。次のコ型のような土塁との間という感じです。

1067-05.jpg

この西側(進む右手側)の土塁を歩きました。高さは2~3mほどですが、厚いしっかりした土塁です。西側の山の斜面下には横堀が見られます。

1067-06.jpg

その先の隅の土壇が主郭部です。ぐるっとまわりこんで北東部分から登りました。愛宕神社の参道として斜面になっています。

1067-07.jpg

主郭です。

1067-08.jpg

南端を見降ろしたところです。

1067-09.jpg

大きな落差はありませんが、全体的にしっかりした縄張が見られます。

東側には土塁が見られませんが、破壊されてしまったのかもしれません。東側が愛宕陣社への道となっています。東側から見た土塁もいいですね。

1067-10.jpg

中央を越えて北へ足を進めます。こちらも土塁で区画が仕切られています。

広い曲輪です。

北西方面は一段高くなっているように見えました。

その西側の土塁には石積のような部分もありましたが、たまたまの補強用のものなのかよくわかりません。

1067-11.jpg

そして北の端の平虎口です。

1067-12.jpg

この先がドーンと下っています。

1067-13.jpg

下へ降りて見上げたところです。高低差があり、威圧感があります。

平城の様な縄張が展開していましたが、山城であることを思い知らせてくれました。これは攻め辛いでしょう。

1067-14.jpg

その先も尾根道が続いていました。案内板があるように国津神社の道になっています。

細尾根をいく道ですが、どうかすると城遺構(土塁と曲輪)の様に見えたりして気になりました。しかし、城は山上に広がる土塁に囲まれた部分で充分でしょう。

西側に降りる道があったので、そこで山から離れました。

1067-15.jpg



にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(54)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1066香川県善通寺市のマンホール [マンホール]

香川県善通寺市のマンホールです。

1066-01.jpg

市の花キクが図案化され周囲を飾ります。中心は市章です。「ゼ」の字がモチーフになっています。よくまとまったデザインマンホールですね。

善通寺市は香川県北西部の小さな都市ですが、空海(弘法大師)が生まれ、その父を供養した善通寺があるまちです。平安初期に創建されたお寺には国の重要文化財の金堂や五重塔があります。是非、訪れたいものです。

善通寺市へは天霧城に行きました。

山が採石により大きく削られています。崩落もあるようです。

350mの比高があり、登城は厳しいものでした。城域は荒れて、遺構ははっきりしないところも多かったのですが、充分満足できる登城でした。

1066-02.jpg

1066-03.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(54)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1065稲垣西城(三重県) [城印象記]

津市白山町稲垣字中山の稲垣(いなかけ)西城を紹介します。

1065-01.jpg

前日に紹介した稲垣城の沢を隔てた尾根先にあります。稲垣城を訪ねた道を戻り、再び背後の山から狙います。起伏はほとんどありません。位置詳細データはなかったので、多分ここらだろうと思う尾根先を目指しますが、その平坦さ加減に城なんてあるのだろうか、と思うほどでした。

1065-02.jpg

が、気を持ち直して足を進めていくとありました、堀切が。

やっぱりあるんですね、感動の瞬間です。

1065-03.jpg

この堀切はほんの印のようなものでしたが、その少し先には更に大きな堀切がありました。少し藪ってますが、なかなかのものです。

1065-04.jpg

横から見るとこんな感じ。

1065-05.jpg

その先は土塁です。コ型の土塁のようで、囲まれた曲輪が主郭でしょう。

1065-06.jpg

三重の山城ではおなじみの松亥さんのプレートもあります。

  松亥さんのサイト
  三重の山城巡りへようこそ
  http://www.ma.mctv.ne.jp/~kamt2003/

1065-07.jpg

先まで行きました。2段の曲輪になっているようです。

1065-08.jpg

小さいながらにも、しっかりした人為的な作りを感じられます。ただ意外な感じを受けたのは虎口は山の外側、萬福寺側に向いていました。

1065-09.jpg

といっても、その前面は崖状になっています。どう城へはアクセスしたんでしょうね。

1065-10.jpg

沢側へ降ります。こちらにしても急斜面には変わりありませんが、こちらに大手道があったかもしれません。

1065-11.jpg

稲垣城の背後の弱点を守るために後から出城として築いたのかと考えながら寄ったのですが、虎口の向きや尾根の位置から、そうではなくて、稲垣西城が砦として先に築城されたのではないか、で、手狭だったのであとから稲垣城を築いたのではないか、そんな気がしました。

まあ、そんな気がしたというだけの想像ですが。

沢への下りはかなり厳しかったです。植林された木につかまって降りました。

1065-12.jpg



にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(49)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1064稲垣城(三重県) [城印象記]

津市白山町稲垣字中山の稲垣(いなかけ)城を紹介します。

1064-01.jpg

県道664号で萬福寺を目指します。萬福寺前にはスペースがあり、ここに車を停めさせていただきました。萬福寺から北東に見える山に稲垣城はあります。

比高は25mほどです。道は特にありませんが、この正面から一気に直登をかけても登れるかと思います。

1064-02.jpg

しかし、左に回り込むと道がありました。

1064-03.jpg

山との間が沢になっていて、一旦背後から山にあがり、まわりこむように城がある突端部を目指しました。この順ならゆるやかな道のりです。ただし、道はあるようなないような、そんなレベルです。

もっとも高いところに城はあるかと思っていましたが、平らな地面があるばかりで、城らしくありません。周囲に溝のようなものがあり、ひょっとしたら遺構なのかもしれません。しかし、これは植林に関係する何かなのでしょう。

1064-04.jpg

なだらかな削平地が続き、要害性が感じられません。これでいいのか、と思ってたら、堀と土塁がセットで現れました。一文字にあります。ここから、城域ということでしょう。

1064-05.jpg

しかし、まだなだらかな削平地が続きます。広い区画の奥に土塁と空堀が見えます。更に本格的なものです。少し薮っていますが、この土塁は方形を描いていました。

1064-06.jpg

この空堀と土塁の向こうが主郭なのでしょう。

はっきりと城だとわかった瞬間はやはり感動ものです。見事な方形土塁です。

その一角が土壇になっていて櫓台のようでした。内側にも空堀がセットになっています。ちょっとめずらしい作りです。

1064-07.jpg

登ってきた方の反対に虎口があります。そちらが正面なのでしょう。厚い土塁の間に平虎口です。

1064-08.jpg

その向こうは土橋状になっていました。両脇が空堀です。つまり厚い土塁は空堀とセットになっています。平虎口といっても、なかなかの守りです。ここは見応えありました。

1064-09.jpg

主郭の下も方形土塁に囲まれた曲輪です。

その土塁まで行って先を見ると、堀切があります。

1064-10.jpg

いい感じで遺構が残っています。どうやらその先も曲輪が続くようです。

その先は土塁空堀はわかりませんが、段曲輪にはなっていました。あと3つは数えていいかなと思います。

この斜面を利用して展開していた訳です。

1064-11.jpg

端は崖状になっていますから、なかなかの要害です。

1064-12.jpg

良好に遺構が残り、見応えのある城でした。

虎口の向く正面に対しては、かなりしっかりした居館城だと思われましたが、山の背後からは守りが脆弱なのでは、と気になりました。

享禄2(1529)年、北畠から稲垣の地を与えられた川原田相模守実秀が築城した城です。



にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(58)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1063香川県旧志度町のマンホール [マンホール]

香川県旧志度町のマンホールです。

1063-01.jpg

多和神社秋季大祭の様子が描かれています。神輿と8台の太鼓台が御旅所から神社まで練り歩くそうです。熱気あふれたお祭りでしょうね。

香川県の東部に位置し、2002年、津田町・大川町・寒川町・長尾町と合併しさぬき市になりました。

志度はまた平賀源内の生誕地でもあります。散策していたら、平賀源内記念館があって、知りました。旅は意外な発見があって、楽しいですね。

1063-02.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(46)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1062香川県旧綾歌町のマンホール [マンホール]

香川県旧綾歌町のマンホールです。

1062-01.jpg

高見山、猫山、城山のふもとの町です。山々の前に町の花キクが描かれたデザインマンホールです。

2005年、丸亀市と飯山町と対等合併により丸亀市になりました。

その城山にある西長尾城へ行ってきました。

こんな城です。

1062-02.jpg

城山頂上は削平された吹きっさらしです。

1062-03.jpg

360度ビューの展望が楽しめます。ため池の多い香川の平野が印象的でした。

1062-04.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(54)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1061市町村カウンターも地図ぬりぬりも廃墟だった

「市町村カウンター」にはこんなことをお願いしたいなぁ。

1.データのバックアップと機種変更に対応しての継続使用する方法の確立
2.CSVファイルによるデータのエクスポート
3.マップの簡単なスクショ保存

特に1がないと困ってしまう。2があればより便利に違いない。3は我慢できるができれば欲しい機能だ。

そんなことを考えながら、Playストアにアクセスしてみた。自分はもうアプリがインストールされているので、わかり難いが、どうやら今はアプリのダウンロードが出来ないようだ。アプリ開発は終わってしまったのだろうか。

検索をかけると紹介記事にぶつかる。だから気にしてなかったが、その先につながらないようだ。全部過去の記事ということだろう。

何があったかはわからない。不満は多いけど、すばらしいアプリと思っていただけにイライラして探して回ったがダメだった。こうなった時のネットは、本当によくわからないことだらけ。ちょっと滅入る。

1061-01.jpg

「地図ぬりぬり」を利用して前日の記事は書かさせていただいた。

色指定がちょっと細かすぎて使いづらいが、各県ごとの白地図とか色ぬりした地図を最大2800px*1680pxでダウンロードできる機能などはありがたい。

会員登録して数値入力も試してみた。それが昨日最後の愛知県地図であるが、なかなか面白い機能だ。

と言うか、きっとこんなことができると思っていた。

「市町村カウンター」では行った検出数というデータでその市区町村での移動や滞在時間がポイントで表されている。その数値を、市町村コードを使って地図に取り込み塗り分けることが可能ではないのか。

それができるサイトを見つけたので感動していた、ところだった。

ただ、スマホの市町村カウンターからはデータのエクスポートはできないので、手で数値の打ち込みをした。地図ぬりぬり-数値入力にしても、色指定など都度手動で設定しないといけない。

デジタルでのやりとりなのだから、本来なら、データをエクスポートして、それを調整して(データの橋渡しは、違う方が作られたものだから、やもう得ないだろう)、あとはデータを流し込めばOKなはずで、それが簡単にできたら、いいのになぁと感じて作業していた。

しかし、そんなサイトではあったがどうも使い勝手がおかしい。使える部分もあるが、使えない・動かない部分もある。数値入力で作った地図も、ダウンロードができず、スクショでとった。

『当サイト「地図ぬりぬり」は、新サービス「白地図ぬりぬり」へと移行しました。当サイトは今後もご利用可能ですが、メンテナンスなどは行われませんので、ご了解を何卒お願いいたします。』

こんな案内がある。ここも、既に廃墟だったのだ!

うーん、ものすごく残念。

自分としては要望も多いが、ものすごく使えるサイトと思っていただけに残念だ。こういうニーズが少ないのだろうか。

残念なことながら、新サービス「白地図ぬりぬり」は色々な面でレベルの低下が感じられる。マニアックな感じから一般的な感じになったということかもしれない。何かもの足らない。

商売の都合、ということかもしれない。となると、無料でのサービス充実は望めないことだろう。

地図とGPSを利用した、こういったサービスを期待しているのだが、ありそうでなかなかない(見つからない)。今回、見つかったと思って大はしゃぎしていたのだが、ちょっとぬか喜びだったようだ。

結論は、近い将来に期待しよう、ということか。

誰か、それはいいアイデアだなと言ってアプリを開発してくれないかな。

1061-02.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(57)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1060市町村ぬりつぶし地図

前日に引き続き、市町村カウンターのデータをいじっている。市区町村別のぬりつぶしは面白い。

この一年で市区町村の踏破率が70%を超えたのは6県。

愛知 100%(69/69)
岐阜  92%(39/42)
福井  88%(15/17)
栃木  84%(22/26)
静岡  79%(34/43)
滋賀  73%(14/19)

愛知県踏破には7ヶ月ほどかかった。確か最後の踏破は豊根村だった。愛知県の北東の隅、ここはやはり遠い。

しかし、今データをみると愛知県でもっとも行ったこと(検出数)が少ないのは北名古屋市。市域をかすめはしたが、それっきりということらしい。市域も狭いから。尾張北部は、ほとんど通過だけに終わっている。

新豊根ダムとみどり湖。

1060-01.jpg

2位以下は未踏地があるので、それを白地図でぬって表してみよう。

利用したのはこちら。

体験版 - 地図ぬりぬり
http://edit.freemap.jp/rewriter_trial_version.php?id=select_map.php


◆岐阜92%(39/42)

調べてみるといきなり、飛騨市・下呂市・七宗町・白川町・東白川村が未踏となっていて、どうして39/42となるのかわからず心折れる。となると踏破率は88.1%となり、福井の88.2%に負けて3位後退となる。

ま、気を取り直して地図を作製。

これが手動でなく、自動でボタンでタップひとつであらわしてくれたら言うことないのにな、とちょっとうらめしく思ったりする。

1060-02.jpg

◆福井88%(15/17)

福井のこの成績は、たまたまのものと思う。普段からよく行くわけではない。

残っているのは池田町とあわら市。この池田町であるが、いろいろと考えてみたが、まだ人生で一度も足を踏み入れてない町ではないだろうか。

「発見!ニッポン城めぐり」では池田館を攻略しているが、町域には入ってない。やはり、リアル池田館攻略をしなくてはダメだな、と反省。

1060-03.jpg

◆栃木84%(22/26)

栃木もたまたまの成績だろう。しかし、残りの日光市・大田原市・小山市・野木町を考えると、以前に足を入れたことがあり、実質的には踏破しているんだなぁとしみじみ思い入ってしまった。

それにしても日光市はでかい。

1060-04.jpg

◆静岡79%(34/43)

静岡は静岡市と浜松市が区で分かれているので数が多くなっている。

ここも、実質的な全踏破が確認できるが、しかし、こういったところが塗り残しになるんだ、と見直しているところ。

浜松市南区などは新幹線や東海道線に乗れば、かすめることができる。でも、このところ電車に乗ることが少ないからなあ。

1060-05.jpg

◆滋賀73%(14/19)

かつて似たようなアプリで遊んでいる時があって、その時は一番最初にぬりつぶした県だ。ちょうどその頃は、「近江の山城ベスト50を歩く」を中心に滋賀県の城めぐりを進めていた頃。今はひと息ついてしまったので、直接滋賀県を訪ねる旅行は考えてない。

もちろん、まだまだいいお城はあるし、魅力ある地域には違いない。ぼちぼちと滋賀県の事も考えないとな、とまた熱が再燃するかも。

1060-06.jpg

いつまでも、データいじりはつきない。

最後に愛知県の行ったところ(検出数)を濃淡で表した地図を貼って締めくくろう。

1060-07.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(52)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1059市町村カウンターを1年使ってみた

スマホで市町村カウンターを使っている。導入のいきさつはこちら。

 0706市町村カウンター
 http://mikawanokami.blog.so-net.ne.jp/2016-03-17

そしてその後の経緯を書いたのはこちら。

 0783市町村カウンター2
 http://mikawanokami.blog.so-net.ne.jp/2016-06-02

あれから、しっかりはまっている。と言っても普段は全く気にしてない。気にしてないというか、スマホ使用にもほとんど負荷がかかってないのに、いつのまにかしっかり記録していているという、優れもののアプリだなと思う。

(まあ、シンプルな仕様は素晴らしいというか、何と言うか。機能は少ない。1ヶ月に1回スクショを撮っているのだが、それは手動。画面に出ているデータがCSVファイルあたりでアウトプットしてくれると嬉しいのだが、そんな機能もないし、バックアップの機能もない。スマホの機種変更があれば、このデータは消えてゆくばかりかと、そこが痛い。)

そんな市町村カウンターのマップを1ヶ月毎に撮りためた。

並べてみると楽しい。全国各地へ足を延ばした時の流れを感じる。

愛知県が黄色(100%踏破)になったのは9月末、7ヶ月後のこと。今のところ黄色は愛知県のみ。

空白地が13道県あり、北海道・山形・新潟富山・石川・和歌山・徳島・佐賀・長崎・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄

あれ和歌山に行ったのにと思ったら、昨年の1月だった。開始前だ。

新潟・富山・石川あたりが空白なのは、雪とクマを恐れたためか。

こりゃあ、九州に行かないといけないな、、、そんなことを思うのであった。

《3月末》

1059-01.jpg

《4月末》

1059-02.jpg

《5月末》

1059-03.jpg

《6月末》

1059-04.jpg

《7月末》

1059-05.jpg

《8月末》

1059-06.jpg

《9月末》

1059-07.jpg

《10月末》

1059-08.jpg

《11月末》

1059-09.jpg

《12月末》

1059-10.jpg

《1月末》

1059-11.jpg

《2月末》

1059-12.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(55)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1058榊原温泉湯の瀬 [湯めぐり]

「湯はななくりの湯、有馬の湯、玉造の湯」と枕草子117段にある日本三名湯のひとつななくりの湯、榊原温泉。入ってきました。

1058-01.jpg

訪れたのは日帰り温泉湯の瀬。

1058-02.jpg

まあ、お値打ちな価格じゃないだろうか。施設はやや古いものの、そんなに気になるレベルのものではない。明るくて、印象はよかった。

1058-03.jpg

大きめな浴槽の他、寝湯、歩行浴、泡風呂サウナ、水風呂など、ひと通りそろっている。露天風呂もある。

湯は、やや濁りがあって、ぬるっとしていた。アルカリ単純泉ということだった。

それにしても、湯は温泉らしい湯だった。

のんびりと浸かってきたので、よく温まった。

1058-04.jpg

外には足湯もあったが、17時終了になっている。ちょっとこちらには寄り難い。

が、温泉はよかった。また、寄りたいものだ。

1058-05.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(56)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行