So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月| 2017年05月 |- ブログトップ
前の10件 | -

1140伊王島灯台 [灯台]

伊王島灯台にも行ってきた。歴史ある灯台で、景勝地にあり、ここもお勧めしたい灯台のひとつだ。

より大きな地図蔓草マップ を表示

こちらも島の先端にある。もっとも、立派な橋がかかっていて、ここでも島をあまり意識することなく訪れることができる。

島の先端ともなると、いつしか交通量は減る。もうそろそろ到着かと思う地点でこんな看板が出ていた。

1140-01.jpg

この分岐からはあとは一本道なのだが、実はまだ進める。灯台周囲は公園になっているのだが、その入口に駐車場はある。紛らわしい案内だ。

入口からは下って灯台に向かうことになる。

正面に小さく灯台が見える。知っている人にとっては感動的なシーンだと思う。高倉健さんの最後の映画になった「あなたへ」、ここがロケ地なのである。

1140-02.jpg

ようやく到着だ。

1140-03.jpg

1140-04.jpg

市指定名勝 伊王島灯台公園

  指定年月日  平成17年8月22日
  所 在 地  長崎県伊王島町1丁目
  所 有 者  長崎市

 伊王島灯台公園の一帯は、伊王島灯台をはじめ、旧吏員退息所など灯台関連や江戸時代の台場跡等の遺構が多くある。そこからの眺めは、明治時代に灯台が設置された頃を彷彿とさせ、かつ周辺の景観も含めて秀逸である。
 この伊王島灯台は慶応2年(1866)に米・英・仏・蘭の四カ国と改税約書(江戸条約)を結んだ時に全国8ヶ所に設置された灯台の一つである。明治3年(1870)に、明治政府のお雇い外国人R・H ブラントン設計により、鉄造六角形の第一等不動灯として建設され、鉄造洋式灯台では日本で初めての構造物であった。
 昭和20年(1945)原子爆弾の爆風により塔部がゆがみ、現在の鉄筋コンクリート四角形に改築されたが、上部は明治4年(1871)当時のものである。昭和46年(1971)無人灯台となり、自動装置に切り替えられている。

  長崎市教育委員会(平成29年設置)

------------------------------------------------------------

灯台はあまり高くない。高さ11.5m、ずんぐりとしている。四角くて頑丈な様子だ。

1140-05.jpg

1140-06.jpg

改築により場所を隣に移動させたのだが、もとの位置には基礎石組が残っている。きれいにはめ込まれた石組。しかしこれは明治4年に灯台が建てられる前からあったそうで、江戸時代末には鉄造りの灯台があったそうだ。だから、この石組はその当時のものである。

明治の文明開化で突然始まったのじゃない、既にその前から前段階の技術はあったのだと思うと、感動する。

1140-07.jpg

この灯台の前には真鼻台場があったという。

1140-08.jpg

遺構らしいものもなく、情報不足でよくわからないが、この平場が何か関係するのだろう。

この地が、船舶の航行を抑える拠点として重要だった。

1140-09.jpg

先に展望台があった。

海まではまだかなりある。高台なのだ。

1140-10.jpg

ずんぐりとした灯台ではあるが、海から見れば充分高い。

(海面から灯りの高さは64.4m。)

1140-11.jpg

西の日没は遅いが、もう直に陽が沈む。

晴れていたと思ったが、意外と薄い雲が出ていて、夕陽はにじむようだった。

1140-12.jpg
nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1139樺島灯台 [灯台]

長崎市の南、かつては野母埼灯台と呼ばれていた樺島灯台を訪れました。

より大きな地図蔓草マップ を表示

南に伸びる野母崎半島の先は野母崎ですが、この灯台はそこではなく樺島の南端にあります。正確には野母崎にはないので、樺島灯台となったのでしょう。しかし、野母崎の南端を目指して走って、結果、橋を渡って行き着く最果てにあるのが樺島灯台です。端っこまで踏破したい、そんな方へは魅力的なポイントだと思います。

樺島大橋を渡って、港のある集落を過ぎると、道は急に狭まります。離合不可の細い道になるので、大丈夫かと不安になります。が、目指す突端が見えると、ちょっとは元気がでるでしょうか。ちょこっと灯台の先端が見えます。

1139-01.jpg

そんな道が続くので、運転は慎重に気をつけましょう。灯台への道はほぼ一本道で案内もあります。が、途中はともかくたどり着くとけっこう広い駐車場で車も何台も停まっていました。それなりに、観光地なんですね。

1139-02.jpg

灯台付近は、園地になっており、整備されています。好天にもめぐまれ、気持ちのいい景色でした。

1139-03.jpg

1139-04.jpg

1139-05.jpg

灯台の先には展望台もあります。

1139-06.jpg

そしてその先にも展望台があります。階段215段、徒歩5分ですので足をのばしてみるのもいいですね。

1139-07.jpg

海は青く、きれいで暫しのんびり眺めてきました。

1139-08.jpg

灯台の横には資料館もあります。長崎の灯台の写真が飾られていました。

日本の灯台50選をひとつの目安にまわっているのですが、樺島灯台は選ばれてないのですね。少し残念です。もっとも、長崎県からは五島の大瀬埼灯台と女島灯台が選ばれています。これらの灯台に比べられたら仕方ないか、というところでもありますが。

大瀬埼灯台は五島の福江島にあります。女島灯台に至っては、そこから更に南西80km沖にある男女群島の女島にあります。ここまで行ってみたいものですが、難易度が高すぎです。

1139-09.jpg

青空と海と白亜の灯台楽しみました。

帰り道、車と出会わない様に、そう思いながら後にしました。

1139-10.jpg
nice!(53)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1138大バエ灯台 [灯台]

長崎県と言えば、入り組んだ海岸線と海。灯台にも期待して回ってきました。

生月島の北端にある大バエ灯台です。

より大きな地図蔓草マップ を表示

平戸島から、またその先の生月島ということもあって、端っこまで来たなぁと感じました。集落を外れると、いよいよです。

丘の下に大きな駐車場がありますが、更に進めます。丘を登った灯台近くの駐車場に車を入れます。ここから歩いて直です。

1138-01.jpg

夕暮れ時です。

灯台は白亜の無人灯台で大きなものではありません。が、展望台とセットになっており、眺望を楽しむにはうってつけの場所です。

左手には夕陽を受けた断崖が見えます。その荒々しさが、突端まで来たことを思わせてくれます。

1138-02.jpg

夕陽がとてもきれいでした。

1138-03.jpg

あたりはちょっとした園地になっていて、のんびりと時間を過ごすにはいいところです。

詩碑がありました。

  渡り鳥 殉教の島 綴りゆく  春郎

とあります。説明もなく春郎が誰かもわからず困惑しましたが、心に残る句です。あとで調べてみると、水原秋桜子の子供さんだそうです。

詩人として、こんな詩碑がひとつ残せたら充分ですよね。

1138-04.jpg

夕陽がいい感じで沈んでいきます。

ただ、ここで日没して暗くなると後行程が大変になると思い、そこそこで離脱しました。

1138-05.jpg
nice!(57)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1137日本100名城スタンプ平戸城 [100名城スタンプ]

長崎県には100名城に選ばれた城が2つあります。昨日紹介した島原城と平戸城です。大村城で地元の方とお話をした時、こんな城を見るより、島原か平戸に行かないと言われました。やはり、長崎ではこの2城の知名度は高いのでしょう。

前回訪れた時は、夕暮れ時でバタバタの駆足でした。今回は、じっくりと見学することができてよかったです。

1137-01.jpg

1962(昭和37)年に復元された天守ですが、青空のせいかとてもきれいに見えました。100名城スタンプはここ1階の受付に置かれています。

1137-02.jpg

デザインされているのは、搦手門の北虎口門です。狸櫓と地蔵坂櫓の間にある門で、レストハウス前の駐車場から上がってくると最初の玄関口になるところです。

この門と狸櫓は現存建物で、天守閣でなくここを取り上げたスタンプはいいですね。

1137-03.jpg

平戸は観光地で、市街地も人が多く、見所の多いところです。それなりに時間をとって、ゆっくり回られるといいです。

平戸城は、そんな散策時にも見あげると遠景に収まっていて、平戸のシンボルになっていると思いました。

1137-04.jpg
nice!(52)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1136日本100名城スタンプ島原城 [100名城スタンプ]

このシリーズを更新するのが約1年ぶりになってしまった。100名城と縁が薄くなったものだなぁと驚いてしまう。しかし、それにしてもこの島原城にしても懐かしい城だ。調べたら訪城は29年ぶりだった。

1136-01.jpg

破風のない独立式層塔型の天守は近くで見ると迫力がある。

夏の暑い日この本丸に車を停めて天守を仰ぎ見たものだ。何も変わっていない。

1136-02.jpg

復元天守に入ると入館券発売所があり、スタンプはそこにある。

そこには100名城の認定書も飾られていた。

1136-03.jpg

押印も久しぶりだ。今回はきれいに押印できて満足している。

1136-04.jpg
nice!(46)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1135佐賀県唐津市のマンホール [マンホール]

佐賀唐津市のマンホールです。

1135-01.jpg

市の木マツが勇壮に描かれています。海は、玄界灘でしょう。

唐津には日本三大松原である虹の松原があります。海岸線に4.5kmにも及ぶ松並が続く景色は、日本の白砂青松100選、日本の渚百選、かおり風景100選、日本の道100選にも選ばれています。

今回、唐津は素通りでした。きれいなマンホール画像がとれたのはラッキーでした。

以前、唐津に来たのはもう30年近く前になります。唐津城の写真スキャンしたものです。あの頃はあの頃で懸命に写真を撮っていたのですが、今から見ると稚拙できたなくてうんざりしてしまいます。もっと撮れば良かった、と思うことも多いし、もう一度撮り直さないと、と思うことも多いです。けど、できれば違うところも行きたい。

また唐津を訪れるのはいつの日かな。

1135-02.jpg
nice!(43)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1134佐賀県旧呼子町のマンホール [マンホール]

佐賀県旧呼子町のマンホールです。

1134-01.jpg

加部島にかかる呼子大橋と玄界灘の波が描かれています。海の中には、イカとさかな、左にはサザエ、右には玉葱でしょうか。朝市に並ぶ物産の数々です。

「歓迎朝市通り」とあり「よぶこ」と入ってます。呼子をよぶこと読むことを知りました。(勝手によびこと読んでいた。)

呼子は混んでいました。以前も訪問したことがあるのですが、今はこんなに混んでいるのかと驚きました。イカ人気だそうです。

やっと呼子台場みなとプラザの駐車場に車を停めたのに、食事ができるお店は超満員、3、4時間待ちと言います。仕方ないので、売店で寿司とイカ天を買って食べました。

1134-02.jpg

何とも冴えない限りですが、それでもイカ天はぷりぷりで美味しかったです。

目の前の呼子大橋を眺めながら、いい旅だったと締めくくることにしました。

1134-03.jpg
nice!(52)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1133佐賀県伊万里市のマンホール [マンホール]

佐賀伊万里市のマンホールです。

1133-01.jpg

江戸時代、肥前で焼かれた磁気の積出港として栄えた伊万里です。その様子が描かれたデザインマンホールです。

その陶磁器は伊万里焼として長崎出島を経由してヨーロッパまで広がりました。圧倒的な知名度を誇る伊万里焼の出発点がここです。

1133-02.jpg

1133-03.jpg

伊万里川河口付近はその港でした。

相生橋には伊万里焼が飾られていました。

1133-04.jpg

1133-05.jpg

1133-06.jpg
nice!(57)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1132長崎県旧生月町のマンホール [マンホール]

長崎県旧生月町のマンホールです。

1132-01.jpg

町章、「おすい」の後ろに大バエ灯台、町の花ハマユウ、東シナ海の波、生月大橋が描かれたデザインマンホールです。

生月は「いきつき」と読み、生月鯨太左衛門という日本一の巨漢力士の出身地でもあります。(身長2m27、体重169kg、江戸時代の力士)

捕鯨で栄えた生月も近年では過疎の問題に悩まされたようです。2005年に平戸市と合併しました。

生月は1991年生月大橋開通で平戸と結ばれました。有料道路でしたが、2010年に無料開放されています。フェリー航路の廃止など、昭和の生月と現在では大きく変わっているのでしょう。

平戸を島と意識することなく来たのと同じように、生月もあまり島と意識することなく走りました。

それでも、水色に塗られた生月大橋は印象的でした。

1132-02.jpg

1132-03.jpg

1132-04.jpg
nice!(61)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1131長崎県旧江迎町のマンホール [マンホール]

長崎県旧江迎町のマンホールです。

1131-01.jpg

町の花スイセンが散りばめられています。四角い枠の様な格子のような模様は何かを表しているようにも思えますが、わかりません。

中心は町章です。「エムカエ」と読めます。何やら「カ」は町の活力、両方の「エ」は翼の形を表しているそうですが、デザインとはいろいろ意味を持たせるものなんですね。

ローカル線の潜竜ヶ滝駅で撮りました。

最初ここが駅とは気が付きませんでした。駐車場と何か公園のようなものが併設されているのかなと思いました。

1131-02.jpg

違います。駅なんですね。松浦鉄道西九州線なのだそうです。

無人駅のホームに出てみました。私は鉄道とは縁の遠い人になってしまいましたが、それでも、こうした風景は旅情が湧きますね。好きです。

1131-03.jpg

1131-04.jpg
nice!(64)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -
2017年04月|2017年05月 |- ブログトップ