So-net無料ブログ作成

1054矢場とんのみそかつ [グルメ]

矢場とんのみつかつをいただきました。初矢場とんです。

1054-01.jpg

矢場とん栄セントライズ店です。

愛知県の人だからといって、矢場とんとか山本屋の味噌煮込みうどんとか、きしめんとか櫃まぶしを味わっているわけではありません。いずれも尾張名古屋のものでして、三河人である私にとって、別と言えば別なのです。しかし、今になって初めてというのも奇特な人かもしれません。

新しくできた岡崎SAで、矢場とんの大行列を見て、今そんなに人気があるのか、一度食してみないとと思ったのがきっかけです。

たまたま名古屋栄に用事があって、いい機会だったので、ここぞとばかりに行ってきました。

1054-02.jpg

お店で一番人気というわらじとんかつです。二種類のソース、奥がみそだれで手前がソース味です。

こちらはみそかつ丼です。プラスでネギのトッピングを頼みました。

豚肉にネギって合いますよね。(チャーシューにネギで実感してます。)

1054-03.jpg

みそかつ事体は、特別なものでもはありません。(もっとも、愛知県人が何でもみそかけて食べているということはありませんので、誤解のないように。)

特別な味ではありませんが、お肉が厚くて、やわらかくて美味しかったです。とんかつはボリュームあって、パワーがつきますよね。

1054-04.jpg

矢場とんの小物があって、お店がきれいでおしゃれだなと思いました。とんかつ屋というと、もっときたなくて、大衆食堂というイメージがあるのですが、まったく違いますね。伝統の味を受け継ぎつつ、新しいおしゃれさが受けているのでしょうか。

また機会があれば、食べに行きたいです。

1054-05.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村

グルメ ブログランキングへ
nice!(55)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1053山口県防府市のマンホール [マンホール]

山口県防府市のマンホールです。

1053-01.jpg

切り立った花崗岩がむき出している右田ヶ岳をバックに、佐波川のアユ、手前には天然記念物に指定されているエヒメアヤメが描かれている。そして「美しい自然」「ほうふ」とあり、まさに防府市の豊かな自然を思い出させるデザインマンホールです。

防府へは敷山城を訪ねました。城といっても、もとは山岳寺院で、そこを拠点に立て籠もり、戦ったというお城です。

碑があります。

1053-02.jpg

ほどよい曲輪のような場所が見受けられます。

上からは、防府市街が望めます。海も見えます。幕末の志士でも話にのぼる三田尻は、あのあたりでしょうか。

1053-03.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(60)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1052山口県旧大和町のマンホール [マンホール]

山口県旧大和町のマンホールです。

1052-01.jpg

アジサイと旧伊藤博文邸、伊東公記念館が描かれています。伊藤博文が実は旧大和町生まれであることを知りました。松下村塾のことなどから、萩で生まれ育ったものと思い込んでいました。

旧大和町には石城山神籠石を訪ねました。古代の山城跡です。

大きな切石が一列に並ぶ遺構は異様です。

1052-02.jpg

水門にみる石垣は、なかなかのものです。

1052-03.jpg

また近くにある石城神社の本殿は国の重要文化財に指定されています。

1052-04.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(57)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1051山口県山口市のマンホール [マンホール]

山口県山口市のマンホールです。

1051-01.jpg

山口の七夕ちょうちんまつりが描かれています。これは色がありませんが、ちょうちんに赤が彩色されたものもあるようです。日本3大火祭りのひとつだそうですから、ちょうちんの火も相当なものでしょうね。

県庁所在地である山口市。県庁所在地の人口としては、全国47か所の最下位争いに上がってしまうほど静かな市ですが、山口市の本領は歴史的な都市ということでしょうか。

こちらはサビエル像と山口サビエル記念聖堂です。

1051-02.jpg

1051-03.jpg

また、山口を本拠とし、最初に繁栄させたのが大内弘世ですが、その大内弘世の騎馬像もあります。

1051-04.jpg

こちらは毛利敬親の騎馬像です。ゆっくり散策するにはよい町です。

1051-05.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(59)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1050愛知県豊田市足助地区のマンホール [マンホール]

愛知県豊田市足助地区のマンホールです。

1050-01.jpg

偶然、見かけました。足助にデザインマンホールがあることを知りませんでした。2005年に豊田市に編入したのですが、公募して決定したのが2010年ということで、豊田市になってから地区のデザインマンホールを導入されたようです。足助、頑張っていますね。

「あすけ」と大きな文字が入ってますが、中央に香嵐渓にかかる待月橋、紅葉があり、左端には五平餅、右上には和紙と竹籠で作られた行灯のたんころりんが描かれています。足助の観光PR満載のマンホールです。

当時小学校6年生の女の子作品だそうです。

まだまだ足助に素晴らしいものがありますよ、ということで復元された足助城の写真を貼ります。真弓山の頂上です。中世山城のこのような復元は珍しい、というか時代の先駆けになりました。1993年の開城です。

1050-02.jpg

1050-03.jpg

1050-04.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(51)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1049久木城(愛知県) [城印象記]

愛知県豊田市(旧足助町)久木町日向の久木城を紹介します。

1049-01.jpg

国道153号線を北上、足助の町を過ぎて、モグモグキッチンのある交差点を左折します。久木町に入ります。800mほど進んだあたりから右手に登りました。

1049-02.jpg

この電柱のあるあたりからです。道路の反対側のところに停めさせていただきました。

ここを登ります。

1049-03.jpg

しばらく登った三叉路を左に行くと城です。

1049-04.jpg

城は舌状尾根の先端という部分です。ちょうどこの上は墓地になっていますが、曲輪の一部らしいです。後世の改変も著しいことでしょうが、そう考えると、右の堀底道の様なところは、もとは堀切だったかもしれません。

1049-05.jpg

左に行ったその先にもお墓があります。そのため、道は整備されているので助かります。お墓の奥は薮ってますが、お城の中心部分でしょう。

城主のお墓があります。

1049-06.jpg

城主は、平氏の支流で筑前から来た原田氏。久木原田氏初代は藤左衛門種友というそうです。この方は、徳川家康に従い、三方ヶ原の戦いで討ち死にしました。二代は藤左衛門種吉・三代は藤左衛門種成です。

ただ、お墓を見ただけではどなたのものか判別はできませんでした。

その先は削平されています。曲輪としてみると割と広いです。

先端部分をみると主郭らしさを感じます。

1049-07.jpg

道路との比高は40mほどです。

周囲には土塁はありません。

先端部分からみると腰曲輪っぽい部部もありましたが、どうでしょう。

1049-08.jpg

城郭遺構として見るには物足りない限りですが、立地の加減といい一応城としてみれるかな、というところでしょうか。

城主のお墓が印象に残りました。



にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(53)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1048宮石城 [岡崎の城をめぐる]

岡崎市宮石町小屋野。


より大きな地図で 岡崎の城 を表示

案内は何もない。だからわかり難いかもしれない。市内方面から行くと県道338号を鋭角に曲がる小道がある。そこを登る。

1048-01.jpg

そこが私有地なのかもしれないが、空地になっている隅に車は停めさせてもらった。

2階屋の新しいが人気のない建物があり、その向かいあたりから登る。

以前訪れた時は、もっときれいになっていたが今は荒れていた。

1048-02.jpg

その道を少し登った右手が宮石城だ。地図で見ると尾根の突端部分になる。

あまり城らしくはない。

削平地になっている。曲輪だったのだろう。

1048-03.jpg

しかし、ここは碑や案内がいっぱいある。

まずは一番奥にある城址碑。

1048-04.jpg

石灯籠と井戸。

1048-05.jpg

石灯籠には、何やら宮石松平のことが記されている。

1048-06.jpg

井戸の石の囲いは、整備した時に置かれたとは思うが、往時もこんな感じだったのだろう。のぞいてみると、井戸の石垣が残り、水もあるようだった。

1048-07.jpg

宮石松平のことを記したもの。

1048-08.jpg

磯谷家由緒碑、その裏面には系図も示されている。

1048-09.jpg

1048-10.jpg

これら一連の整備は磯谷さんの手でおこなわれたようだ。

しかし、磯谷家由緒碑がありながら、宮石松平家とどう繋がりがあるのかわからない。隔靴掻痒の思い。

多分、子孫の方なんだろう。松平から磯谷へと変わったことは、歴史の表舞台の出来事ではない、または、はっきりとわからないので記載を遠慮したのだろうか。

そして今、荒れ果てたままになっているのは、どうしてなのだろう。

気がかりで、もう少しそのあたりがわかれば、と思うのであった。

1048-11.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(54)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1047山口県光市のマンホール [マンホール]

山口県光市のマンホールです。

1047-01.jpg

1047-02.jpg

1047-03.jpg

汎用タイプばかりでデザインマンホールが撮れませんでした。まあ、しかし、こうして並べてみると、周囲のデザインは光の粒のようで光市らしいなと勝手に納得しています。(デザインマンホールはあるようなので、いつかリベンジします。)

中心は光市の市章です。「光」の文字からのデザインです。公募で決めたそうですが、作者は愛知県豊橋在住の方だそうで、ちょっと驚きました。

光市には室積台場を訪れました。象鼻ヶ岬にあります。周防の橋立とも呼ばれる砂嘴が伸びた先です。静かな海と松林が素敵でした。

1047-04.jpg

1047-05.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(44)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1046広島県東広島市のマンホール [マンホール]

広島県東広島市のマンホールです。

1046-01.jpg

市の木マツと市の花ツツジが描かれています。松葉で仕切られ4つの円になっていますが、これは西条、八本松、高屋、志和の4町が昭和49年(1974)に合併して東広島市になったことを現しているのでしょう。中央には市章が載っています。「ひ」がし「ひ」ろしま市ということで2つの「ひ」からデザインされた市章です。

東広島市には鏡山城を訪れました。公園として整備されていますが、山城部分は本格的に楽しめます。比高は約110mです。

主郭近くには縄張図が描かれた案内板があります。連続竪堀なども見られますよ。

1046-02.jpg

1046-03.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(46)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1045広島県広島市のマンホール [マンホール]

広島県広島市のマンホールです。

1045-01.jpg

真っ赤な紅葉と鯉が描かれています。市の木(クスノキ)ではないのですが、広島といえば紅葉ということなのでしょうか。もみじ銀行という地方銀行もあるようですし。鯉といえば広島カープですね。それから広島城も別名鯉城です。

1045-02.jpg

今や100万都市の広島。デザインマンホールもいろいろとあるようですが、ゲットしたのはこの一種類だけです。もっと市内を歩いてみたいですね。歩いたのはお城と平和公園あたりだけです。

こちらはいただきましたよ、広島のお好み焼き。

お好み焼きならみっちゃん総本店がお勧めということで訪れました。人が多いです。大量に並べて焼いているのは壮観です。そのパワーとそば入りお好み焼のボリュームに圧倒されました。

1045-03.jpg

1045-04.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(49)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行