So-net無料ブログ作成
検索選択
移築城門 ブログトップ

1008相方城城門-素戔嗚神社 [移築城門]

福山市新市町戸手にある素戔嗚神社に相方城の城門が移築されています。場所はこちらになります。移築城門(東側)にマッピングしました。なお、相方城は地図左下の城山にある中世山城です。石垣が残っています。



備後一宮の素戔嗚神社です。その北側の門が移築門です。その内側に説明板がありました。

1008-01.jpg

  相方城城門

 当神社境内には、相方城の城門二棟と櫓一棟が伝えられている。櫓は、1970年代に火災により焼失した。城門二棟のうち、比較的保存状況の良い、東側の門について解説する。城門に関する史料がないので、建築年代の確定はできないが、建築様式と部材の風化状態から16世紀末から17世紀初と推定される。城門の形式は、三間一戸の切妻造の薬医門で、装飾の少ない簡素な意匠になる。鏡柱本柱は、城門に定型の五平柱であり、柱上に冠木を渡す。後方の控柱は角柱とし、二股の貫で本柱と繋ぐ。この城門は、高麗門が普及する以前の薬医門であることから、現存する関ヶ原の戦い(1600年)以前の城門は、当地の二門と島根県益田市にあるのみで、貴重である。

  新市町教育委員会/新町商工会青年部

------------------------------------------------------------

門は南を背にしている訳で、お昼過ぎに訪れた自分は写真撮りには苦労してしまいました。何とか見れるでしょうか。

1008-02.jpg

質実剛健を感じさせる城門です。素朴な木組みですね。

1008-03.jpg

内側からはこのようになっています。

1008-04.jpg

もうひとつ移築門があります。この門と同じ並び、北側の西にあります。

こちらの門も立派です。

1008-05.jpg

櫓門のようです。ただ説明に言及されてないところを見ると、修築部分が多いのでしょうか。上層の部分は木が少し新しいような気がしました。

1008-06.jpg

内側から見たところです。

1008-07.jpg

しかし、何はともあれいい門だなと私は思いました。

1008-08.jpg


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(44)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1007新高山城大手門-宗光寺山門 [移築城門]

小早川隆景の築いた新高山城の大手門が宗光寺山門に移築されています。宗光寺は三原城・三原駅に近い三原市本町にあります。



新高山城・高山城の見学に時間をとられ過ぎてしまって、日没近い到着になってしまいました。

1007-01.jpg

それでも何とか見学できたのも西国で日没が遅いお陰でしょうか。助かりました。しかし、それにしても立派な門です。

1007-02.jpg

重要文化財 宗光寺山門 一棟

  四脚門 切妻造 本瓦葺
  昭和28年11月14日指定

 宗光寺山門は、四脚門(四足門)としては全国的に見ても最大級の規模を誇る。
 梁組などに桃山風な重厚さを見せ、蟇股の彫刻も多彩かつ豪華である。
 小早川隆景が築いた新高山城から移築したとされるが、規模・細部意匠などから、福島氏が現在地に新築した可能性が高い。

  三原市教育委員会

------------------------------------------------------------

全面の意匠はこんな具合です。

1007-03.jpg

そして門扉。

1007-04.jpg

元の新高山城の大手門跡というと、こんな様子です。

1007-05.jpg

大きさが違います。解体して組み直すにしても、無理があると私も思いました。

ただ昔から移築と言われるのは、宗光寺はもとは匡真寺と言い、新高山城に建立されていたのを三原に移したことや、福島氏が当地に所縁ある小早川隆景にあやかりたかったのかな、新高山城から柱の1本くらい持ってきたのでは、と考えたりしました。無責任な空想ですが。

それにしても桁行20尺(約6m)あり、二条城・大徳寺につぐ規模の門になるのだとか。重文でもあります。しっかり観賞してきました。

こちらは裏から見た門です。日没です。

1007-06.jpg


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(47)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

0984深沢城大手門-大雲院山門 [移築城門]

御殿場市深沢にある深沢城の大手門が近くの大雲院に移築されています。



道路に面した所に小さな山門がありますが、それが移築門です。

0984-01.jpg

そこには木札がかかっており、こう記されています。

0984-02.jpg

往昔深澤城の大手門を移築したもので、大正十二年九月一日関東大震災に倒潰、昭和二十五年三月復原再建した。

------------------------------------------------------------

一度は倒潰してしまったのですね。こうして今に残されているのは、ありがたい限りです。

0984-03.jpg

こうして横から見ると、下の柱が古くて、屋根が新しく感じます。古い資材を組み直して、屋根を補強し、復原させたのでしょう。

0984-04.jpg

後ろからの方が、全体が把握しやすいでしょうか。小ぶりながら、風格を感じる木組みです。大手門らしい佇まいです。

0984-05.jpg

新しい「大雲院」の扁額が粋に感じました。

いいですね。

0984-06.jpg


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(64)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

0969越前大野城二之丸正門-光明寺山門 [移築城門]

越前大野城で鳩門と呼ばれている二之丸正門が、市内犬山の光明寺山門として残っています。

光明寺の場所はこちらです。県道沿いで、門に向かって左側にお寺の駐車場があります。



文政11年(1828)に再建された二層櫓門でした。が、今は二層部分は焼けて、再建されたものです。花頭窓などがあしらわれ上層部は山門らしいものになっていますが、もとは大手口に構えられた立派な城門でした。

0969-01.jpg

雨が写りこんでいるのが少し残念です。

しかし、このしっかりした一階部分の柱など、城門の威厳を感じます。

0969-02.jpg

門扉なども、いい風合を出しています。

0969-03.jpg

裏から見た鳩門です。

0969-04.jpg

もう承知されていることでしょうが、光明寺さんは火災に遭われたようで、本堂は残念な様子でした。それでも、移築門が残り、力強くお寺が営まれていることはありがたいと思いました。

0969-05.jpg


人気ブログランキングへ
nice!(61)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

0968越前大野城不明門-真乗寺山門 [移築城門]

近世城郭でありました越前大野城。天守は史実とは少し違う復興天守ですが、一部現存建物がありまして、移築されています。そのひとつ、不明(あかず)門が、市内中丁の真乗寺にあります。

場所はこちらです。



山里の集落にある静かなお寺です。そこに、ぽつんとした感じで移築門はありました。小ぶりな門です。

0968-01.jpg

市指定文化財の標柱がありました。

門には大きな提灯が掛けられています。「奥赤藩門」「赤門」と前後に書かれています。知識がないのですが、赤門=あかもん=あかないもん=あかずのもん=不明門、ということでしょうか。そして、城内の奥にある、ということでしょうか。

ともあれ、この提灯は後世の飾りで付けたもの、でしょう。

0968-02.jpg

修繕もされたのでしょう。保存状態がいいですね。

小ぶりで、その割に切妻瓦葺の屋根が大きく感じられます。

裏から見た不明門です。

0968-03.jpg

横からの不明門です。懸魚に大野藩主土井家の家紋「丸之内水車紋」がみられます。

0968-04.jpg

門前に車は停めれますが、集落の路地は狭いので気をつけてください。近くの広い道路から歩いても直ぐです。

山霧が漂う静かな朝でした。

0968-05.jpg


人気ブログランキングへ
nice!(63)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

0885大垣城城門-牧村家住宅 [移築城門]

大垣城の移築門めぐりをしてきました。大垣城は大垣空襲(1945/7/29)で焼かれるまで天守が残っていたくらいですから、城門遺構も数多く残っている城でしょう。先日、そのことを思い出し、何ヶ所かまわってきました。そのひとつ大野町の牧村家住宅に移築された城門を紹介します。

場所はこちらです。



岐阜県揖斐郡大野町大字西方になります。牧村家住宅は国の重要文化財となっていますので、場所はすぐ探せると思います。ただこちらは、個人所有になっていますので、見学には配慮が必要です。

城門前は広くなっているので車は停めれますが、駐車していいのかわかりません。迷惑がかからないよう対処してください。

0885-01.jpg

門は大野町の重要文化財になっています。しかし、どこの門か詳細はわからないそうです。

0885-02.jpg

瓦は整えられ、全体にきれいにされていますが、木材の痛みなど年月が経っているのが感じられます。これは内から撮った画像です。

0885-03.jpg

門扉付近を中心に撮ると、鏡柱2本に控柱2本、それをひとつの切妻の屋根で覆っているのがわかります。棟門に近いけど、控柱がありますね。

0885-04.jpg

簡単な構造ではあります。

しかし、何か解説でもほしいところではありましたが、仕方ありません。

0885-05.jpg

奥には重文指定の牧村家住宅の母屋とタラヨウの大木がありました。

0885-06.jpg
nice!(50)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

0769七戸城移築本丸城門-青岩寺山門 [移築城門]

東北の城は、立派な門が多いなぁというザクっとした思いがある。七戸城も例にもれず、復元整備された東門などはなかなか壮観である。

しかし、移築ではあるが現存の城門が残っているという。市内の青岩寺を訪ねた。



地図は詳細に開かないのでアバウトな印付けになってしまったが、七戸郵便局を100mほど東進したところにある。路地に入ってわかりにくいが、といって青岩寺にしても門にしても大きな建物なので何とかなるだろう。

0769-01.jpg

立派な門ではある。復元された東門に似ている気がする。

横に解説板があり「七戸城本丸の城門を移したもの」の一文にまずは間違いないと安堵する。

0769-02.jpg

しかし、「上層部と袖門を取り去り、寸をつめて現在の形にした」とある。

質感などの雰囲気はかなり往時を伝えるものであるが、かなり小ぶりになってしまったのだろう。あとは空想で補うしかない。

0769-03.jpg

0769-04.jpg

板張りの感じは悪くない。寸をつめた感じはしない。けど、本当は違うんだ、もっと大きかったんだと思うと、見てて楽しかった。

0769-05.jpg

裏から見てももちろん様になる。トタン葺きの屋根が大きいが、このあたりは雪対策もあってのことだろう。

0769-06.jpg
nice!(36)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

0702岡崎城念沸堂赤門-謁播神社神門 [移築城門]

岡崎城にも移築門がいくつかある。そのひとつが岡崎市北部の東阿知和町の謁播(あつわ)神社神門になっている岡崎城念沸堂赤門の移築門だ。

0702-01.jpg

ひろめの敷地にぽつんと門が置かれている。朱塗りされていて城門らしくない風情ではある。

0702-02.jpg

0702-03.jpg

こうしてよく見ると傷みもあって、保存も心配ではあるが、その風合はなかなかいい。

0702-04.jpg

瓦葺のこじんまりとした門だ。

横からもいいね。

0702-05.jpg

この寄贈人織田信治さんが気になったが、どういう方か、わからなかった。


nice!(23)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

0694楯の城移築門-明白院山門 [移築城門]

お城の中でも門を見ることは好きだ。けっこう移築された城門は多く、忘れがちなポイントだけに、このブログではその点も押さえていきたいと思う。

楯の城の印象記を書いたが、楯の城の移築門が近くの明白院にある。

0694-01.jpg

この山門が楯の城の移築門だ。

0694-02.jpg

0694-03.jpg

 明白院山門

 本寺は日向山と号し、本尊は勝軍地蔵である。天正年間(1573~1592)天江泉岳を開山として、勝沼城主三田氏の遺臣野口刑部丞秀房を開基として創立された。
 この山門は、日向和田の館(楯)の城にあったものを明白院建立の際ここに移したと伝えられ、木造茅葺一間一戸の四脚門として市内に現存する山門の中で最も古構を遺す一例として貴重である。

 青梅市教育委員会

------------------------------------------------------------

そんなに大きな門ではないが、がっちりとしたつくりだ。

後から見ると、屋根の檜皮葺に苔蒸しているのがわかる。

0694-04.jpg

四脚門ではあるが、横から見た感じが簡素なつくりを物語り味わい深い。

0694-05.jpg

いわゆる天井裏が直接見える構造なのだ。それが何とも言えず面白くてじろじろ見ていた。

平成8年行われた解体修理の札が挙がっていた。

0694-06.jpg


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
移築城門 ブログトップ