So-net無料ブログ作成

1115発見!ニッポン城めぐり静岡編(2)

昨日に引き続き静岡のお城のリアルコンプリート画像です。どうぞ。


三岳城(浜松市)

1115-01.jpg

井伊谷城(浜松市)

1115-02.jpg

田沢城(浜松市)

1115-03.jpg

刑部城(浜松市)

1115-04.jpg

宇津山城(湖西市)

1115-05.jpg

花沢城(焼津市)

1115-06.jpg

網代城(熱海市)

1115-07.jpg

勝間田城(牧之原市)

1115-08.jpg

相良城(牧之原市)

1115-09.jpg

匂坂城(磐田市)

1115-10.jpg

中泉陣屋(磐田市)

1115-11.jpg

社山城( 磐田市)

1115-12.jpg

菊川城館(菊川市)

1115-13.jpg

黒田代官屋敷(菊川市)

1115-14.jpg

田中城(藤枝市)

1115-15.jpg

花倉城(藤枝市)

1115-16.jpg

久野城(袋井市)

1115-17.jpg

馬伏塚城(袋井市)

1115-18.jpg

葛山城(裾野市)

1115-19.jpg

安良里城(賀茂郡)

1115-20.jpg

蒲原城(静岡市)

1115-21.jpg

駿府城(静岡市)

1115-22.jpg

賤機山城(静岡市)

1115-23.jpg

安倍城(静岡市)

1115-24.jpg

奥池ヶ谷城(静岡市)

1115-25.jpg

瀬名館(静岡市)

1115-26.jpg

久能山城(静岡市)

1115-27.jpg

持船城(静岡市)

1115-28.jpg

丸子城(静岡市)

1115-29.jpg

庵原山城(静岡市)

1115-30.jpg

小島陣屋(静岡市)

1115-31.jpg

江尻城(静岡市)

1115-32.jpg

戸倉城(駿東郡)

1115-33.jpg

泉頭城(駿東郡)

1115-34.jpg

長久保城(駿東郡)

1115-35.jpg

まとめは楽しいけれど、ついついやっかいで後回しになってしまう。やっと、画像を整理することができた。

次はどこになるだろう。滋賀か長野か富山、そんなところが近そうだ。でも、ちょっと道のりは険しそう。

静岡県でもかわいそうなことに改変によりポイントから外れてしまった城がある。島田市の志都呂城だ。最後に志都呂城の画像を貼って締めくくろう。

1115-36.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(52)  コメント(0) 

1114発見!ニッポン城めぐり静岡編(1)

「発見!ニッポン城めぐり」のリアルコンプシリーズ!

0925発見!ニッポン城めぐり愛知編(1)
http://mikawanokami.blog.so-net.ne.jp/2016-10-22
0926発見!ニッポン城めぐり愛知編(2)
http://mikawanokami.blog.so-net.ne.jp/2016-10-23
1009発見!ニッポン城めぐり岐阜編
http://mikawanokami.blog.so-net.ne.jp/2017-01-14
1072発見!ニッポン城めぐり三重編
http://mikawanokami.blog.so-net.ne.jp/2017-03-18

愛知・岐阜・三重に引き続き、静岡もリアルコンプした。

私としては、隣県のなかでも静岡が身近であり、愛知の次に静岡の訪城が多いところであるが、意外なことに4番目になってしまった。お城めぐりを始めた当初は静岡への遠征も多かったが、最近は今更静岡なんて、という気分になってしまい、デジカメの画像など、意外と揃ってない。もう少し、静岡を見直さないと、そんな反省をしているところである。

静岡もなかなかいいお城がありますよ。そんなところで、まずは前半の35城をどうぞ。


山中城(三島市)

1114-01.jpg

下田城(下田市)

1114-02.jpg

鎌田城(伊東市)

1114-03.jpg

韮山城(伊豆の国市)

1114-04.jpg

韮山代官所(伊豆の国市)

1114-05.jpg

丸山城(伊豆市)

1114-06.jpg

狩野城(伊豆市)

1114-07.jpg

飯田城(周智郡)

1114-08.jpg

天方城(周智郡)

1114-09.jpg

大宮城(富士宮市)

1114-10.jpg

善得寺城(富士市)

1114-11.jpg

間門城(富士市)

1114-12.jpg

犬間城(島田市)

1114-13.jpg

諏訪原城(島田市)

1114-14.jpg

朝比奈城(御前崎市)

1114-15.jpg

深沢城(御殿場市)

1114-16.jpg

掛川城(掛川市)

1114-17.jpg

高天神城(掛川市)

1114-18.jpg

横須賀城(掛川市)

1114-19.jpg

小長井城(榛原郡)

1114-20.jpg

小山城(榛原郡)

1114-21.jpg

興国寺城(沼津市)

1114-22.jpg

沼津城(沼津市)

1114-23.jpg

長浜城(沼津市)

1114-24.jpg

浜松城(浜松市)

1114-25.jpg

堀江城(浜松市)

1114-26.jpg

頭陀寺城(浜松市)

1114-27.jpg

米津台場(浜松市)

1114-28.jpg

二俣城(浜松市)

1114-29.jpg

鳥羽山城(浜松市)

1114-30.jpg

大平城(浜松市)

1114-31.jpg

犬居城(浜松市)

1114-32.jpg

高根城(浜松市)

1114-33.jpg

中日向城(浜松市)

1114-34.jpg

千頭峯城(浜松市)

1114-35.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(51)  コメント(0) 

1113御前原城(栃木県) [城印象記]

栃木県矢板市早川町御前原の御前原城を紹介します。

より大きな地図で蔓草マップ を表示

シャープの工場が並ぶ中心に公園があります。それが、こちら御前原城です。

1113-01.jpg

ちょうど桜が満開でした。

方形の土塁と空堀がよく残ります。

晴れ渡った空と朝の光、最高の気分を味わいました。

1113-02.jpg

1113-03.jpg

1113-04.jpg

内側の土塁と空堀、それから外も土塁があるようで、二重の土塁のようです。

堀底から土塁までは5m弱の高さがあります。

1113-05.jpg

東側に見えます。よくぞこの御前原城を残してくれたと思います。日曜の朝なので工場に囲まれた御前原城は静かです。平日などは、周囲の癒しの空間になっていることでしょう。

1113-06.jpg

東側には何もなかったのですが、南側には虎口があったようです。

1113-07.jpg

そして、その外側には曲輪のような空間があります。枡形のような防衛的なものがあったのでしょうか。遺構から正確には読み取り辛いですが、それらしいものを感じます。

御前原城の大手口は南側だったと思われます。

反対の北側の虎口です。内側から見たところです。

1113-08.jpg

最初の画像の内側からになります。

今ではすっかり正面の入り口になっていますが、後世、土橋状に埋め立てて作られたようです。公園とした残された時にこのように整備されたのでしょう。車1台が通れる幅があり、入ったところが駐車場になっています。

往時は搦め手になり、虎口があり、何らかの形になっていたと思われますが、よくわかりません。

1113-09.jpg

入った正面、中心地(やや北より)に祠があります。麻疹地蔵堂です。

このあたりに居館がありました。往時は庭園もあったようです。

区切りの土塁です。

1113-10.jpg

郭内は広く(東西177m南北188m)、このように機能に応じて区切って利用していたのでしょう。

それにしても桜がいいですね。

1113-11.jpg

南東隅です。四周を囲む土塁の隅は、特別広くなっておらず、隅櫓のようなものは建てられてないようでした。

1113-12.jpg

東側には虎口と土橋が残っています。これこそ、本来の形でしょう。

1113-13.jpg

南、東、北に虎口があったわけで、四周を囲む二重の土塁と空堀、特に折れはなく、また櫓台となるような土壇もなく、素朴な形でのお城でしたが、かなりの広さがあり、往時、さらに周囲にも城郭遺構があったと思うと、なかなかなものと感じいってきました。

そして何よりも桜がよかった。青空と朝日と桜が最高でした!

1113-14.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(52)  コメント(0) 

1112ともなりそば処信生庵の大根そば [グルメ]

川崎城近くのともなりそば処信生庵に入りました。

1112-01.jpg

こちらの「ともなり」と言うのは、川崎城を築城した塩谷朝業からきています。下野宇都宮氏の生まれで塩谷氏に養子としてはいり、宇都宮氏の勢力保持にも貢献した朝業でしたが、後年出家し信生法師と名乗りました。

矢板市のゆるキャラ「ともなりくん」も、この塩谷朝業からきているのでしょう。塩谷朝業、人気あります。

1112-02.jpg

私が注文したのはこちらの大根そばです。そばと大根って相性いいですよね。そんな理由で選びました。

1112-03.jpg

大根が山盛りです。そばは本格的で、いけます。リーズナブルでなかなかいいですね。さっぱりとしていて、つるつるっといけました。

おかわりが欲しいくらいでした。ごちそうさま。

1112-04.jpg

より大きな地図で蔓草マップ を表示

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(61)  コメント(0) 

1111発見!ニッポン城めぐり2100城攻略

「発見!ニッポン城めぐり」の攻城数が2100城を越えました。現在2106城の攻略です。7割を越えました。

1111-01.jpg

1111-02.jpg

1111-03.jpg

あまりゲームとして遊んでないのでメイン画像も変化がありません。

しかし、そんな「発見!ニッポン城めぐり」ですが、アプリとしては進歩しています。お城のデータベースとしての存在価値はどんどん高まっていますし、旅に役立つグッズになっています。

ゲームで地図上に赤・黄・青のアイコンでお城が表示されるのですが、攻略範囲の狭い赤は是非訪れたいお城でもあります。

今回川崎城や御前原城を訪れたのも、赤アイコンで示されたゲーム情報によるものです。今回は旅の準備が充分できず、かなり出たところ勝負のようなドライブでしたが、楽しくかつ充実したお城めぐりになりました。「発見!ニッポン城めぐり」のお陰ですね。

城の場所が確認できる、データは見れる、そしてゲームで遊べれる訳です。

最近知ったのですが、「全国攻略状況マップ」という画面もできたのですね。

1111-04.jpg

この猛烈なマッピングのマップ、すごいですよね。3000城が全て攻略・未攻略で色分けされて掲載されているようです。

もちろん拡大していけば、ちゃんと1つ1つの城もわかります。

こんな具合に、とりこぼしも確認できたりします。

1111-05.jpg

もう余計な城めぐりマッピングもデータ揃えも要らないのではと思えるほどです。めまいがしそうなくらいの衝撃でした。

現在、「発見!ニッポン城めぐり」の未攻略都道府県は4ヶ所あります。北海道・沖縄と九州の長崎・宮崎です。そんな、まだまだ感のある九州の地図を眺めながら、今度のGWは長崎に行こう!と思いを固めているこの頃です。

1111-06.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(56)  コメント(0) 

1110曽我城(神奈川県) [城印象記]

神奈川県小田原市曽我谷津の曽我城を紹介します。

より大きな地図で蔓草マップ を表示

曽我氏の居館跡ということで、まあ有名そうなので行けばわかるだろうとタカをくくって訪れました。が凡そこのあたりだろうと思いながらも、案内は見つからず、彷徨ってしまいました。

路地は細く、車が停められません。簡単に済まそうとしたのまずかったのでしょう。やっぱり車を停めて歩いた方がよかろうと、下曽我駐在所奥の駐車場に入れます。入れて気付いたのですが、ここが城前寺の駐車場でした。

城前寺を訪れます。

説明板には「曽我城の大手前にあるのでこの名がある」とあります。

1110-01.jpg

そして本堂の奥には曽我氏の墓があります。

曽我太郎祐信、満江御前、曽我十郎・五郎兄弟の墓と伝わる五輪塔です。実はこの下の墳丘が曽我城の土塁の一部だということです。

1110-02.jpg

そして、館碑はここより東100mの地点です。見つからず、あたりをぐるぐる歩いてしまいましたが、地元の方に聞いてやっとたどり着きました。

1110-03.jpg

何とか暗くなる前にたどり着きました。カメラに収めてほっと一息です。

でも、おかげてあたりの地形がよくわかりました。穏やかな丘陵地で、城の遺構と思われるものは何もありませんが、居館を構えるのにいい場所でしょう。

しかし、やっぱりきちんと調べないといかんなと反省した次第です。

ふと、気が緩んで、ちょっとポケモンGOでもとアプリを立ち上げたら、曽我城がポケストップになってました。あー、こんな探し方も出来たんだ! 気が付かなかった、と一本取られた気分でした。

やっぱり、曽我城は有名スポットなんですよね。

1110-04.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(62)  コメント(0) 

1109福島県白河市のマンホール [マンホール]

福島県白河市のマンホールです。

1109-01.jpg

白河小峰城の三重櫓が描かれています。1991年に三重櫓が復元されたのをきっかけにデザインマンホールが作られたそうです。

上は空と思いましたが、よく見るとそうではなく、国指定史である南湖の風景でした。南湖は白河藩主松平定信が造成したもので、日本で最初の公園と呼ばれています。「士民共楽」という思想を掲げ、開放された庭園だったそうです。

夕暮れ時に、白河を通り過ぎました。

震災の被害もまだあり、時間も18時をまわっていたので近くには寄れないようでしたが、北側の堀から見上げる姿もまたいいものですね。

1109-02.jpg

白河市ではもうひとつデザインマンホールを撮ってきました。

旧表郷村のものです。

村の鳥ホオジロ、村の花フクジュソウ、村の木アカマツ、が描かれています。が、中心には白河市の「白」の字を図案化した白河市の市章が入っていました。

(白河市の鳥もホオジロ、市の木もアカマツです。市の花はウメですが。)

2005年11月に、東村・大信村といっしょに新しい白河市になりました。

白河市の市章に敬意を表して、ここは白河市のマンホールということでUPします。

1109-03.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(63)  コメント(0) 

1108福島県棚倉町のマンホール [マンホール]

福島県棚倉町のマンホールです。

1108-01.jpg

これは意表を突くデザインでした。北緯37度の町だそうです。

ともすれば、棚倉ってどこにあるの? と言われそうな田舎町(失礼)が、世界規模の話なので面食らいました。でも、いいですね。気持ちを大きく持って、雄飛する若者がいっぱい現れるといいですね。

ちなみに、棚倉町は同じ北緯37度に位置するスパルタ(ギリシャ)と友好都市になっているそうです。

1108-02.jpg

棚倉町は訪れてみたい町でしたが、今回訪れるまで「たなぐら」と読むことに気付いていませんでした。

棚倉には棚倉城があります。藩主がよく入れ替わったところでもありますが、幕末の阿部家は10万石を領していました。土の城ではありますが、四方を囲む土塁・水堀が残されています。城址公園になっています。

10万石棚倉城まつりが開かれていました。のどかな賑やかさが良かったです。

1108-03.jpg

1108-04.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(54)  コメント(0) 

1107栃木県矢板市のマンホール [マンホール]

栃木県矢板市のマンホールです。

1107-01.jpg

市の木ナツツバキ、市の花レンゲツツジ、市の鳥キジバトが描かれています。後ろの山並みは高原山でしょうか。

矢板という地名は高速自動車道で知りました。漠然とした印象では、よく渋滞の関係で耳にしたような気がします。ここから関東で、ここから混みはじめる、そんな印象です。

通過するばかりの矢板でしたが、ここに来るとは思いませんでした。

人口3万ほどの静かな地方都市です。

市役所ののまわりにいろいろな文化施設が建っていました。道の駅もありました。

1107-02.jpg

1107-03.jpg

1107-04.jpg

内川沿いのソメイヨシノは満開でした。

1107-05.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(57)  コメント(0) 

1106栃木県旧黒羽町のマンホール [マンホール]

栃木県旧黒羽町のマンホールです。

1106-01.jpg

町の木スギ、町の鳥ウグイス、町の花ヤマユリが描かれ、右上に町章が入っています。オーソドックスなデザインで、また全体にもしっくりと馴染んでいます。

黒羽は2005年湯津上村といっしょに大田原市に編入されました。

黒羽といえば、松尾芭蕉の奥の細道でも出てきますが、私にとってはまずは黒羽城でしょうか。訊ねたのを調べたら94年のことでした。

1106-02.jpg

公園になって残されていますが、様子は変わっているでしょうか。

もっとも黒羽町の位置に記憶がなく、突如ナビの情報に現れ、こんなところに黒羽があったのか、と気付いた次第です。

マンホールは、通りすがりの道で撮りました。今回は黒羽城はスルーです。

1106-03.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(59)  コメント(0)