So-net無料ブログ作成
検索選択

1142伊万里城(佐賀県) [城印象記]

佐賀伊万里市松島町の伊万里城を紹介します。

より大きな地図蔓草マップ を表示

伊万里川横の城山公園が伊万里城です。かつての面影はないというものの、市街地近くに盛り上がった丘は、城そのものと感じられます。

1142-01.jpg

伊万里氏の守護寺という円通寺があります。車止めがありますが、こちらから遊歩道であがれます。石垣がいい雰囲気でしたが、まあ城の遺構というわけではないでしょう。

1142-02.jpg

坂の途中に案内板がありました。

1142-03.jpg

  伊万里城跡

 伊万里城は、中世(鎌倉・室町・戦国・安土桃山時代)に、伊万里浦を納めた松浦党の伊万里氏の居城とされています。松浦党は中世に西北九州を根拠地にして活躍した水軍です。およそ800年前の鎌倉時代の初期に、松浦党の一族で伊万里氏の祖、峯上が築城したと伝えられています。
 現在は、高さ約42m、南北約270m、東西約130mの丘ですが、当時は伊万里湾に突き出した岬状の地形で、湾内を展望し、伊万里川や白野川、脇田川の河口部を支配する絶好の場所だったと思われます。
 正中2年(1325)ごろの伊万里は、伊万里浦、福島、波多津浦、田平町蒲田浦と青崎、佐世保市矢岳、神埼庄の一部(元寇恩賞地)を領地とし、五島の海夫集団を掌握しており、松浦党の有力家でした。
 しかし天正4年(1576)、伊万里兵部大輔治のとき、佐賀の戦国大名、竜造寺隆信に攻められて、伊万里は落城しました。北東側の陣内の丘に「鶴亀城由縁之霊」と刻まれた石碑があり、戦死者の供養碑と考えられています。
 明治時代以後、伊万里城跡は「城山」と呼ばれて公園ににりましたが、第二次世界大戦中は敵の飛行機をみはる対空監視哨が置かれたこともあります。現在は、伊万里富士(腰岳)や市街地を見晴す景勝の地桜の名所として市民にしたしまれています。
                          伊万里市

------------------------------------------------------------

木々が生い茂り展望は効きません。木々の合間から伊万里川です。

あのあたりは伊万里津として、港としてにぎわったのでしょう。その要地を押さえる城でした。

1142-04.jpg

公園として利用されていることもあって、上は削平地が広がっていました。

1142-05.jpg

1142-06.jpg

遺構は見られませんが、お城らしい地形ですかね。

片隅に供養塔らしきものがありました。

1142-07.jpg

面白いなと思ったのは、ここに以前は展望台があったようです。ポケモンGOのポケストラップで知りました。ポケモンGOで知ることも面白かったし、展望台など取り止めて、何もない状態にしてあるのも、今の時代らしい整備なのかな、と思いました。

もう暑くなってきましたね。何もない城をぶらぶら歩くのもモノ好きですか。

1142-08.jpg
nice!(59)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 59

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。