So-net無料ブログ作成
検索選択

1234明王院の扁額(広島県福山市) [扁額]

福山市草戸町にある明王院です。

1234-01.jpg

こちらも依然紹介した下記の記事と被っています。

  1010明王院五重塔(国宝)
  http://mikawanokami.blog.so-net.ne.jp/2017-01-15

国宝というこの五重塔も素晴らしいのですが、こちらの本堂も国宝に指定されています。見所満載の明王院なのです。説明板で紹介します。

------------------------------------------------------------

明王院

 明王院は真言宗大覚寺派の寺院で、もとは常福寺といい、大同2年(807年)弘法大師の開基と伝える。室町時代には「クサイツ草出常福寺」の記録が残り、芦田川の中州から掘り出された「草戸千軒町遺跡」は、常福寺の門前町でもあった。江戸時代初期(1655年頃)に水野家3代勝貞が、城下からこの地に明王院を移して現在に至っている。
 国宝の本堂は鎌倉時代末期(1321年)、五重塔は南北朝時代(1348年)の建築で、平安時代初期の本尊「木造十一面観音像」は重要文化財に指定されている。その他にも、県市の文化財指定を受けた建物や仏像が数多くあり、市内でも有数の文化財の宝庫となっている。

------------------------------------------------------------

こちらは県重要文化財に指定されている山門です。

1234-02.jpg

ここに掲げられている扁額の文字は、力が入っていて、いいですね。

1234-03.jpg

それと城郭ファンにとって見落とせないのが、同じく県重要文化財に指定されている書院です。神辺城から移築されたものと伝わります。

1234-04.jpg

こちらは本堂に掲げられた扁額です。年月を経た風格があります。

1234-05.jpg

より大きな地図蔓草マップ を表示
nice!(52)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 52

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。