So-net無料ブログ作成

1113御前原城(栃木県) [城印象記]

栃木県矢板市早川町御前原の御前原城を紹介します。

より大きな地図で蔓草マップ を表示

シャープの工場が並ぶ中心に公園があります。それが、こちら御前原城です。

1113-01.jpg

ちょうど桜が満開でした。

方形の土塁と空堀がよく残ります。

晴れ渡った空と朝の光、最高の気分を味わいました。

1113-02.jpg

1113-03.jpg

1113-04.jpg

内側の土塁と空堀、それから外も土塁があるようで、二重の土塁のようです。

堀底から土塁までは5m弱の高さがあります。

1113-05.jpg

東側に見えます。よくぞこの御前原城を残してくれたと思います。日曜の朝なので工場に囲まれた御前原城は静かです。平日などは、周囲の癒しの空間になっていることでしょう。

1113-06.jpg

東側には何もなかったのですが、南側には虎口があったようです。

1113-07.jpg

そして、その外側には曲輪のような空間があります。枡形のような防衛的なものがあったのでしょうか。遺構から正確には読み取り辛いですが、それらしいものを感じます。

御前原城の大手口は南側だったと思われます。

反対の北側の虎口です。内側から見たところです。

1113-08.jpg

最初の画像の内側からになります。

今ではすっかり正面の入り口になっていますが、後世、土橋状に埋め立てて作られたようです。公園とした残された時にこのように整備されたのでしょう。車1台が通れる幅があり、入ったところが駐車場になっています。

往時は搦め手になり、虎口があり、何らかの形になっていたと思われますが、よくわかりません。

1113-09.jpg

入った正面、中心地(やや北より)に祠があります。麻疹地蔵堂です。

このあたりに居館がありました。往時は庭園もあったようです。

区切りの土塁です。

1113-10.jpg

郭内は広く(東西177m南北188m)、このように機能に応じて区切って利用していたのでしょう。

それにしても桜がいいですね。

1113-11.jpg

南東隅です。四周を囲む土塁の隅は、特別広くなっておらず、隅櫓のようなものは建てられてないようでした。

1113-12.jpg

東側には虎口と土橋が残っています。これこそ、本来の形でしょう。

1113-13.jpg

南、東、北に虎口があったわけで、四周を囲む二重の土塁と空堀、特に折れはなく、また櫓台となるような土壇もなく、素朴な形でのお城でしたが、かなりの広さがあり、往時、さらに周囲にも城郭遺構があったと思うと、なかなかなものと感じいってきました。

そして何よりも桜がよかった。青空と朝日と桜が最高でした!

1113-14.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(52)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 52

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。