So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

1077直虎ゆかりの龍潭寺

大河ドラマ館の後、龍潭寺を訪れました。時間が16:30(閉門17:00)と区切られているので焦りましたが、移動は15分ほどでできました。気賀の町中は渋滞します、時間には気を付けてください。

看板などリニューアルされて、きれいになっていました。大河効果って素晴らしいです。

1077-01.jpg

禅宗の臨済宗のお寺で井伊家菩提寺として有名ですが、開基は天平5年(733年)にも遡るそうです。落ち着いたたたずまいがいいですね。

1077-02.jpg

ここの一番の見応えのあるものというと小堀遠州が作ったという庭園です。お堂の裏手になります。心字池を手前に、石を並べたお庭です。

パノラマで撮ってみました。

1077-03.jpg

これでは見難いですね。

では向って左側。

1077-04.jpg


向って右側。

1077-05.jpg

ダメですね。実際に眺めるのがいいですね。私は閉門ぎりぎりだったので、運よくしばし一人きりで、たたずむことができました。ほんのわずかなことでしたが、静かなひと時がうれしかったです。

いい庭です。

直虎ゆかりということでは、寛保2年(1742年)建立の井伊家霊殿があります。

39代当主の井伊直愛の揮毫された額です。

大老井伊直弼の曾孫にあたる井伊直愛は彦根市長を務められたりしています。

1077-06.jpg

その建屋の奥に並んでいるのは、右から元祖井伊共保、22代井伊直盛、24代井伊直政です。残念ながら、直虎の名前は家系図にはあるものの、数えられてないのですね。

1077-07.jpg

1077-08.jpg

あと、寺の西に井伊氏歴代墓所があります。

お墓はコの字に並んでいて、奥の2基は右が初代井伊共保、左が22代井伊直盛です。右側の6基は井伊家歴代の墓とありましたが、人物の名前はありませんでした。左側は、奥から、直盛夫人・井伊直虎・23代井伊直親・直親夫人・24代井伊直政です。

左側の人々がまさに大河ドラマに登場する人々なのですね。

以前からこうだったのか記憶がありませんが、そうなのかと思って見させていただきました。もちろん、撮影前には手を合わせてきましたよ。

1077-09.jpg

1077-10.jpg

お寺の外、南側には、井伊家発祥の井戸があります。

何度も来ているはずなのに、ここも記憶にありませんでした。多分、井戸は見なかったのだろうと思います。

大河ドラマでは井戸はキーポイントになっています。大河ドラマに教えられることは多いですね。なるほど、そんな伝説があったのだなぁと見てきました。

彦根藩主が繰り返し整備したという説明には、胸が熱くなる思いです。直虎もきっと「ありがとう」と言っていることでしょう。

1077-11.jpg

1077-12.jpg

より大きな地図蔓草マップ を表示

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(39)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1076おんな城主直虎大河ドラマ館へ行ってきました

おんな城主直虎の大河ドラマ館へ行ってきました。ここからは、比較的近いので、まあちょっとのぞいてみた、というところです。

井伊谷ではなく、浜松市北区区役所近くのみおつくし文化センターホールで開かれています。かつての細江町です。

近くの気賀駅は大変な具合になっていました。

1076-01.jpg

話には聞いていましたが、人が多いです。NHK大河ドラマの力って、すごいものだと実感しました。

誘われるがままにセット券を購入しました。龍潭寺には何度か行ったことはあるのですが、この際にもう一度。直虎ゆかりの地としても、また素敵な庭園もありますので、まだの方にはお奨めします。ここより、3kmほど北になります。

1076-02.jpg

中はドラマの説明や衣装などが展示してあります。何よりもスタッフの皆さんが一生懸命に案内していて、ウェルカムな感じがとてもよかったです。

ドラマでは今ひとつ不可解だったのですが、瀬名姫は佐名の娘、だから直虎からは従妹の関係になるのですね。

瀬名姫=築山殿の母は、今川義元の妹と記憶していました。しかしそうではなく最近の研究から、今川義元の側室となった佐名が後に関口親永に嫁いで生んだ娘ということなのですね。

それは大事にされつつも龍王丸(氏真)とは結婚させられませんよね。改めて、暗い運命を背負った女性なのだと思いました。

まあしかし、それは家康サイドに立った見方かもしれません。

直虎サイドでみれば、瀬名との友情、そしてそれは後に大きな運命のきっかけをつかみ取る鍵となる、のでしょうかね。

曖昧な知識を補填しつつ、楽しませていただきました。

1076-03.jpg

一ヶ所、撮影OKな場所があります。次郎法師姿の柴咲コウさんです。

井伊谷の美しい自然なのでしょうか。ドラマのオープニングにもふんだんに出てきますが、こちらでもそんな展示に随分と癒されました。

外に出たら、直虎のマンホールを見つけました。

1076-04.jpg

より大きな地図蔓草マップ を表示

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(53)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1075愛媛県今治市のマンホール [マンホール]

愛媛県今治市のマンホールです。

1075-01.jpg

伊予水軍が描かれています。古くからの海上交通の要所であり、その昔は伊予の国府もありました。海を中心に今治はあったのでした。

平成の大合併(2005年)では、大三島など島嶼部もいっしょになりました。今では人口15万を越え、松山市に次ぐ愛媛2番目の、四国(県庁所在地の4市に次ぐ)5番目の都市となっています。

こちらは来島城です。

1075-02.jpg

こちらは大三島にある大山祇神社の鳥居です。

1075-03.jpg

そして、こちらは今治城です。お堀の水は海水です。

1075-04.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(57)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1074香川県旧飯山町のマンホール [マンホール]

香川県旧飯山町のマンホールです。

1074-01.jpg

飯野山(讃岐富士)をバックに町の木サザンカと町の花モモ、それと足跡が描かれています。足跡は、この地方に伝わる「おじょも」という巨人の足跡だそうです。飯野山には足跡があります。

なんでも、おじょもは山をつくるのが得意で、飯野山はおじょもの傑作です。またある時は、天秤棒をひっくり返し、それで出来たのが城山と常山だったり、ひと休みしてしょうべんをしたら、土器川になってしまったりと、何ともおおらかな雄大な昔話があるそうです。

飯山町は、2005年に丸亀市と綾歌町と対等合併し、新しい丸亀市になりました。

香川県のほぼ中央に位置します。

そこに均整のいい三角の山があります。讃岐富士と称される飯野山です。

標高421.8mの山は登山としても人気があるそうです。一度登ってみたいと思いました。

1074-02.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(52)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1073香川県旧大内町のマンホール [マンホール]

香川県旧大内町のマンホールです。

1073-01.jpg

町の花サツキが描かれています。「おおち」と入っていますが、大内は「おおち」と読むことに気付きました。土地の人でないとわからないですよね。

2003年に引田町・白鳥町と合併し、東かがわ市になりました。それでも、人口は3万人ほどで、過疎の問題には苦しんでいるようです。

どのあたりが旧大内町なのかわかりにくいのですが、虎丸山に登ってきました。ここは、虎丸城があります。比高が400mほどあり、大変でした。

曲輪の削平は甘かったのですが、堀切・竪堀・土橋など山城の遺構が楽しめます。ここも、香川県のお城としては外せないところでしょう。

寒川氏の築いた山城です。

1073-02.jpg

1073-03.jpg

1073-04.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(50)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1072発見!ニッポン城めぐり三重編

「発見!ニッポン城めぐり」のリアルコンプシリーズ!

0925発見!ニッポン城めぐり愛知編(1)
http://mikawanokami.blog.so-net.ne.jp/2016-10-22
0926発見!ニッポン城めぐり愛知編(2)
http://mikawanokami.blog.so-net.ne.jp/2016-10-23
1009発見!ニッポン城めぐり岐阜
http://mikawanokami.blog.so-net.ne.jp/2017-01-14

愛知・岐阜に引き続き、三重もリアルコンプしたので、画像を貼り付けてみよう。さあ、どうぞ。


上木城(いなべ市)

1072-01.jpg

菰野城(三重郡)

1072-02.jpg

千種城(三重郡)

1072-03.jpg

亀山城(亀山市)

1072-04.jpg

峯城(亀山市)

1072-05.jpg

鹿伏兎城(亀山市)

1072-06.jpg

新所城(亀山市)

1072-07.jpg

伊賀上野城(伊賀市)

1072-08.jpg

百地丹波城(伊賀市)

1072-09.jpg

丸山城(伊賀市)

1072-10.jpg

柏野城(伊賀市)

1072-11.jpg

福地城(伊賀市)

1072-12.jpg

千賀地氏城(伊賀市)

1072-13.jpg

後山城(北牟婁郡)

1072-14.jpg

長島城(北牟婁郡)

1072-15.jpg

京城(南牟婁郡)

1072-16.jpg

名張城(名張市)

1072-17.jpg

柏原城(名張市)

1072-18.jpg

桜町中将城(名張市)

1072-19.jpg

下山甲斐守城(名張市)

1072-20.jpg

茂福城(四日市)

1072-21.jpg

浜田城(四日市)

1072-22.jpg

三瀬館(多気郡)

1072-23.jpg

三瀬砦(多気郡)

1072-24.jpg

宮城(多気郡)

1072-25.jpg

曾根城(尾鷲市)

1072-26.jpg

田丸城(度会郡)

1072-27.jpg

一之瀬城(度会郡)

1072-28.jpg

五ヶ所城(度会郡)

1072-29.jpg

越賀城(志摩市)

1072-30.jpg

波切城(志摩市)

1072-31.jpg

松坂城(松阪市)

1072-32.jpg

阿坂城(松阪市)

1072-33.jpg

大河内城(松阪市)

1072-34.jpg

松ヶ島城(松阪市)

1072-35.jpg

枳城(松阪市)

1072-36.jpg

高城(松阪市)

1072-37.jpg

九曲城(松阪市)

1072-38.jpg

阪内城(松阪市)

1072-39.jpg

桑名城(桑名市)

1072-40.jpg

長島城(桑名市)

1072-41.jpg

願証寺(桑名市)

1072-42.jpg

安濃城(津市)

1072-43.jpg

長野氏城館(津市)

1072-44.jpg

山田野城(津市)

1072-45.jpg

木造城(津市)

1072-46.jpg

久居城(津市)

1072-47.jpg

多気北畠氏城館(津市)

1072-48.jpg

家城城(津市)

1072-49.jpg

津城(津市)

1072-50.jpg

上津部田城(津市)

1072-51.jpg

伊勢上野城(津市)

1072-52.jpg

鬼ヶ城(熊野市)

1072-53.jpg

赤木城(熊野市)

1072-54.jpg

神戸城(鈴鹿市)

1072-55.jpg

鳥羽城(鳥羽市)

1072-56.jpg

坂手村砲台(鳥羽市)

1072-57.jpg

田城城(鳥羽市)

1072-58.jpg

「発見!ニッポン城めぐり」もこの春で7年目を迎えることになるが、その途中で対象となるお城も若干の変動がある。かつては対象だったのに外れてしまった2城。

霧山城は北畠氏城館としてカバーされているようではあるが、長野城にしてもそうだけれど、複数の城をカバーして1城にして挙げるのは、ちょっとスッキリしない気持ち。

まあ、何事も例外ということがつきものかもしれない。

萱生城(四日市)

1072-59.jpg

霧山城(津市)

1072-60.jpg

さて、次のリアルコンプはどこになるのだろう。

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(49)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1071阿下喜温泉あじさいの湯 [湯めぐり]

梅を見てから、阿下喜温泉あじさいの湯に入ってきました。

1071-01.jpg

昼下がり、まだ明るいですが、明るいうちに入るお風呂は、明るいうちに飲みだすお酒と同じぐらい、のんびりまったり感を出してくれます。

お風呂は大人500円。大きくて明るくて清潔で新しい施設です。スーパー銭湯を思わす感覚ですが、アルカリ性単純泉のかけ流しの温泉です。

サウナ・水風呂もあります。そして露天風呂もあります。

青空が見えて、普段にない贅沢なひと時を過ごしてきました。

食堂や売店もあります。

とんてき定食をいただきました。

1071-02.jpg

広い休憩所があります。くつろいで本を読んできました。

こんな日曜日もいいですね。

より大きな地図蔓草マップ を表示

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(54)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1070いなべ市農業公園の梅林

先日の日曜日に「東海地区最大級の梅苑」の言葉に誘われていなべ市農業公園の梅まつりに行ってきました。場所はこちら。桑名から北上、岐阜との県境も近いあたりです。

より大きな地図蔓草マップ を表示

祭りの期間中の入園料金は500円で、8:30-16:00の開園になります。

10時頃到着しました。もう既に駐車場は満杯で大勢の方がみえました。

こちらは展望台からの景色です。

1070-01.jpg

色の白いもの、ピンクのもの、紅いものと混ざってキレイです。後ろの山並みの白や青空の青もあってステキな眺めでした。しかし、今年は寒さが厳しかったのか、満開まではもうちょっとでしょうか。

1070-02.jpg

1070-03.jpg

下へ降りて梅林を歩きました。暖かないい天気です。何よりも青空が嬉しいです。

1070-04.jpg

1070-05.jpg

1070-06.jpg

1070-07.jpg

のんびりと満喫しました。13時頃で、まだ早いかなとも思いましたが、外へ出たら、ものすごい渋滞の列で並んでいたので驚きました。こういうのは、早い時間に限ります。

今週末だったら見頃でしょうか。ボリーム満点、お奨めの梅林でした。

1070-08.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(53)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1069法性寺城 [岡崎の城をめぐる]

岡崎市法性寺町上屋敷。


より大きな地図岡崎の城 を表示

岡崎市史には法性寺村古屋敷という城館があり八田森右衛門が領していたことが記されている。中世の館城があったことだろう。

ただ場所や詳細はわからない。法性寺(地名)なら法性寺(寺)だろうということで法性寺を訪れた。

法性寺は平安中期、長和5(1026)年に天台座主であった暹賀(せんが)が創建し、中世には七堂伽藍と一山六坊があり大変な勢力で、和田山法性寺の号が地名にもなった、ということである。

そして、その内の大日堂にあたるのが、今残るお寺となった。

1069-01.jpg

そこに、館城がどう絡んでくるのかは、もう空想の話でしかない。

お寺もごく普通サイズ。それでも伝教大師の「一隅を照す此れ則ち国宝なり」の言葉が刻まれ、天台宗のお寺なんだと思ったが、盛時の面影はない。

お城の遺構や痕跡も感じられるものはない。

でも、法性寺町の法性寺たる由縁の法性寺を訪ね、往時を偲ぶのであった。

1069-02.jpg

1069-03.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(48)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1068香川県旧大川町のマンホール [マンホール]

香川県旧大川町のマンホールです。

1068-01.jpg

町の花サザンカが描かれたデザインマンホールです。中央は市章、大川の文字を図案化しています。

ボタン製造で有名な町だったそうです。

津田町・志度町・寒川町・長尾町と合併して、新設のさぬき市になりました。

大川町へは、雨滝城を訪ねました。

薮っていて城探索はやっかいでしたが、ハイキングコースとなっているので主郭までは大丈夫です。主郭から、瀬戸内海が望めました。

1068-02.jpg

1068-03.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
nice!(52)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -