So-net無料ブログ作成

1067中森城(三重県) [城印象記]

津市美杉町太郎生の中森城を紹介します。

1067-01.jpg

国道368号線で向かいます。県境に近いところです。

国道横の丘陵に城はあります。登城口は国道から見て反対側です。城山クラインガルテンが目印になると思います。車は付近の余白地に停めました。

登城口はこちらになります。

1067-02.jpg

愛宕神社のあるところが主郭になります。

1067-03.jpg

国道から少し坂を上ったため、このあたりからの比高は25mほどです。

丘陵の中心に上がりますが、既に城域です。右手にはL字状の大ぶりな土塁が見えます。

1067-04.jpg

この土塁でひと区画区切れています。その先には空堀がありました。次のコ型のような土塁との間という感じです。

1067-05.jpg

この西側(進む右手側)の土塁を歩きました。高さは2~3mほどですが、厚いしっかりした土塁です。西側の山の斜面下には横堀が見られます。

1067-06.jpg

その先の隅の土壇が主郭部です。ぐるっとまわりこんで北東部分から登りました。愛宕神社の参道として斜面になっています。

1067-07.jpg

主郭です。

1067-08.jpg

南端を見降ろしたところです。

1067-09.jpg

大きな落差はありませんが、全体的にしっかりした縄張が見られます。

東側には土塁が見られませんが、破壊されてしまったのかもしれません。東側が愛宕陣社への道となっています。東側から見た土塁もいいですね。

1067-10.jpg

中央を越えて北へ足を進めます。こちらも土塁で区画が仕切られています。

広い曲輪です。

北西方面は一段高くなっているように見えました。

その西側の土塁には石積のような部分もありましたが、たまたまの補強用のものなのかよくわかりません。

1067-11.jpg

そして北の端の平虎口です。

1067-12.jpg

この先がドーンと下っています。

1067-13.jpg

下へ降りて見上げたところです。高低差があり、威圧感があります。

平城の様な縄張が展開していましたが、山城であることを思い知らせてくれました。これは攻め辛いでしょう。

1067-14.jpg

その先も尾根道が続いていました。案内板があるように国津神社の道になっています。

細尾根をいく道ですが、どうかすると城遺構(土塁と曲輪)の様に見えたりして気になりました。しかし、城は山上に広がる土塁に囲まれた部分で充分でしょう。

西側に降りる道があったので、そこで山から離れました。

1067-15.jpg



にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(54)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 54

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。