So-net無料ブログ作成

1290長谷砦(三重県) [城印象記]

津市一志町井生長谷の長谷砦(井生城)を紹介します。

より大きな地図で蔓草マップ を表示

小さなお城ですが、畝状に竪堀が取り巻いています。これは是非と思い行ってきましたが、実は登り口が分からず苦労しました。私は国土地理院地図に載っている貯水池沿いの道を行き、行き当たったところを右に折れ、沢伝いに登り、背後からまわりこんで登城しました。この道だと、距離が長く、しかも沢伝いの道が薮化していて、苦労しました。

1290-01.jpg

尾根伝いに降りてきた道(と言っても道はない)がよいと思うので、こちらをお勧めします。

1290-02.jpg

貯水池沿いに上がる道があります。富士OMGエクセレントクラブのゴルフ場へ上がる隣の道になります。ここを行きます。

ちょっと先行きがあやしくなってしまう道なので、私は入口付近の余白地に停めました。(多分お勧めの登城口までなら大丈夫と思います。)

1290-03.jpg

貯水池が目安になると思います。その横の法面でコンクリートで固められている場所があります。その間のコンクリートのない場所から山に入れます。谷の様な地形です。そこを進み、左手に折れて、尾根を登ります。

(この入口に車は停めれそうです。)

1290-04.jpg

道はありません。でも、尾根を捉えたら、歩きやすいと思います。

途中はこんな土橋風に狭まっているところもありました。

1290-05.jpg

お城が見えます。周囲を腰曲輪がめぐり、切岸の上に削平地があります。

1290-06.jpg

その地点とは反対側の場所です。私が登った方面です。

この切岸はけっこう厳しいものでしたが、比較的こちらの方面(背後?)が緩やかでした。

1290-07.jpg

主郭です。178mの標高で比高は約120mです。

削平されてはいますが、何の造作もありません。

1290-08.jpg

この主郭と周囲の腰曲輪だけなら、魅力のないちょっとした砦で、よく登ってきたなぁという話なんですが、この腰曲輪の周囲には竪堀が幾筋もついているのです。これは、ちょっと贅沢な遺構ですよ。

なぜ、こんな縄張の砦が築かれたのかよくわかりませんが、こんな縄張の砦があったことが、貴重な記録だと思います。いい感じですよね。

是非、訪れてみてください。

1290-09.jpg

1290-10.jpg
nice!(51)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1289上出城(三重県) [城印象記]

津市一志町波瀬の上出城を紹介します。

より大きな地図で蔓草マップ を表示

集落の背後に丘があります。こちらが上出城です。西側に回り込むと道があります。これは上に浄水設備があるための保守道路と思われます。車で上がれないことはないですが、私は周辺の余白地に停めさせていただきました。

1289-01.jpg

比高は30mほど、数分でたどり着きます。

1289-02.jpg

浄水設備です。

1289-03.jpg

右手に見えていた、多分もとはゲートボール用に整地されたグランドでしょう。きれいに草っ原になっていました。

遺構改変も考えないといけないでしょうが、ある程度の削平地があり、もともとは曲輪だったのでしょう。

1289-04.jpg

右手前方がやや高くなっており、祠が祀られていました。おそらく、主郭と思われます。

1289-05.jpg

反対側まで回り込んでみると、段状になっているのがわかります。いい感じですね。この方面がお城の正面なのでしょう。私は背後から登ったことになります。

1289-06.jpg

その正面から見る虎口です。

1289-07.jpg

前面には曲輪が広がっています。

1289-08.jpg

わざわざ広範囲にわたって削平することはないので、城の遺構と言っていいでしょう。上の段とは切岸になっています。

1289-09.jpg

強烈な攻防を思わせる遺構ではありませんが、確実に城であった在りし日を感じさせる上出城でした。

集落へとつながる階段があります。城を縦断するように、こちらから降りました。

1289-10.jpg
nice!(52)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1288波瀬城(三重県) [城印象記]

津市一志町波瀬の波瀬城を紹介します。

より大きな地図で蔓草マップ を表示

波瀬川井ノ倉橋のたもとに駐車場があります。ここから登る山城が波瀬城です。

1288-01.jpg

道は整っています。しかし、主な曲輪群にあがる前の斜面は急です。これは堪えますね、息があがりそうです。

1288-02.jpg

曲輪の鞍部というべき場所にあがりました。

1288-03.jpg

そこに案内板があります。

1288-04.jpg

  波瀬城跡

 波瀬(はぜ)城は、伊勢平野から北畠氏の本拠がある多気(美杉町)に通じるルート、矢頭峠の手前にあり、主要な交通路を押さえる場所に位置しています。北畠氏の一族の木造雅俊が応永元年(1394)に築城したといわれています。
 城跡は標高150~160mの尾根上にあり、南麓からの比高は約70mを測ります。折れまがって伸びる東西方向の尾根に郭や堀切が連続して設けられ、大きく東部・中央部・西部にわかれ、城の規模は東西約190m×南北約110mに及びます。最も南に張り出した最高所にある郭2が主郭であり、北西の郭1とは堀切aにより区切られています。郭1の北西端には堀切bや土塁の途切れた出入口があり、郭1・2の北側には幅広い腰郭があります。主郭の北東側に続く郭3~6は南から北へ向かって大小の壇状地が階段状に続き、東端に堀切eが設けられています。東部に南北方向の2条の大きな堀切が設けられており、全体に防御性の高い城になっています。

                       津市教育委員会

------------------------------------------------------------

縄張図も掲載されていました。こうして遺構を見ると、曲輪が目立つ城ですね。

1288-05.jpg

そこから階段で西の曲輪にあがります。ここが、広くて主郭と言われています。

1288-06.jpg

ここから、眺望も効きます。集落や道の様子がよくわかります。

1288-07.jpg

奥の場所は一段と高くなっていました。土塁でしょうか、櫓台跡でしょうか。

1288-08.jpg

ここから振り返った主郭もいいものですね。

1288-09.jpg

さて、その先ですが、堀切です。それも深いです。

1288-10.jpg

横から見た方が、その深さ実感できますか。

1288-11.jpg

堀切を渡り曲輪に上がります。小さいながらもしっかりと削平された曲輪で、奥には土塁もきれいに残っています。

説明文によると、主郭に対して出丸のような書き方をされていますが、私は詰めの丸のような、主郭より更に上のグレードを感じました。

それというのも、こちらの方が主郭より高いように感じられました。

1288-12.jpg

井戸も見られます。この位置から自噴したようには思えないので、雨水などを溜めておいて利用したのでしょう。

1288-13.jpg

また、これらの曲輪の北側には腰曲輪があります。

主郭から見下ろした様子です。切岸と落差を感じます。

1288-14.jpg

詰めの丸から見た腰曲輪です。けっこう広さあります。

1288-15.jpg

一旦、案内板のある鞍部に出て、今度は東の曲輪へと向かいます。

そこから振り返った鞍部の様子です。

ここも曲輪として機能していたことでしょう。

1288-16.jpg

東の曲輪もよく削平されています。

1288-17.jpg

縄張図でいうところの堀切ですが、曲輪と曲輪の連絡路とでも言うような通路です。

1288-18.jpg

そして、その奥に細長い曲輪がありました。

1288-19.jpg

遺構が良く残り、城域もある程度あり、見応えがありました。しかし、初期の城らしく、構造の安直さを感じます。また曲輪の優劣感がない城ですね。解釈次第では、主郭・2郭・3郭・4郭が変わるように思えました。それだけ、城主の権限がまだまだ確立されてないのでしょう。

最後に、山城の全景を紹介します。

山の中を歩き回るにはよい天気でした。

1288-20.jpg
nice!(53)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1285榊原城(三重県) [城印象記]

津市榊原町の榊原城を紹介します。

より大きな地図で蔓草マップ を表示

枕草子に「湯はななくりの湯、有馬の湯、玉造の湯」と挙げられている「三名泉」のひとつとして名高い榊原温泉のある榊原です。ここにも、中世山城の遺構が残っています。榊原小学校の裏、南側の丘がそれです。

榊原古井谷の不動堂がある小道から榊原城に向かいます。

通りは広い道ですが、小道は狭く、車を停める場所はありませんので、注意してください。

1285-01.jpg

道は薮化していて、わかり難かったのですが、小学校の裏の出入り口のある近くです。

1285-02.jpg

草を踏み分け、道を登ると、何か見えてきます。

1285-03.jpg

横堀です。遺構はほとんど残ってないと思ったいたので、興奮しました。このあたりはいい雰囲気です。

1285-04.jpg

その興奮があってか、虎口付近もかなりかっこよく見えました。しかし、その後の改変も頭に置きながら見ないといけません。

1285-05.jpg

1285-06.jpg

その上は主郭です。木々の茂みを抜けた先は、草っ原になっていました。

削平地というよりは、整地されたグランドの跡地というべき様相でした。

1285-07.jpg

学校施設の何かとして利用されたのかな。グランドの名残です。

1285-08.jpg

その先まで歩いてみましたが、かつては道も作られたようで、遺構は残されていませんでした。

1285-09.jpg

ただ、グランドの名残という周囲にも土塁が見られ、それなりの規模を持った城郭だったことがうかがわれます。

1285-10.jpg

1285-11.jpg

やっぱり、少し残念な榊原城です。

これは、先ほど紹介した横堀の反対側にも続いている横堀です。

もう少し残っていれば、そして、整備されればいいのに、と思ってしまいました。

1285-12.jpg
nice!(56)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1284奥佐田城(三重県) [城印象記]

津市白山町佐田字味曾谷の奥佐田城(笹山城)を紹介します。

より大きな地図で蔓草マップ を表示

県道28号線を北に向かい、近鉄線をくぐって、300mほど進んだところを右に入ります。角にはバス亭がありました。そこから見える山に、今から目指す奥佐田城があります。

1284-01.jpg

集落の中は道が狭く、駐車場もありません。私は県道28号線の余白地に停めましたが、少し離れますがそれが無難かと思います。

さて、入った道のまっすぐ先に登城口が見えます。

1284-02.jpg

案内があるわけではありません。ただ、道があって山へ入るのにいい道です。

図に示すと、城のある尾根ではなく、その隣になります。別尾根から登って背後に回り込み、下る尾根先にある城を訪ねます。

1284-03.jpg

実はこの尾根には祠が祀られていました。だから、道が通じていたのですね。

祠のための削平でしょうが、ここも曲輪っぽくて、一時は実はU字谷を内に抱えた大きなお城なのでは、と思ってしまいました。

(結論を先に書くと、尾根先にある遺構の確からしさ、こじんまりとした感じなどから言って、それはないと思い直しました。当時の在地勢力では、そんな大城郭は築かないでしょう。)

1284-04.jpg

その後も、けっこう歩きやすい道で登れました。

背後にあたるピークです。

1284-05.jpg

曲輪としてもいいような削平地です。

くだったところから見上げた感じなど、いかにも、という感じがありました。

1284-06.jpg

しかし、次に見た方形土塁の遺構をみたら、そんな考えはふっとんでしまいました。やっぱり、ホンモノと似たようなケシキは違う、と私は感じました。

1284-07.jpg

上から見るよりも下からの方が、土塁の存在がよくわかりますか。

1284-08.jpg

この遺構にぐっときました。そして、この先、もう少し下ったところに更にしっかりとした遺構が残されています。

堀切です。インパクトありました。

1284-09.jpg

ただ、横から見るとそんなに規模のあるものではありません。

1284-10.jpg

方形土塁が続きます。

どうやら方形土塁が2つ連なったような縄張です。

奥の曲輪です。

1284-11.jpg

その先の曲輪です。

1284-12.jpg

土塁も大きなものではなく、高いものでもありません。でも、小さいながらにもはっきりした遺構でした。手応えありです。

北畠家臣の堀山次郎左衛門の居城と伝わる奥佐田城です。

2つ連なった方形土塁とその上にある方形土塁の城でしょう。

絶好の位置に構えられ、こじんまりとしながらも、よく遺構が残っているお城でした。

1284-13.jpg
nice!(54)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1282上ノ村城(三重県) [城印象記]

三重県津市白山町上ノ村の上ノ村城を紹介します。

より大きな地図で蔓草マップ を表示

国道165号線で成願寺に向かいます。成願寺へは路地を入り込んでいくので、注意が必要です。しかし、駐車場はしっかりあります。川を隔てた南より東の駐車場が、より城へは近くて便利です。利用させていただきました。

1282-01.jpg

寺の裏山といった位置でしょうか。ちいさな山が見えます。これが上ノ村城です。

1282-02.jpg

右側に進みます。特に案内はありませんが、ちょっとした道があり、ここから山に入っていきます。

1282-03.jpg

まっすぐに進み、左に曲がり、小さな谷を越えると上ノ村城の山です。

それを左に登ると虎口が見えます。

1282-04.jpg

登ったところは曲輪でした。割と広いです。

1282-05.jpg

虎口から入って右手は一段と高くなっており、祠が祀られています。

このあたりが主郭でしょう。

1282-06.jpg

祠の後ろにまわり、覗き込んでみると、堀切です。これは深いですね。切岸と堀切が合わさっているのでしょう。この規模の山城にしては、みごとです。

1282-07.jpg

これはまわりこんで別角度から見た堀切です。ね、すごいでしょ。

1282-08.jpg

最初の曲輪の南側には土塁があります。厚くて、土塊といった感じですが。

1282-09.jpg

うっすらとした感じですが、土塁の前には横堀があります。

1282-10.jpg

その下には腰曲輪も見えます。

小さな山城ですが、遺構がよく残っていて、楽しめました。

1282-11.jpg
nice!(55)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1267鎌原城(群馬県) [城印象記]

群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原の鎌原城を紹介します。

より大きな地図で蔓草マップ を表示

元は一面のキャベツ畑だったという畑の小道をいくと、もうそこは鎌原城です。

路肩には三の丸の標柱があります。

1267-01.jpg

簡単ながら駐車場もありました。

1267-02.jpg

整備されているのは、うれしいですね。

ここにある案内板には縄張図もあります。崖の突端を利用した鎌原城の全体が想像されます。

1267-03.jpg

ここから、真田氏ゆかりの城、鎌原城本丸跡までは徒歩3分になります。

もう本丸に建てられた碑等が小さく見えます。

1267-04.jpg

三の丸と二の丸の間の堀が整備されていました。おそらく遺構を整備したのでしょうが、少しキレイすぎて、復元された堀みたいです。

1267-05.jpg

本丸です。

1267-06.jpg

大河効果なんですね。真田人気は素晴らしいです。

丸木のイスが6ヶというのがいいですね。

1267-07.jpg

説明板です。この説明板は自体は10年前からあったようですが。

1267-08.jpg

 嬬恋村指定史跡

  鎌原城址(かんばらじょうし)

    (指 定)昭和48年12月18日
    (所在地)群馬県吾妻郡嬬恋村大字鎌原字丸

 鎌原城は、吾妻川に断崖をめぐらす要害で岩櫃城、羽根尾城との攻防戦は、加沢記によって知られています。応永4(1397)年の築城と伝えられており、元和元(1615)年徳川幕府の「一国一城令」による破却まで、鎌原氏の居城として、戦国の歴史を秘めています。
 南北400メートル、幅150メートルの城域があり、本丸・二の丸・三の丸・東曲輪・笹曲輪の五郭に分かれ、堀切りと城主墓地を残す他、付近に金毘羅の砦、上城、下城、丸、陣馬など城に関係ある地名も残っています。
 鎌原氏は滋野源氏、海野氏の一族で下屋氏の末裔にあたり戦国時代より、三原荘を支配する豪族でした。戦国時代には甲州武田信玄の武将となり、江戸時代には沼田城真田氏の家老でしたが、天和元(1681)年沼田藩改易により、幕府が治めるようになってからは大笹の関守となり、廃関まで8代187年間、関番をつとめました。

 平成18年11月  嬬恋村教育委員会

------------------------------------------------------------

突端まで行ってきました。

やや低くなった削平地です。狭まっているだけに、曲輪らしく感じます。そして何よりも、先に進むと木々の隙間から、ここが断崖上にあることがわかります。

1267-09.jpg

説明にもある金毘羅の砦が正面に見えます。小山です。

1267-10.jpg

農地の跡で、あまり城らしくないですが、よく整備されています。資料が多いので、ちょっとの想像力で楽しめるお城です。ちょっとの立ち寄りにはいいですね。

1267-11.jpg

城仲間の方に案内いただきました。このちょっとが嬉しいですね。

最後はおまけです。

1267-12.jpg
nice!(47)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1265三田城(東京都) [城印象記]

東京都国立市谷保の三田城(三田氏館、谷保の城山)を紹介します。

より大きな地図で蔓草マップ を表示

城館は公園や個人宅になっていますが、土塁や堀も良好に残っています。

1265-01.jpg

東側の大きめな道路には「城山入口」の案内があります。その小道を入っていくと城山公園です。およそ三角形のような形に残っていて、底辺部にあたるところが城山公園となっています。

水辺を生かした公園ですが、往時もこんな地形で守りに利用していたのでしょう。

1265-02.jpg

北側に向かって坂になっています。城山という地形が想像されます。反時計回り上がっていくと、右手には土塁が見えました。

1265-03.jpg

北側の頂点を回って少し進むと、説明板があります。

1265-04.jpg

 三田氏館跡(みたしやかたあと)

  所在地  国立市谷保5983の1付近
  標 識  昭和19年3月
  指 定  昭和30年3月28日

 多摩川に向かって張り出した青柳段丘の台地上縁辺にある「谷保の城山」は、中世の城館跡であったという伝承があります。この地には、従来から「三田城」あるいは「三田氏館」と呼ばれ、中世三田氏との関連が推測されてきましたが、鎌倉御家人であった津戸三郎為守が城主であったとする資料も存在します。現在、土塁や堀の跡を確認することができますが、発掘調査などが行われておらず、城館の性格や城主などその詳細は不明です。

  平成24年3月建設 東京都教育委員会

------------------------------------------------------------

このあたりが遺構としてはよく残っています。いい雰囲気ですね。

1265-05.jpg

空堀も見られます。

空堀土塁のその向こうは、個人宅だそうです。内部の見学はお控えください。

1265-06.jpg
nice!(52)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1254池田屋敷(愛知県) [城印象記]

愛知県名古屋市中川区荒子町小城の池田屋敷を紹介します。

より大きな地図で蔓草マップ を表示

荒子観音から東に250mほどのあおなみ線近くに荒子東公園があります。ここが池田屋敷だったところです。

1254-01.jpg

遺構は何も残っていません。数年前は荒地だったようですが、公園として整備されていました。付近を歩いてみると、公園の南、道路沿いに説明板がありました。

1254-02.jpg

荒子東公園の案内

 この公園は、荒子町、吉良町、小城町にわたり位置している。

荒子の歴史

 江戸時代の古地図によると、このあたりは荒子村小城といわれ、池田恒利の屋敷があったと伝えられている。
 恒利の子・恒興(1536-1584)は、前田利家とともに戦国武将として信長、秀吉に仕え、数々の武勲をあげた。
 世界遺産として名高い国宝姫路城は、恒興の子・輝政(1564-1613)が築いた。

                       中川土木事務所

------------------------------------------------------------

小城町という地名が何かを伝えています。

こんな場所から、池田恒利-恒興-輝政という系譜が始まるのかと思うと少し感動します。前田利家の荒子城や中村で生まれた秀吉ことも考えながら。

何もないけど、楽しいものです。

1254-03.jpg
nice!(54)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1253祖父江屋敷(愛知県) [城印象記]

愛知県名古屋市中川区愛知町の祖父江屋敷を紹介します。

より大きな地図で蔓草マップ を表示

細い路地を入っていくと善行寺があります。ここが城址、祖父江屋敷だったそうです。

1253-01.jpg

付近は住宅地ですが、駐車場があるので助かります。門前まで行った右手です。案内板によると全22ヶ所のうちの8ヶ所は利用していいそうです。

1253-02.jpg

中規模のごく普通のお寺さんです。16世紀初頭に祖父江隼人の屋敷があったということですが、詳細はよくわかりません。その祖父江隼人が善行寺をこの地へ呼び寄せたそうです。

1253-03.jpg

また、善行寺には、名古屋城築城時の残石が鐘楼の石垣等に見られる、と説明板に記載されていました。

しかし、決定的にこれだという石はわかりませんでした。

1253-04.jpg

1254-05.jpg
nice!(44)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行