So-net無料ブログ作成
マンホール ブログトップ
前の10件 | -

1342兵庫県加古川上流流域下水道のマンホール [マンホール]

兵庫県加古川上流流域下水道のマンホールです。

1342-01.jpg

三木市内で撮りました。

兵庫県の県の花ノジギクが描かれています。中央は県章です。「兵」がデザインされています。

神戸市・西脇市・三木市・小野市・加西市・加東市が関与する施設だそうです。マンホールといえば、市町村単位と思っていますが、こんな例外もあるのですね。

こちらは、慈眼寺山城から三木市内、三木城方面を眺めた景色です。右隅に見えるのが、市内を流れる美嚢川(みのうがわ)です。この川は加古川に合流する一級河川になります。

1342-02.jpg
nice!(40)  コメント(0) 

1341兵庫県三木市のマンホール [マンホール]

兵庫県三木市のマンホールです。

1341-01.jpg

シンプルなデザインで一見幾何学模様かと思いましたが、ノコギリやトンカチが並んでいるのですね。三木は金物の町として有名です。

中央は市章で、市のホームページに寄ると昭和29年7月に制定されたもので、『「木」または「キ」を3つ組み合わせて図案化し、ハート形にして心臓部を表し、三方に出る動脈により活動の旺盛さを表しています。三方同形により天・地・人の三体の調和をとり、将来の発展、円満和合を意味しています』ということです。

1341-02.jpg

街路樹の根元のフタにこんなマークがついていました。市の花サツキをデザインしたものでしょう。マンホールは、こんなデザインの方がいいんじゃないのかな、と思ったりもしました。

今回オフ会で、三木を久しぶりに訪れました。90年代後半に三木城に寄って以来です。意外と街で、人や車が多いと感じました。当時は三木城ばかりで、他のことに気が付いていなかったのかもしれません。

夜明けの市役所です。朝、ポケモンGOの散歩をしながら撮ってきました。

1341-03.jpg

1341-04.jpg
nice!(45)  コメント(0) 

1321埼玉県秩父市のマンホール [マンホール]

埼玉県秩父市のマンホールです。

1321-01.jpg

市の鳥ヤマドリと市の花キブネギクがデザインされています。上にあるのは市章で、1926(大正15)年に制定され、今も使用されているものです。

ですが、2005(平成17)年、秩父郡吉田町・荒川村・大滝村と合併し、新しい秩父市になってからは、市の鳥はオオルリ、市の花はシバザクラになっています。そういう意味では、これは旧秩父市のマンホールといった方が良かったのかもしれません。

秩父市は、この地方の中心的な市でしょう。私は横瀬町から入り、小鹿野町へと走ったので、意外と秩父市は狭い町かと思ってしまいましたが、けっこうまだまだ行ってない山深い地もあり、データで見ると、埼玉県ではもっとも広い市町村なのだそうです。

しかも、東京都・山梨県・長野県・群馬県と接している珍しい市町村で、4ヶ所と接しているのは、他には岐阜県高山市と京都府南丹市があるだけだそうです。

そんな秩父の中心に道の駅がありました。

1321-02.jpg

1321-03.jpg

まわりは高い山に囲まれ、内陸高地の盆地地形が実感されます。

秩父は水も美味しいそうです。美しい自然を大切にしたいものです。

1321-04.jpg

1321-05.jpg
nice!(40)  コメント(0) 

1319長野県南佐久のマンホール [マンホール]

長野県南佐久公共下水のマンホールです。

1319-01.jpg

旧臼田町の花キキョウ、旧佐久町の花キク、旧八千穂村の花クリンソウ、小海町の花サラサドウダンツツジが描かれています。

臼田町は2005年佐久市と合併、佐久町と八千穂村は2005年佐久穂町になり、小海町はそのまま単独町制を維持しています。

佐久穂町のなかに佐久市の飛び地があったり、小海町では境界未定部分があったりと、調べていると、この地域なりにいろいろ苦労されているのだなあと感じました。これは資料を見る以上に地元の方にお話を聞くと興味深そうです。

しかし、下水ではこうして広域にわたっての協力もなされている訳で、いろいろな花が咲きそろうように、各地の文化が残され、うまくまとまっていくといいですね。

佐久庁舎付近にもこのマンホールがありましたが、こちらには小海町の役場画像を貼っておきます。役場は地域を南北に貫く国道141号線沿いにあります。

1319-02.jpg
nice!(39)  コメント(0) 

1318長野県旧佐久町のマンホール [マンホール]

長野県旧佐久町のマンホールです。

1318-01.jpg

町の花キクをあしらったデザインマンホールです。

「コミプラ」とはコミュニティ・プラント(市町村による小規模な汚水処理施設)の略だそうです。

「さくほまち」かと思ったら「さくまち」でした。2005年佐久町・八千穂村が合併して発足したのが佐久穂町です。新しいと思われたこのマンホールも10年以上経ったものなのですね。

日が暮れました。

1318-02.jpg

それでもと思って立ち寄って撮ってきました。こちらは、佐久穂町役場佐久庁舎です。

1318-03.jpg
nice!(32)  コメント(0) 

1317長野県南牧村のマンホール [マンホール]

長野県南牧村のマンホールです。

1317-01.jpg

村の花スズランと八ヶ岳連峰が描かれています。シンプルにまとまっていますね。「みなみまき」と地名が入っています。南牧村は、みなみまきむら、と読むわけです。

群馬県にも南牧村がありますが、そちらは「なんもくむら」だそうです。

国道141号線沿いにある村役場に寄ってきました。

1317-02.jpg

1317-03.jpg

そこから少し北へ行くと、海ノ口城の案内看板がありました。

もうかなり傷んでいる看板でしたが、かつては、NHK大河ドラマに関した城であったことがわかります。「武田信玄初陣の地」とあります。

1317-04.jpg

こちらは、JR小海線の海尻駅です。このあたりの「海」の付く数々の地名も気になりますね。

1317-05.jpg

また、「北国の春」などの作詞で知られるいではくは、こちらの出身だそうです。国道141号線沿いに記念碑がありました。

1317-06.jpg
nice!(32)  コメント(0) 

1316長野県川上村のマンホール [マンホール]

長野県川上村のマンホールです。

1316-01.jpg

村の動物川上犬、村の鳥ウグイス、村の花シャクナゲ村の木カラマツが、3つの枠に配置されたデザインマンホールです。中央は川上村の村章です。

もうひとつ違うデザインのマンホールも見つけました。

1316-02.jpg

村の鳥ウグイスと村の花シャクナゲ、村の木カラマツが描かれたものです。

川上村には、川上氏居館を訪ねてきたのですが、副産物にマンホールもいろいろ撮れて満足です。

『千曲川の上流に当って、川上の八カ村というのがある。その辺は信州の中でも最も不便な、白米は唯病人に頂かせるほどの、貧しい、荒れた山奥の一つであるという。』と島崎藤村の「千曲川のスケッチ」に描かれた川上村ですが、確かに山奥ではありますが、私には自然の情景あふれる豊かな村に映りました。

この二つのデザインマンホールは小海線の川上駅の近くで撮りました。

駅舎は簡素なありふれたものでしたが、駅名がかっこよく飾られていました。こんなセンスがいいんだよなあ、と感心しきりでした。

1316-03.jpg

1316-04.jpg
nice!(43)  コメント(0) 

1315長野県川上村秋山梓山地区のマンホール [マンホール]

長野県川上村秋山梓山地区のマンホールです。

1315-01.jpg

川上村の村の花シャクナゲが中心に描かれています。周囲に葉がありますが、村の木はカラマツですが、針葉樹のですから違います。周囲のデザインは、よくわかりません。下に川上村の村章があります。村章は「かわかみ」を図案化したものだそうです。

秋山、梓山は大字名です。特に梓山は川上村の東端の一番山奥で、埼玉県との県境があります。

このデザインマンホールをゲツトしたのは、川上村立第2小学校あたりです。山はいよいよ秋本番という景色です。。

ここでも、青空がとても気持ちよかったです。

1315-02.jpg
nice!(48)  コメント(0) 

1314長野県川上村大深山地区のマンホール [マンホール]

長野県川上村大深山地区のマンホールです。

1314-01.jpg

昔はこんな家だったのかなあ、と思ってしまいました。失礼しました。こちらは縄文時代中期の竪穴式住居で、国内で遺跡として最高所(標高1300m)に位置している遺跡だそうです。大昔から、人が住みつくよい土地だということですね。周囲を村の花シャクナゲが飾っています。

川上村役場付近で撮りました。

宇宙飛行士の油井亀美也さんは川上村の出身だったのですね。「祝ミッション成功」「夢と感動をありがとう!」の幕が役場に飾られています。

1314-02.jpg

川上村は村全体が1000mを越える山岳地帯です。千曲川の源流のある村です。

また役場は標高1185mで、日本最高所の位置しているそうです。

1314-03.jpg

山もいい色づきでした。

1314-04.jpg
nice!(43)  コメント(0) 

1313山梨県旧高根町のマンホール [マンホール]

山梨県旧高根町のマンホールです。

1313-01.jpg

八ヶ岳と高原の風景でしょうか。牛が描かれています。

高根町は2004年に北巨摩7町村で合併し今は北杜市になっています。

高根という地名は知りませんでしたが、高根にある清里は有名です。道の駅があったので寄りました。

1313-02.jpg

まだ朝早く人はいません。

空気は冷たく、手入れされた園地の木々は色づいていました。

1313-03.jpg
nice!(44)  コメント(0) 
前の10件 | - マンホール ブログトップ