So-net無料ブログ作成

1268法観寺八坂五重塔(重文) [和塔]

京都東山の八坂の塔を訪れた。

より大きな地図で蔓草マップ を表示

鴨川を渡り、いよいよ坂を登り始めるなあと思う頃に見えてくる。よく見るような風景でいて、でも五重塔にこだわりをもって訪れたのは初めてだろう。

1268-01.jpg

この狭い道に車が入り込んでいる。その向こうには人力車。行き交う観光客。

こんな風景が京都なのだろう。

いよいよ八坂の塔が眼前に迫ってきた。

1268-02.jpg

瓦葺の古めかしい建物だ。室町時代1440年に再建された。

足元では、「聖徳太子御建立」「日本最初之宝塔」の案内が見える。

1268-03.jpg

入口は右に回り込んだあたりで、拝観料は400円。午前10時-午後3時。中学生未満のお子様の拝観はご遠慮下さい、とある。

入口に説明板があった。

1268-04.jpg

 法観寺・八坂の塔(ほうかんじ・やさかのとう)

 霊応山と号し、臨済宗建仁寺派に属する。
 寺伝によれば、聖徳太子が如意輪観音の夢のお告げにより建立し、往時は延喜式七ヶ寺の一つに数えられ隆盛を極めたが、現在は八坂の塔(五重塔)と太子堂、薬師堂の二宇を残すのみである。
 八坂の塔は本瓦葺き五層、方六メートル、高さ四十六メートルの純然たる和様建築で、白鳳時代の建築様式を今に伝えるものである。創建以来、度々災火により焼失したが、その都度再建され、現在の塔は永享十二年(1440)に足利義教によって再興されたものです。塔内には本尊五智如来像五体(大日、釈迦、阿しゅく、宝生、弥陀)を安置し、須弥壇の下には古い松香石製の大きい中心礎石があり、中央には舎利器を納めた三重の凹孔が残っている。寺宝として、塔を中心に当時の社寺を描いた紙本著色八坂塔絵図のほか、足利義教画像、法観雑記など貴重な文化財を蔵している。

                           京都市

------------------------------------------------------------

初層を西の正面から眺める。

1268-05.jpg

反対側へ回る。見上げる。

1268-06.jpg

東側には入口が開かれていた。

1268-07.jpg

内部に入れることまでチェックしてなくて、サプライズの見学になった。

古めかしい木造建築の中に安置された仏像。これがなかなかいい。

まず入った正面、東を向いているのが、阿しゅく如来。

1268-08.jpg

北を向いている釈迦如来。黒くて、ひとまわり大きい。

1268-09.jpg

南を向いている宝生如来。

1268-10.jpg

そして西の正面には弥陀如来。

その上には、雲に乗った大日如来がいる。

1268-11.jpg

これらの五智如来像に圧倒された。像の大きさがそれぞれで、その重なり合う様子が面白い。

内部はこの1階部分と2階までが、参観できる。城郭で慣れているとはいえ、階段は急で、はしごのようだ。

2階から下を眺めたところ。

1268-12.jpg

2階は狭く、木がきしむ。まさか崩れることはあるまいが、いつ崩れてもおかしくないくらいに感じた。そんな国の重要文化財に入っていいのかと思ったりして心配もするが、観光客の多い界隈なのに、ここまであがってくる人はほとんどおらず、贅沢なひと時を過ごした。

1268-13.jpg

いつもは外から眺めて感心している木組みを内側から見る。よくわからないが、これも面白い。

1268-14.jpg

2階の西方の窓から眺めた京都の街。

1268-15.jpg

1階2階と行き来する途中で心柱も見える。手を伸ばして撮ってみた。

どうも上手く撮れたとは言い難いが、それにしてもこんなふうに心柱を見るのは初めてだ。五重塔の心柱、ワクワクしてしまった。

1268-16.jpg

その心柱の礎石。「中心礎石/飛鳥時代」と説明があった。

1268-17.jpg

和塔としての姿のいい五重塔を画像に収めることは出来なかったが、いいものを鑑賞できたと思う。それにしても、拝観者は少なかった。せっかく内部も見学できるというのに、もったいない限り。少し残念に思う。

東山の坂を登る。

確かに和塔の全身の姿を撮れなかったが、こうした風景の中の五重塔も、また素敵なものに違いない。

1268-18.jpg
nice!(47)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1267鎌原城(群馬県) [城印象記]

群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原の鎌原城を紹介します。

より大きな地図で蔓草マップ を表示

元は一面のキャベツ畑だったという畑の小道をいくと、もうそこは鎌原城です。

路肩には三の丸の標柱があります。

1267-01.jpg

簡単ながら駐車場もありました。

1267-02.jpg

整備されているのは、うれしいですね。

ここにある案内板には縄張図もあります。崖の突端を利用した鎌原城の全体が想像されます。

1267-03.jpg

ここから、真田氏ゆかりの城、鎌原城本丸跡までは徒歩3分になります。

もう本丸に建てられた碑等が小さく見えます。

1267-04.jpg

三の丸と二の丸の間の堀が整備されていました。おそらく遺構を整備したのでしょうが、少しキレイすぎて、復元された堀みたいです。

1267-05.jpg

本丸です。

1267-06.jpg

大河効果なんですね。真田人気は素晴らしいです。

丸木のイスが6ヶというのがいいですね。

1267-07.jpg

説明板です。この説明板は自体は10年前からあったようですが。

1267-08.jpg

 嬬恋村指定史跡

  鎌原城址(かんばらじょうし)

    (指 定)昭和48年12月18日
    (所在地)群馬県吾妻郡嬬恋村大字鎌原字丸

 鎌原城は、吾妻川に断崖をめぐらす要害で岩櫃城、羽根尾城との攻防戦は、加沢記によって知られています。応永4(1397)年の築城と伝えられており、元和元(1615)年徳川幕府の「一国一城令」による破却まで、鎌原氏の居城として、戦国の歴史を秘めています。
 南北400メートル、幅150メートルの城域があり、本丸・二の丸・三の丸・東曲輪・笹曲輪の五郭に分かれ、堀切りと城主墓地を残す他、付近に金毘羅の砦、上城、下城、丸、陣馬など城に関係ある地名も残っています。
 鎌原氏は滋野源氏、海野氏の一族で下屋氏の末裔にあたり戦国時代より、三原荘を支配する豪族でした。戦国時代には甲州武田信玄の武将となり、江戸時代には沼田城真田氏の家老でしたが、天和元(1681)年沼田藩改易により、幕府が治めるようになってからは大笹の関守となり、廃関まで8代187年間、関番をつとめました。

 平成18年11月  嬬恋村教育委員会

------------------------------------------------------------

突端まで行ってきました。

やや低くなった削平地です。狭まっているだけに、曲輪らしく感じます。そして何よりも、先に進むと木々の隙間から、ここが断崖上にあることがわかります。

1267-09.jpg

説明にもある金毘羅の砦が正面に見えます。小山です。

1267-10.jpg

農地の跡で、あまり城らしくないですが、よく整備されています。資料が多いので、ちょっとの想像力で楽しめるお城です。ちょっとの立ち寄りにはいいですね。

1267-11.jpg

城仲間の方に案内いただきました。このちょっとが嬉しいですね。

最後はおまけです。

1267-12.jpg
nice!(47)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1266長野県上田市本原南地区のマンホール [マンホール]

長野県上田市本原南地区のマンホールです。

1266-01.jpg

真田六文銭の幟旗とツツジが描かれています。ツツジは上田市の市の花です。それから本原南とある前にあるのは旧真田町の町章のようです。カタカナで「サ」「ナ」がデザインされています。

上田市のマンホールも六文銭とツツジですから、モチーフはいっしょで、描き方が違う、一種の別バージョンのデザインマンホールなんですね。

油断していました。上田のマンホールはもういいや、と思ってました。でも、せっかくだからと思ってマンホールまで駆け寄ったら、こちらのものでした。

それにしても、旧真田町ではなく本原南地区のマンホールということに驚きました。調べてみると上田市にはいろいろな地区でデザインマンホールがあるようです。(計8種類)

 上田市の下水道マンホール
 http://www.city.ueda.nagano.jp/gesuido/kurashi/suido/joho/manhole.html

上田はマンホールに熱いところだったんですね。機会を見つけて、収集に励みたいと思います。

ちなみに撮った場所はこちらです。

「真田氏発祥の郷」碑の前です。真田人気、今も高いようですね。

1266-02.jpg

1266-03.jpg
nice!(48)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1265三田城(東京都) [城印象記]

東京都国立市谷保の三田城(三田氏館、谷保の城山)を紹介します。

より大きな地図で蔓草マップ を表示

城館は公園や個人宅になっていますが、土塁や堀も良好に残っています。

1265-01.jpg

東側の大きめな道路には「城山入口」の案内があります。その小道を入っていくと城山公園です。およそ三角形のような形に残っていて、底辺部にあたるところが城山公園となっています。

水辺を生かした公園ですが、往時もこんな地形で守りに利用していたのでしょう。

1265-02.jpg

北側に向かって坂になっています。城山という地形が想像されます。反時計回り上がっていくと、右手には土塁が見えました。

1265-03.jpg

北側の頂点を回って少し進むと、説明板があります。

1265-04.jpg

 三田氏館跡(みたしやかたあと)

  所在地  国立市谷保5983の1付近
  標 識  昭和19年3月
  指 定  昭和30年3月28日

 多摩川に向かって張り出した青柳段丘の台地上縁辺にある「谷保の城山」は、中世の城館跡であったという伝承があります。この地には、従来から「三田城」あるいは「三田氏館」と呼ばれ、中世三田氏との関連が推測されてきましたが、鎌倉御家人であった津戸三郎為守が城主であったとする資料も存在します。現在、土塁や堀の跡を確認することができますが、発掘調査などが行われておらず、城館の性格や城主などその詳細は不明です。

  平成24年3月建設 東京都教育委員会

------------------------------------------------------------

このあたりが遺構としてはよく残っています。いい雰囲気ですね。

1265-05.jpg

空堀も見られます。

空堀土塁のその向こうは、個人宅だそうです。内部の見学はお控えください。

1265-06.jpg
nice!(52)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1264麦草峠越え

上田からの帰り、麦草峠を抜けて帰ってきた。本来は、迂回する様な格好になるが自動車道で更埴、麻績、松本を回って諏訪であろう。それか直線的に和田峠を越えて諏訪が近いと思う。

GPSログまとめて全部表示 - マッピング!」を眺めていて、まだ麦草峠を通ってないことに気が付いた。以前には走ったことがあると思うが、ぬりつぶし地図が空白なのは気にかかる。

これは絶好のチャンスと思い、駆け抜けてきた。

より大きな地図で蔓草マップ を表示

佐久穂町から茅野市へ向かうことになる。早めに帰路に着いたので、明るいうちに通れるかと思ったが、小諸・佐久と道が混み、ナビはスムーズに峠に誘導してくれない。帰り道として、ここを走るのは効率が悪いのだろう。

暗くなってしまった。

街を外れたと思うあたりから、坂がきつくなった。高度がぐんぐんあがる。道は悪くないので、走り難いことはなかった。

険しい峠越えというよりは、大きな山を越えていく感じで、その前後がカーブ連続であったが、上はゆったりと高原を駆け抜けていくようだ。

1264-01.jpg

2,127mのこの地点は、渋峠に次いで国道で2番目に標高の高い場所だそうだ。

暗くなってしまって景色が楽しめないのは残念だが、この一枚が撮れればいいか。

尚、町市の境は、この峠よりもう少し先である。なぜ、そうなのかはわからない。茅野市に入ったところに北八ヶ岳自然休養村の案内があった。

1264-02.jpg

車はほとんど出会わなかった。

夜は、四足の獣が出て、それが危ないそうだ。シカなどは、けっこう大きいのでひいてしまえば、車へのダメージも大きい。シカは、そんな危機に及んで跳びはねる習性があり、シカがフロントガラスに飛び込むこともある。フロントガラス大破となれば、大変なことだ。そんなことを考えると、無用な夜の峠ドライブは止めた方がいいには違いないが。

ま、無事に越えられて、よかった。

茅野の市街にはいると、インター入口は近い。しかし、まだまだ帰る家は遠かった。

1264-03.jpg
nice!(56)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1263清水寺子安三重塔(重文) [和塔]

清水寺にはもうひとつ三重塔がある。子安塔だ。

より大きな地図で蔓草マップ を表示

仁王門からは一番奥の南のはずれにぽつんと建っている。

清水寺三重塔は記憶にあるが、こちらは全く記憶がない。重文の三重塔リストを見ながら、何だっけと気になって仕方ない。

清水の舞台からのこの景色は、それこそ小学生の修学旅行でも見たはずだ。

1263-01.jpg

でも、特別な関心がない、とはそういうことか。

奥の院から南下して、はずれにある高台を登ると、そこに三重塔はあった。

1263-02.jpg

創建年については詳しくわからないようだが聖武天皇、光明皇后の祈願所だったというから奈良時代にはあったのだろう。堂内に子安観音が納められていて、もとは仁王門の左手前付近にあった。

今の塔は明応9年(1500)の再建で、明治44年(1911)に現在地に移されたそうだ。

高さ約15mと小振りな塔で、清水寺三重塔の半分ほどの大きさになる。

1263-03.jpg

1263-04.jpg

小さいながらにもきれいに朱塗りされ均整な姿を見せる。

扁額には「観世音菩薩」とあり右上に小さく「洛陽」左上に「子安」とある。

1263-05.jpg

ちょっと斜めの構図もいい。

1263-06.jpg

そしてアップ。

1263-07.jpg

清水寺は人気スポットで人が多い。しかし、ここ子安塔まで足をのばす人は少ない。また近くに建物がない。心ゆくまで、三重塔を味わった。

ここから清水の舞台や三重塔など見える。こうして清水寺を俯瞰するのも悪くはない。せっかく清水寺に詣でたなら、ここまで来てほしいものだ。

1263-08.jpg
nice!(52)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1262清水寺三重塔(重文) [和塔]

京都東山の清水寺を訪れた。今回は小学校以来の再訪となったが、その最大の目的はこれ、国の重要文化財に指定されている三重塔。

1262-01.jpg

1262-02.jpg

 重要文化財 三重塔

 この塔は、当山ご本尊観世音菩薩の御霊験によって嵯峨天皇の皇子ご誕生あり、承和14年(847)葛井親王が勅命を奉じて創建されたと伝える。
 現在の塔は寛永9年(1632)の再建で、日本最大級の規模をもち、三間四方、高さ29.7mに達す。昭和62年(1987)文化庁の助成をえ、京都府教育委員会に委託して、解体修理、彩色復元の落慶をみた。
 一重内陣の中央に大日如来坐像を安置し、四面の壁に真言八祖像、四天丸柱に密教的な仏画を描き、柱は雲天竜、天井その他は飛天、華型、幾何文様が極彩色で全面荘厳されている。
 なお今回の修理で全重を総丹塗りに戻し、他塔にその類例を見ない、各重の丸桁・台輪・長押などの各種極彩色文様をすべて寛永の昔に復元した。

 一重で見ると、軒下の丸桁の両端は「摩竭魚」中央は「金剛盤に宝珠」中段の大輪の両端は「出八双卍崩円竜」中帯は「向い蝶」下方の長押の両端は「入八双若芽唐草」中帯は「四弁花羯磨繋」の文様になっている。

                      北法相宗 清水寺

------------------------------------------------------------

一重の文様が解説されているが、実に艶やか。

ちょうどの陽の加減がよく、明るく差し込むと、極彩色が映える。

1262-03.jpg

1262-04.jpg

日本最大級の規模というが、その大きさと朱塗りの強烈さに圧倒された。

1262-05.jpg

和塔の木組みの美しさ、均整さ、に惹かれて和塔めぐりに熱を入れている。そんな中での、清水寺三重塔の再訪だ。

何となく三重塔のある景色は記憶にある。和塔のことばかり気にしていたので、本堂の修理のことはすっかり忘れていた。まあ長い歴史の中で、こんな風景もまれなことかもしれない、と気を取りなおす。そして、ああ、やっぱりこの景色だと思って撮ってきた。

ああ、京都だなあという景色のひとつだ。

1262-06.jpg
nice!(42)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1261清水寺の扁額 [扁額]

京都府京都市東山区清水一丁目にある清水寺(きよみずでら)です。

より大きな地図で蔓草マップ を表示

言わずと知れた清水寺ですが、私としては小学校の修学旅行以来になります。

京都には何度も来ましたし、よく歩き回りました。嵐山・嵯峨野から金閣、或いは二条城、或いは平安神宮。こうして思うと、そのことに驚くほどです。

しかし、二年坂から三年坂と、そしてこの清水寺、何と人の多いことでしょうか。人気スポットなんですねぇ。

入口である仁王門の前は人がいっぱいでした。

1261-01.jpg

その見あげた門の中心に扁額が掲げられています。「清水寺」。

1261-02.jpg

ていねいに時間をかけて見学しましたが、今回は割愛させていただいて、あと扁額として心に残った中門の扁額を紹介します。

1261-03.jpg

本堂の手前になります。

作られたのは新しそうですが、力のこもったうねりがなかなかいいですね。

1261-04.jpg
nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1260清水寺門前の扁額たち [扁額]

清水寺を詣でたのですが、それにしても門前は賑やかですね。古くからの暖簾を引き継ぐお店が並び、魅力ある町並みを作っています。ああ、これも扁額だなぁとその看板字に魅入ってしまいました。そんな数々を紹介します。

1260-01.jpg

1260-02.jpg

1260-03.jpg

1260-04.jpg

1260-05.jpg

1260-06.jpg

1260-07.jpg

1260-08.jpg

1260-09.jpg

1260-10.jpg

ここでは八つ橋シューを食べました。
http://mikawanokami.blog.so-net.ne.jp/2017-09-19

1260-11.jpg

1260-12.jpg

1260-13.jpg

1260-14.jpg

1260-15.jpg

1260-16.jpg

1260-17.jpg

全部の扁額を撮ったわけではありませんが、それにしても色々で、扁額のこだわりも面白いものだと、改めて思ういい機会になりました。

さあ、清水寺です。

1260-18.jpg
nice!(54)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1259二寧坂から産寧坂を歩く [重伝建を歩こう]

産寧坂あたりは重伝建地区に指定されている。正式には「京都市産寧坂伝統的建造物群保存地区」というらしい。法観寺から清水寺まで歩いた。

まずは法観寺を出て坂を登り、振り返ったところ。

1259-01.jpg

いかにも京都らしい雰囲気だ。

二寧坂にさしかかる。

1259-02.jpg

1259-03.jpg

1259-04.jpg

坂から見下ろした甍の連なりがいい。青空が似合う。

産寧坂に来た。この坂の方が厳しそうだ。

1259-05.jpg

1259-06.jpg

この産寧坂を通って清水寺を参詣すると安産するそうだ。

観光客のにぎわいが多い。そして、清水の門前に出ると更に人が増えていく。

1259-07.jpg

1259-08.jpg
nice!(60)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行