So-net無料ブログ作成

1132長崎県旧生月町のマンホール [マンホール]

長崎県旧生月町のマンホールです。

1132-01.jpg

町章、「おすい」の後ろに大バエ灯台、町の花ハマユウ、東シナ海の波、生月大橋が描かれたデザインマンホールです。

生月は「いきつき」と読み、生月鯨太左衛門という日本一の巨漢力士の出身地でもあります。(身長2m27、体重169kg、江戸時代の力士)

捕鯨で栄えた生月も近年では過疎の問題に悩まされたようです。2005年に平戸市と合併しました。

生月は1991年生月大橋開通で平戸と結ばれました。有料道路でしたが、2010年に無料開放されています。フェリー航路の廃止など、昭和の生月と現在では大きく変わっているのでしょう。

平戸を島と意識することなく来たのと同じように、生月もあまり島と意識することなく走りました。

それでも、水色に塗られた生月大橋は印象的でした。

1132-02.jpg

1132-03.jpg

1132-04.jpg
nice!(62)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行