So-net無料ブログ作成
検索選択

1189地黄城(大阪府) [城印象記]

大阪府豊能郡能勢町地黄の地黄城(地黄陣屋)を紹介します。

より大きな地図蔓草マップ を表示

今は廃校になってしまいましたが、能勢町立東中学の場所が地黄城です。

校門が城の虎口で、石垣が見事です。

1189-01.jpg

案内板も、碑もあります。

1189-02.jpg

   地黄城址(地黄御陣屋・丸山新城)

     旗本 能勢氏の居城
     築城 慶長7年(1602)-元和元年(1615)
 
 ここ東郷地域は城門遺跡や古墳群がみられ、さらに律令下では朝廷の典薬寮園となり、古くから政治文化のさかえた土地柄である。
 平安後期、多田満仲の一族が能勢に入部して土豪化し、のち国基になって能勢郡を領有、はじめて能勢氏を名乗り、西方の丸山城を本拠地とした。
 戦国争乱は能勢氏にもおよび、天正10年(1582)本能寺の変には明智方に加担、そのため秀吉配下の河原長右衛門宣勝らの乱入をうけて、丸山城をはじめ城下は焼野原となった。
 城主頼次は能勢を離散、以後領主は高山右近をはじめ、数代を経て天正16年(1588)島津氏の管掌するところとなった。
 能勢氏中興の祖といわれた能勢頼次は、関が原の合戦には東軍に組みし、軍功により旧領・預地をあわせ1万石余が宛がわれた。
 頼次は領内の野間社(布留の宮)の再建を手はじめ、ついで新らしく「地黄城」と、城下町の構築に着手した[慶長7年(1602)]。
 普請奉行山田彦右衛門の縄張りにより、東西75メートル・南北110メートル・面積8200平方メートル、さらに大手・搦手・裏には堀をめぐらし、四方には石垣を高く築き高塀が設けられた。
 城内には御殿・官宅をはじめ拾数屋舎が配され、北隅には三層の楼閣がきわ立った。普請完成は元和元年(1615)とされている。
 近世初頭の陣屋城として偉容をを輝かせたが、星はうつりて明治2年(1869)藩籍奉還となるや、旗本能勢氏(4千8石)も累代祖霊の見守る中終焉をつげたのである。

○慶長7年(1602)-元和元年(1615)、丸山城から現在地に新城として築城。
○北側の石垣は「印内積み」といわれ、河原長右衛門宣勝の領民が宣勝助命の恩義のために築く。
○明治2年(1869)12月2日、上地、以後会議所として使用。
○明治8年(1875)第2番小学校(地黄小学校)開設。
○明治12年(1879)-明治14年(1881)能勢郡役所。
○昭和34年(1959)能勢町立東中学校。

清和源氏 頼光流

能勢

国基-国能-保頼-頼綱-頼仲-長頼-頼任-頼連-頼澄-
頼時-之頼-元頼-頼勝-頼明-頼幸-頼次-以下十代を経て明治維新となる。
(寛政重修諸家譜)

   平成6年3月 能勢町教育委員会

------------------------------------------------------------

今はここを車で抜けて内部に駐車することができます。

桝形を振り返ったところです。

1189-03.jpg

というのも、かつての校庭はただの原っぱになっていました。

1189-04.jpg

その風景に驚かされました。以前訪れたのはもう10年以上前です。確か体育館があって、学校の設備がまだ何かあったような気がするのですが・・・。

校庭の隅には大きな城址碑があります。

1189-05.jpg

この城址碑の右奥の石垣もなかなかいい感じです。四周を石垣が囲ったという片鱗をうかがえます。

1189-06.jpg

まだ上の段には廃校になった校舎が残っているのですが、気分は何にもない何にもない、でした。

1189-07.jpg

かつては、学校ということで気を使って見学したことでしょうが、何もなくなってよかったのでしょうか。

周囲を歩きながら、考えさせられたのでした。

1189-08.jpg
nice!(51)  コメント(0) 

1188岡崎豪雨2008年8月

先日の九州北部の豪雨はすさまじいものでした。被害に遭われた方々へは、お見舞い申し上げます。

懐かしくmixi日記を拾い読みしていたら岡崎豪雨の記事がありました。

ここに再掲して、天災は忘れたころにやってくる、まさかということが起こるのが災害だ、ということを再確認したいと思います。

------------------------------------------------------------

mixi日記はマイミクに向けて書かれたものですので、その点ご了承ください。

日記中のリンクは当時の記事にリンクされていますが今はつながりません。内容はウィキペディアの記事などを参考してください。

平成20年8月末豪雨

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%88%9020%E5%B9%B48%E6%9C%88%E6%9C%AB%E8%B1%AA%E9%9B%A8

------------------------------------------------------------

2008 ・08 ・31 (日)

岡崎豪雨


29日深夜、岡崎はものすごい雨でした。

まず最初に書いておきますが、我が家は大したことはなく、僕も元気ですので、ご心配はありません。……でも、すごい雨でした。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2008082990134812.html

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidentscrime/disaster/2512324/3274137

29日深夜に降った雨は、一時間で146ミリを記録し、14万世帯に避難勧告が出るという豪雨でした。観測史上7番目というものすごい量。

深夜2時頃、猛烈な雨音と雷で目を覚ましました。すると雷で目を覚ました娘がペットに入ってきて、こわいぃ寝れん~。ものすごい雷でこりやあ怖いよなあと思ったのですが、それより尋常ならざる雨音にびっくり。とても窓を開けて確認できるような状況ではなく、起きて別の部屋からベランダ越しに見たときは、向かいの道路は海のようでした。

それでも、結局は寝てしまったのですが……。(^^ゞ

起きてびっくり。ちょっと様子が変だよ、とうちのに言われ5時半、外を見ると向かいの方々は何やら作業をしています。家の前の道は、いわばかまぼこ型になっていて両脇に排水されるようになっています。同じ町内ですが、向かい側は床上・床下に浸水したそうです。

我が家も、1階部分に水が染みこんでいました。駐車場の奥まで水が入ったようで、下が濡れてます。置いてあったダンポールが水でふやけてました。たいしたものはないので被害というほどのものはないのですが、びっくりです。いろいろ被害にあわれている人からみればわずかなことですが、この事実にびっくり。今までここに生まれ住んでこんな状態を見たのは初めてです。比較的安全な地域だと思い、安心しきっていただけにとても驚きました。まさに記録的な豪雨だったんですねぇ。

29(金)。実はこの日オフ会がある(^^;ということで電車で出勤しようとしたのですが名鉄もJRもストップ。駅にいって気づくという平和ポケぶりで焦りました。刈谷まで通うのに2時間。自分の通った道は何もなかったのですが、電車が止まったためかものすごい交通量でした。

あとから聞いたことですが、同じ町内で浸水した家もあり、被害は様々です。一見同じように見える通りの家々も、向かい側とこちら側ではちょっと高さが違ったりするんですね。床上までいってしまったところは悲惨です。向かいの人たちは徹夜だったそうで、夜中、消防車が来ての排水作業などをしてたそうです。道路は一部冠水し車が通り抜けれない状態だったそうです。

ここでそんなことがあるなんて、と近所では話しています。2000年9月の東海豪雨もすごかったけど、それ以上ですね。岡崎の各地でもところどころすごい被害がでているところがあります。けど、総じて言えば、2000年9月東海豪雨の時の方がすごかった、あの時の矢作川の増水量の方がすごかった、と思います。

けど、一気にきた今回の豪雨は、局地的にはものすごい増水を生みました。うちに水が入ったなんて、驚きです。まさかのことが起こるのが天災なんですね。

29(金)、職場にいったらのんびりした様子。雷がうるさくて寝れんかったと言う女子社員のおしゃべり、電車通勤で遅れた人はいましたが、雨で来れんなんて冗談いうなよとか……。

学区では、水に流され行方不明の方が出ました。あのあたりは低地だから危ない、とは思ってましたが……。消防団の方は、昨日も作業に明け暮れたそうです。(実は僕もかつては消防団にいたんですが。(^^ゞ)

水死した人も出ました。1階で寝ていて、そのままです。水は天上まであがったらしく跡が残っていたとか。あっという間のことだったんでしょう。

車が水に浸かってダメになってしまったという話はいっぱい聞きました。

道路の自動販売機は壊れてしまったようですね。(うちのも……(^^;)

そうそう、びっくりしたことに自宅前の街路樹のあるところで、地面陥没してます。50cmほど。

まさか、まさかの豪雨でした。

------------------------------------------------------------

水死者が2名出た豪雨でしたが、2日後には「岡崎城東曲輪南側傾斜面発掘現地説明会」をしていたのですね。今、日記で振り返ると、ちょっと驚きでした。

1188-01.jpg
nice!(52)  コメント(0) 

1187マンホール画像のコレクション [マンホール]

実は、先日の「1179宮城県丸森町金山地区のマンホール」でマンホール画像のストックが尽きました。「0011奈良県宇陀市のマンホール」でこのブログに取り上げて以来、なぜ?、と思うくらい人気コーナーになってしまいました。

最初にも書いたように「箸休めに、ぽちぽちとアップしていこう」というスタンスでやってきました。ブログもこんなに続けれたのも、とりあえずマンホール記事、困ったときのマンホール記事、そんな逃げ場があったので、続けられたのだと思っています。

そんなマンホール記事だったのにご愛顧いただき恐縮です。でも、そのアクセス数にずいぶん励まされました。

1187-01.jpg

こちらが初めて撮ったマンホール画像です。当時、mixiをやっていまして、マイミクさんの影響を受けて、ちょっと撮ってみた、というところです。

mixi日記2008・09・02(火)に「岡崎城あたりでマンホール」として掲載されてました。

でも、本格的にマンホール画像を撮り始めたのは、2011年からです。2011年の正月の日記にマンホラー宣言をしました。

その時以来、マンホールホルダーを作ってPCに画像整理しています。

2009年に倭城見学で韓国に行った時のものも画像整理した時にコレクションしたものです。

1187-02.jpg

当時のmixi日記2011・02・20(日)「集めよう!マンホール画像」でも嘆いていますが、意外なくらいマンホール画像は少なく、海外のものはこれ1枚です。これまで、訪問した都道府県でも未取得のところが6ヶ所あります。そのうち、高知・徳島・岩手・鹿児島などは近年訪れているのに、なぜ撮らなかったのでしょうか。まあ、ついでにマンホールというスタンスですし、気長にやっていこうと思います。

ちなみにあと未取得なのは宮崎沖縄です。

北海道の1枚は釧路で名古屋下水道博物館で撮ったものです。コレクションとしては、貴重な1枚ですが、どう扱うか、旅のついでにというスタンスとしては戸惑います。

1187-03.jpg

一番新しい能勢のマンホールまでで610枚になりました。

当初の目標である全市町村のマンホールを目指し、これからも頑張っていきましょう。(ただ愛知県豊根村のようにデザインマンホールが見当たらないところもありそうですが。)

新たにゲットすればマンホール記事は続けていきますが、しかし、困りました、箸休めがなくなってしまいました。ブログ継続が、苦しくなるかな。

(未掲載の京都府亀岡市のマンホールです。)

1187-04.jpg
nice!(52)  コメント(0) 

1186杉原城(大阪府) [城印象記]

大阪府豊能郡能勢町杉原の杉原城を紹介します。

より大きな地図蔓草マップ を表示

京都大阪の境になります。府道732号線の南側の一段高くなったあたりに仏称寺が見えます。ここの境内に車を停めさせていただきました。

1186-01.jpg

ちょっとした工事をされていて声をかけると、どうぞ、とのことでした。車は2,3台停めれそうです。またここは杉原小学校の跡地でもあります。

1186-02.jpg

城の案内板がありました。

1186-03.jpg

   杉原城址(すぎはらじょうし)

 ここ杉原地区は、能勢町の東の端に位置し、往古より「摂丹」つまり「摂津」と「丹波」の国境にあって、軍事上の要衝の地とされてきた。
 「・・・能勢郡吉野村へ越ス峠マデハ、掘越峠ヨリ山尾ニテ吉野村東山尾ヨリ桑田郡加舎村定杭へ見通ス国境ニ有之候事。慶長7年壬寅3月」
と当時の国境について、「犬甘野村由緒書」に見える。
 また、杉原村を通過する北西への街道は、国境に添って歌垣山の東山麓を通り吉野へ出て、そこから摂津路へ、丹波路へとするのが本街道であった。戦国乱世において、このような土地に城が築かれるのは当然なことである。
 ここ杉原城址は村の中央の高台にあって、鎮守の森として八幡社が祀られているが、その一帯が、まぎれもなく戦国時代の山城の跡である。天保年間の村の古地図に、小字名として「城山」の名をとどめているし、遺構としても顕著に残っている。
 八幡社へほぼ登りつめたところに、屈曲した「虎口」(入口)が見られ、そこを過ぎると、広い「郭」跡に出る。こうした郭跡は、西から押し出した尾根上に6ヶ所残っている。城址の最も高い所には、2ヶ所の「堀切り」と「土塁」が築かれ、さらに「竪堀」の施設があるなど、重要な防御点を示唆している。いうまでもなく、尾根続きの敵兵を遮断するためのものである。「本郭」の両袖には、「武者出し」か「武者かくし」を思わせる遺構もあり、あちこちに残る虎口には、「桝形」を思わせる複雑なものも見られる。
 もともと杉原村は、慶長7年(1602)ごろまでは、丹波国桑田郡犬甘野村(現亀岡市西別院町犬甘野)であった。犬甘野といえば、口丹波に台頭した長沢一族の本拠地であり、杉原城は、その境目城、あるいは砦ではなかったかと思われるが、高橋成計氏は、丹波の数掛城(現亀岡市本梅町)の出城として、吉野城(現能勢町吉野)・杉原城が築かれたという説である。
 築城は、天文~永禄期(1532-1570)の頃と想定されるが、いずれにしても、杉原城は町内の山城の中でも中規模の城郭に入り、遺構としては、氏神の鎮座もあって当初の姿がよく残っている。

   平成12年3月  能勢町教育委員会

------------------------------------------------------------

縄張図付です。

1186-04.jpg

ここからお城まで距離があるようにも思われましたが、尾根先にあるお城の直下というような位置になります。

お城へは、お寺を出てすぐの道を右に曲がり、坂を上がります。

1186-05.jpg

坂を登ったあたりに登城道があります。正面の石段です。

八幡社があるため、道が整備されているのです。

1186-06.jpg

山道を進むと虎口にあたります。登り道が折れ曲がり、土塁で桝形が形成されています。これは見事な遺構で、案内板で写真入りで説明がある通りです。

1186-07.jpg

広い郭に出ました。

1186-08.jpg

ひとつ上の郭には八幡社が祀られています。広い郭とその郭、そしてその上の本郭。それらの切岸が際立っています。

1186-09.jpg

本郭です。細長い削平地になっています。尾根先の地形を利用しているのがよくわかります。

途中(全体の奥1/3あたり)が少し高くなっていて、郭として使い分けをしていたのでしょう。最奥は土塁になっています。

1186-10.jpg

本郭の袖を除くと帯郭が見えます。武者かくしと説明される遺構です。

1186-11.jpg

見所かと期待してきた本郭背後の堀切は意外と小さいものでした。

1186-12.jpg

しかし、堀切は確かなものであり、竪堀となって落ちています。こうして、その後ろから、堀切や土塁越しに本郭を眺めても、ああ、山城だなと感じる景色であります。

1186-13.jpg

コンパクトにまとまったお城で、遺構がよく観察できます。山城って、こういうものとお話しするには、いいお城です。簡単に、こんな夏場でも見学できるので、ちょい寄りにもお勧めですね。

最後はお城の全景を狙ったものです。山を収めるのだから、もっと引いた位置でないとダメでしょうか。

尾根先にある山城です。

1186-14.jpg
nice!(53)  コメント(0) 

1185余野本城(大阪府) [城印象記]

大阪府豊能郡豊能町余野の余野本城を紹介します。

より大きな地図蔓草マップ を表示

国道423号線切畑口交差点を南に曲がります。目指すは、ここから北西4~500mの丘陵のピークです。付近は道は細く駐車できる場所はほとんどありません。駐車には苦労しました。

少し遠くに停めて歩きました。余野本城が見えます。手前が東出丸で、奥が主郭になります。

1185-01.jpg

東西尾根の南側に着きます。資材置場があり、そのあたりから登れるという紹介もありましたが、それらしいものが見つかりません。とにかく、あの尾根だと決めて山にもぐりこみました。

山すそに田んぼがあるのですが、実は害獣駆除のネットがあってそれを避けて回り込むのに苦労してしまいました。比高はわずかですが、その点では攻略は大変です。ご迷惑をかけないよう、配慮して山に入って下さい。

1185-02.jpg

まずは端っこからです。東の尾根先のピークを東出丸としましたが、全くの自然地形で、城遺構は感じられません。

1185-03.jpg

その東出丸から主郭へ向かう方向へ下ってきたところに、堀切っぽい竪堀があります。

1185-04.jpg

そして尾根を登るように主郭に近づきます。

主郭に近づくと俄然お城の遺構を感じ始めます。まずは一番高い所へと足を運びます。気が付くと、そこは切岸に囲まれた櫓台でした。

1185-05.jpg

段差としてはわずかですが、その周囲に広がるのが主郭になります。

なにか仕切りを意図したかのような起伏もありますが、この削平地はひとつの曲輪なのでしょう。広い主郭です。

1185-06.jpg

主郭を歩いて、櫓台から一番遠くまで来ました。周囲はうっすらと土塁がみられます。高さは失われてしまったのかもしれません。が幅はありそうです。

この櫓台から遠い所の土塁には、石も多く見られました。石での補強があったのかもしれません。

1185-07.jpg

周囲には、上からは帯郭が巡っているように見えました。

1185-08.jpg

が、確認に降りてみると、横堀がめぐっているというところでしょうか。

1185-09.jpg

周囲は、見所ある遺構が見られます。横堀の要所要所に竪堀があります。なかでも、櫓台から見て櫓台直下の東の方向にある竪堀は、長そうです。よく掘られています。

1185-10.jpg

また西側には畝状竪堀が見られます。

わかりにくいでしょうか。現場では大いに感動していました。

1185-11.jpg

主郭から、北西方面に降りる道がついていて、登城道になるのでしょうか。

その道を進んだところに井戸があります。これまた、明確な遺構です。

1185-12.jpg

振返って見た景色です。井戸の向こうは土橋になっています。上のラインが主郭になります。

1185-13.jpg

その先はいうとこんな様子です。削平された曲輪のような、自然地形のような、微妙な感じが続きます。

1185-14.jpg

しかし、空堀といっていいのではという明確な部分もあり、迷います。

とりあえず、ここが端っこの堀切になるようです。

1185-15.jpg

主郭とその周辺の遺構は見事で、大きな単郭の発展した山城といっていいのでしょう。周辺への広がりは、城の拡張を意図していたのでしょうか。

そのあたりはゆっくり考えてみたいところです。

1185-16.jpg
nice!(58)  コメント(0) 

1184弁天の里のたまごかけごはん [グルメ]

京都府亀岡市西別院神地御手洗にある弁天の里を訪れた。

より大きな地図蔓草マップ を表示

大阪と京都の境になる。住所を調べて意外な感じを受けたが、京都府側の亀岡市域になる。国道423号線沿いだ。

1184-01.jpg

ここは、たまごかけごはんで有名なお店らしい。たまごかけごはんがメニーとして出てくるのか、とちょっと驚きでもある。

1184-02.jpg

人気店らしく人は混んでいたが、たまたま団体さんが出た後で、店内の写真が撮れた。席数を見ると30人近くは入れそうである。

1184-03.jpg

よく人が入っているが、なにせメニューは一品ものが少々あるというもののたまごかけごはん定食だけで、回転は早い。

初めての店でとまどっているまに、定食を手渡された感じだ。450円。

たまごかけ放題らしいが、たまご5ヶもかよ、とドキマギしながら着席する。

1184-04.jpg

まずはたまご3ヶ割って、かけてみる。

1184-05.jpg

たまごかけごはんは好きであるが、こんなに豪勢にたまごをかけたことがない。たまごの黄色も濃くて、美味しそうだ。

期待を裏切らない味で、一気にかきこんでしまう。

結局、あと2ヶも投入してしまった。丼はもうたまごの海になってしまった。

1184-06.jpg

なんだかんだ言いながらも、5ヶたまごを平らげてしまった。ゆで玉子と違って、生玉子はけっこういけるものだ、と我ながら感心してしまった。

ちなみに壁には「究極の卵かけご飯の作り方」が掲示してあった。全然そんなふうには味あわなかったが、今度家で試してみよう。

まあ、そんなことをしなくても美味しいたまごは美味しいし、そんなたまごを惜しみもなく使っていただくたまごかけごはんは、シンプルでありながら、ごちそうだなと思った。

1184-07.jpg
nice!(52)  コメント(0) 

1183ポケコインは1日50ポケコインまで

ジム仕様が大きく変わった。今までの最高10ポケモンまで配置出来たものが6ポケモンまでになった。また味方チームのジムの場合、6ポケモンの満員状態になっていなければ無条件でジムに入れるようになった。

ポケコインは占拠しているジム数ではなくて、ジムを占拠していた時間に応じて自動的にもらえるようになった。

今日も今日とてポケコイン獲得に燃えて、ジム攻略へと向かう。

ジムの数が増えた。だから、味方チームのまだ空きのあるジムが見つかりそうなものだけれど、なかなかない。相変わらずのポケモンGO人気である。

ちょっと弱そうなジムをみつけてはアタックする。

今まではひと通り倒せば攻略だった。けど、これからはそうではない。倒せば少しづつCPが減って、3回くらい倒さないといけない。

味方であれば無条件でジムに加われることから、6ポケモン埋まっているジムがほとんどで、結局はジム攻略にはそれなりの時間がかかる。

これがけっこうやっかいだ。時間がかかると途中でネットワークエラーなんてことが起こる。どうやら、これはバトル中に、他の人がアクセスした時に起こるようだ。こちらが休憩をはさんだりすると、相手のCPが復活したり、減ったポケモン数がまた増えたりする。

ひとりでバトルしているつもりでも、けっこう周囲に人がいて、バトル中にちょかいされるわけで、これがうっとおしい。

度重なるエラーやハングアップの状態を切り抜けてジムを攻略しても、こんな状態だと自分ひとりしかポケモンを配置できない状態では、ほぼ瞬殺されてしまう。

10分キープすると1ポケコインもらえる。せめて10分と思うが、難しい。

一方、運よく味方チームの席がが空いていることも、まれにはある。自分が6番目に滑り込んだりするとラーキーだ。

こんな場合は、元気な6ポケモンがそろうことになり、防衛時間が伸びる。

500分=8時間20分で1日上限の50ポケコインがもらえる。なかなか、ジム攻略がホケコインに繋がらないと嘆いているが、取れる時は50ポケコインも楽勝だ。

ただ、これがなんというか、ポケモンが帰還した時にポケコインに換算してくれる。しかも、1日上限50ポケコインなのだ。

50ポケコイン獲得してしまった日には、もう帰還してほしくない。せっかくここまで粘ったのだから、せめて深夜12時を越えてからにして、と願ってもムダなことだろう。

すでに50ポケコインゲット。でも、こいつが帰りたがっているようだ。元気なうちに撮ったスクリーンショット、ラーキーなやつだったのに。今は帰ってくるな。頑張れ

1183-01.jpg
nice!(54)  コメント(0) 

1182大阪府能勢町のマンホール [マンホール]

大阪府能勢町のマンホールです。

1182-01.jpg

茅葺屋根の古民家と長谷の棚田が描かれています。わかりにくくなってしまいましたが上部にあるのは栗の実です。

能勢は栗の産地で、人気品種「栗寄」の発祥の地だそうです。

それに気が付いていれば、栗の木でも撮ってきたのになあ。後の祭りです。

大阪最北の地という能勢は山がちで、どこか涼しげな町でした。ここも大阪府なのという気がします。私的に言えば、兵庫県っぽさを思うのですが、どうなんでしょう。

地黄城を訪れました。

ここは食違虎口が見られる大手門をはじめとして石垣がよく残っています。元能勢東中学だった場所でもあるのですが、移転してしまって、かつて見た風景とは一変していました。

1182-02.jpg

1182-03.jpg
nice!(47)  コメント(0) 

1181大阪府豊能町のマンホール [マンホール]

大阪府豊能町のマンホールです。

1181-01.jpg

町の花タンポポが描かれています。町章と「とよの」「おすい」とあります。豊能は「とよの」と読むのですね。

町章は四つのカタカナの「ト」とひらがなの「の」を組合わせています。

大阪北部の町で京都・兵庫も近く、端っこまで来たのがわかります。

山も多いです。

こちらは城山高校のあった丘です。既に廃校になってしまってますが、かつて余野城があったところです。

1181-02.jpg

そして、その近くには余野本城もあります。

高地なのか幾分涼しい空気が流れ、田んぼにはカエルが飛び跳ねていました。

1181-03.jpg
nice!(57)  コメント(0) 

1180こんな朝だけど

年をとる。この日が来たから、ひとつ多く年を数えるようになるわけだが、日々年をとっていく、老化していく、そう感じる。

朝起きたら、身体が痛い、そんなことが多い。

若い頃に腰を痛めた。激痛に見舞われたことも何度か経験した。けど、近頃は激痛を感じることは少ない。地味に痛い、すっきり腰がのびない。

脚もよくつる。けど、それほど激痛にもならず、地味に痛い。

筋肉痛も、遅れて出てくるので、今のこの痛みがいつのものなのかわからないような不思議な痛みで、ぼんやりと痛い、しびれる。

朝は身体がかたく、ほぐれてきたと思ったら眠気に襲われる昼間で、夜になるともうくたくた、横になりたくなってしまう。

年をとったなと思ってしまう。けど、いいなと思うことは、身体が痛いけど、激痛に襲われて今日はダメ、暫くはダメ、なんてことはない。少しづつ身体を動かしていると、ちょっとはよくなるのである。

少しづつならなんとかなる。痛いということ、辛いということが、苦にならない。そう思えば、ありがたいと言えばありがたい。

パワー全開が出来ないけど、ぼちぼちなら大丈夫。まあ、やりたいことはしぶとく楽しむしかないか。

またひとつ、年をとる。しぶとく、前を向き続けたい。

1180-01.jpg
nice!(55)  コメント(0)