So-net無料ブログ作成

1086滝城 [岡崎の城をめぐる]

岡崎市滝町。


より大きな地図で 岡崎の城 を表示

滝に中世城があった。滝脇松平の3代乗孝が築城し、その子乗吉が居城としたらしい。詳細はわからない。

滝には滝山寺という古刹がある。天武天皇の御世に創建された1300年の歴史を刻む、かつての大寺院である。滝山寺のある地域に、中世城などが入り込む余地があったのかと、ちょっといぶかしく思う。

天台宗の寺だから、比叡山みたいに武装化していたのだろうか。用心棒的に付近に城を築いたのだろうか。それを、松平氏の庶流である滝脇松平3代乗孝が買って出たというところなのか、そんなふうに想像してみた。

ある話によると、手前の青木川の向こうの日陰地区に滝城はあったらしい。滝脇松平の城も(別の)日陰町にあるから、同じ日陰の地名で、ひょっとするとそうかもと思った。

ただ、城の遺構も雰囲気も何も残ってない。

かつての大寺院も今はわずかな建物があるばかりだ。

国の重要文化財に指定されている本堂。県内最古の建物だ。

1086-01.jpg

近くには5代将軍綱吉寄進の鐘堂がある。

1086-02.jpg

また隣接して滝山東照宮がある。小さな社ではあるが、3大東照宮に数えられる。

1086-03.jpg

そして、少し離れたところに三門がある。

城からは離れるが、伝統文化を感じるよいところである。

1086-04.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(61)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行