So-net無料ブログ作成

1407井伊谷城(静岡県) [城印象記]

静岡県浜松市北区引佐町の井伊谷(いいのや)城を紹介します。

より大きな地図で蔓草マップ を表示

NHK大河「おんな城主直虎」で、きれいになった井伊谷城を再訪しました。

浜松市立引佐多目的研修センター前の駐車場に停めて、さあ出発。

登城口が見えてきます。

1407-01.jpg

頂上が井伊谷城です。徒歩15分・距離約300mと案内があります。

整備されて歩きやすいですが、急坂です。

1407-02.jpg

息があがります。途中、休憩所なども設けられています。

腰曲輪の名残か、とも思いましたが、縄張図などによると、そうではないようです。

1407-03.jpg

着きました。

1407-04.jpg

さすが、大河効果、案内板なども整備されています。

1407-05.jpg

1407-06.jpg

 井伊谷城はこの地の領主である井伊氏が築いた山城です。標高約115mの山頂に、単郭式の曲輪が築かれています。山頂の北半分は自然の地形を残し、南半分は平らに均されています。曲輪の周りには土塁がめぐり、南側と西側に出入口をもちます。南側の出入口は大手に、西側の出入口は搦め手に相当します。大手口の両側には土塁が高く築かれており、防御を固めています。井伊氏の本拠地は、井伊谷城とその麓にあった城館に加え、最終的な詰め城である三岳城(井伊谷城の北東2kmに所在)で構成されていました。
 江戸時代の記録によると、井伊谷城は「御所の丸」と呼ばれていました。南北朝の動乱期(1336-1392)に、南朝方の拠点として宗良親王(後醍醐天皇の皇子)を擁した場所と関連づけられていたことがうかがえます。

  平成28年3月北区まちづくり推進課

------------------------------------------------------------

 実は登城口にあった説明とは違う内容なので、どちらもチェックを忘れないようにしてくださいね。(登城口の説明は、井伊氏についてより言及した内容になっています。)

 井伊谷城は単郭の城とあり、また違う説明板には縄張図もありましたが、古い単純な構造の城なのです。

1407-07.jpg

今登ってきた南の出入口、大手です。土塁が判ります。

1407-08.jpg

曲輪の北側は岩場になっています。削平されていません。

奥に「御所の丸」の案内がありました。

1407-09.jpg

木々のすきまから三岳城が見えます。

三つある真ん中の頂が三岳城です。

1407-10.jpg

南側はきれいに削平されており、先端には展望所が設けてありました。

1407-11.jpg

ふもとがよく見えます。

素朴な縄張りの城だけに、この眺望の良さがこの城の要なんだなと思われました。

1407-12.jpg
nice!(38)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

nice! 38

コメント 4

ハマコウ

夏に妻と登りました。
やはり結構へばりました。
長めの良さが印象に残っています。
by ハマコウ (2018-02-16 19:58) 

くうくう

眺望がいいですよね。(^^)
by くうくう (2018-02-16 21:26) 

ねじまき鳥

今は静かになったでしょうね。
by ねじまき鳥 (2018-02-17 00:08) 

くうくう

ピークの頃はにぎやかだったでしょうね。以前訪れた時は人は誰もいませんでしたが、この時は、数人の方がおられましたよ。
by くうくう (2018-02-19 22:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。