So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

1263清水寺子安三重塔(重文) [和塔]

清水寺にはもうひとつ三重塔がある。子安塔だ。

より大きな地図蔓草マップ を表示

仁王門からは一番奥の南のはずれにぽつんと建っている。

清水寺三重塔は記憶にあるが、こちらは全く記憶がない。重文の三重塔リストを見ながら、何だっけと気になって仕方ない。

清水の舞台からのこの景色は、それこそ小学生の修学旅行でも見たはずだ。

1263-01.jpg

でも、特別な関心がない、とはそういうことか。

奥の院から南下して、はずれにある高台を登ると、そこに三重塔はあった。

1263-02.jpg

創建年については詳しくわからないようだが聖武天皇、光明皇后の祈願所だったというから奈良時代にはあったのだろう。堂内に子安観音が納められていて、もとは仁王門の左手前付近にあった。

今の塔は明応9年(1500)の再建で、明治44年(1911)に現在地に移されたそうだ。

高さ約15mと小振りな塔で、清水寺三重塔の半分ほどの大きさになる。

1263-03.jpg

1263-04.jpg

小さいながらにもきれいに朱塗りされ均整な姿を見せる。

扁額には「観世音菩薩」とあり右上に小さく「洛陽」左上に「子安」とある。

1263-05.jpg

ちょっと斜めの構図もいい。

1263-06.jpg

そしてアップ。

1263-07.jpg

清水寺は人気スポットで人が多い。しかし、ここ子安塔まで足をのばす人は少ない。また近くに建物がない。心ゆくまで、三重塔を味わった。

ここから清水の舞台や三重塔など見える。こうして清水寺を俯瞰するのも悪くはない。せっかく清水寺に詣でたなら、ここまで来てほしいものだ。

1263-08.jpg
nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1262清水寺三重塔(重文) [和塔]

京都東山の清水寺を訪れた。今回は小学校以来の再訪となったが、その最大の目的はこれ、国の重要文化財に指定されている三重塔。

1262-01.jpg

1262-02.jpg

 重要文化財 三重塔

 この塔は、当山ご本尊観世音菩薩の御霊験によって嵯峨天皇の皇子ご誕生あり、承和14年(847)葛井親王が勅命を奉じて創建されたと伝える。
 現在の塔は寛永9年(1632)の再建で、日本最大級の規模をもち、三間四方、高さ29.7mに達す。昭和62年(1987)文化庁の助成をえ、京都府教育委員会に委託して、解体修理、彩色復元の落慶をみた。
 一重内陣の中央に大日如来坐像を安置し、四面の壁に真言八祖像、四天丸柱に密教的な仏画を描き、柱は雲天竜、天井その他は飛天、華型、幾何文様が極彩色で全面荘厳されている。
 なお今回の修理で全重を総丹塗りに戻し、他塔にその類例を見ない、各重の丸桁・台輪・長押などの各種極彩色文様をすべて寛永の昔に復元した。

 一重で見ると、軒下の丸桁の両端は「摩竭魚」中央は「金剛盤に宝珠」中段の大輪の両端は「出八双卍崩円竜」中帯は「向い蝶」下方の長押の両端は「入八双若芽唐草」中帯は「四弁花羯磨繋」の文様になっている。

                      北法相宗 清水寺

------------------------------------------------------------

一重の文様が解説されているが、実に艶やか。

ちょうどの陽の加減がよく、明るく差し込むと、極彩色が映える。

1262-03.jpg

1262-04.jpg

日本最大級の規模というが、その大きさと朱塗りの強烈さに圧倒された。

1262-05.jpg

和塔の木組みの美しさ、均整さ、に惹かれて和塔めぐりに熱を入れている。そんな中での、清水寺三重塔の再訪だ。

何となく三重塔のある景色は記憶にある。和塔のことばかり気にしていたので、本堂の修理のことはすっかり忘れていた。まあ長い歴史の中で、こんな風景もまれなことかもしれない、と気を取りなおす。そして、ああ、やっぱりこの景色だと思って撮ってきた。

ああ、京都だなあという景色のひとつだ。

1262-06.jpg
nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1261清水寺の扁額 [扁額]

京都府京都市東山区清水一丁目にある清水寺(きよみずでら)です。

より大きな地図蔓草マップ を表示

言わずと知れた清水寺ですが、私としては小学校の修学旅行以来になります。

京都には何度も来ましたし、よく歩き回りました。嵐山・嵯峨野から金閣、或いは二条城、或いは平安神宮。こうして思うと、そのことに驚くほどです。

しかし、二年坂から三年坂と、そしてこの清水寺、何と人の多いことでしょうか。人気スポットなんですねぇ。

入口である仁王門の前は人がいっぱいでした。

1261-01.jpg

その見あげた門の中心に扁額が掲げられています。「清水寺」。

1261-02.jpg

ていねいに時間をかけて見学しましたが、今回は割愛させていただいて、あと扁額として心に残った中門の扁額を紹介します。

1261-03.jpg

本堂の手前になります。

作られたのは新しそうですが、力のこもったうねりがなかなかいいですね。

1261-04.jpg
nice!(36)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1260清水寺門前の扁額たち [扁額]

清水寺を詣でたのですが、それにしても門前は賑やかですね。古くからの暖簾を引き継ぐお店が並び、魅力ある町並みを作っています。ああ、これも扁額だなぁとその看板字に魅入ってしまいました。そんな数々を紹介します。

1260-01.jpg

1260-02.jpg

1260-03.jpg

1260-04.jpg

1260-05.jpg

1260-06.jpg

1260-07.jpg

1260-08.jpg

1260-09.jpg

1260-10.jpg

ここでは八つ橋シューを食べました。
http://mikawanokami.blog.so-net.ne.jp/2017-09-19

1260-11.jpg

1260-12.jpg

1260-13.jpg

1260-14.jpg

1260-15.jpg

1260-16.jpg

1260-17.jpg

全部の扁額を撮ったわけではありませんが、それにしても色々で、扁額のこだわりも面白いものだと、改めて思ういい機会になりました。

さあ、清水寺です。

1260-18.jpg
nice!(52)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1259二寧坂から産寧坂を歩く [重伝建を歩こう]

産寧坂あたりは重伝建地区に指定されている。正式には「京都市産寧坂伝統的建造物群保存地区」というらしい。法観寺から清水寺まで歩いた。

まずは法観寺を出て坂を登り、振り返ったところ。

1259-01.jpg

いかにも京都らしい雰囲気だ。

二寧坂にさしかかる。

1259-02.jpg

1259-03.jpg

1259-04.jpg

坂から見下ろした甍の連なりがいい。青空が似合う。

産寧坂に来た。この坂の方が厳しそうだ。

1259-05.jpg

1259-06.jpg

この産寧坂を通って清水寺を参詣すると安産するそうだ。

観光客のにぎわいが多い。そして、清水の門前に出ると更に人が増えていく。

1259-07.jpg

1259-08.jpg
nice!(59)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1258愛知県豊川市のマンホール追加 [マンホール]

愛知県豊川市のマンホールです。(前回はこちら。)

1258-01.jpg

傘とてるてる坊主と雨だれが組み合わさったデザインマンホールです。

あ、これは、と気付き撮ってきました。家に帰って、コレクションと照合するまでドキドキでした。およそ県内は撮り切ったと思っているのですが、まだまだあるものです。新しいコレクション追加に万歳です。

これは赤塚山公園の水の広場前で撮りました。

1258-02.jpg

思えば、ここへは子ども幼稚園に通ってた頃、よく遊びに行きました。車で1時間ほどかかるので、夏の小旅行です。

水の広場には子どもが楽しめる仕組みがいっぱいあって、あきずに通ったものです。

もう9月ですから、水に入っているような子どもはいませんでしたが、懐かしいですね。今でも夏は子どもたちがいっぱい遊んでいることでしょう。

1258-03.jpg

1258-04.jpg
nice!(52)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1257京あみの八つ橋シュー [グルメ]

京都清水寺の門前の京あみに立ち寄りました。

より大きな地図蔓草マップ を表示

お店が並び賑やかです。京あみは、カジュアルな店構えです。

1257-01.jpg

人気があるという八つ橋シューをひとついただいてみました。

1257-02.jpg

1つ300円です。抹茶にしました。(あとカスタードがあります。)

ニッキの香りがほんのり、あ、八つ橋だと感じます。抹茶クリームとの組み合わせが新鮮で、美味しいですね。ただ、もうちょっとたっぷりクリームが欲しかったかな。

1257-03.jpg

1257-04.jpg

この地区は食べ歩き禁止だそうで、店内のカウンターのような場所で食べました。ちょっと頬張る程度ですから、それで充分ですが、それにしても人が多かったですね。

1257-05.jpg
nice!(58)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1256甘党茶屋京梅園の清水点心抹茶冷しぜんざい [グルメ]

京都東山に行ってきました。その散策途中で寄った甘党茶屋京梅園です。

より大きな地図蔓草マップ を表示

二寧坂を上がり産寧坂に向かう途中にあります。間口はさほど広くなく、地味に見えました。お目当てのお店だったので、すんなり見つかり、嬉しかったです。

1256-01.jpg

抹茶冷しぜんざい・みたらし団子・きなこ白玉・栗の渋皮煮・黒糖わらび餅の5種盛りを頼みました。これで880円です。

この四角いみたらし団子が気になっていました。

1256-02.jpg

食べやすいみたらし団子ですね。お餅がやららかです。

味や量がもの足りないようで、食べ終わってみると充分満足している感じです。上手く計算されているのでしょう。

ゆっくり出来ました。

1256-03.jpg
nice!(54)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1255Excelファイルのあり方

地域の役など、いろいろやらせてもらうことが多くなった。事務書類などがパソコンで作られたものであることも多い。とりわけ表などはExcelだ。

そんなExcelファイルをいただきながら、残念に思うことが多い。総括して言えば、コンピュータであることの良さを理解してない、使い方がワープロ的だと言うことだろう。なんとか改善してくれないかな、ってポイントをまとめてみた。


<1>データは1行にまとめる
並び替えなどの便利さが理解されてない

会員名簿でも住所録でも、要は1行毎でデータをまとめるということである。ふりがなの為に1行増えたり、備考的な追加メモで1行増えたりするその気持ちはわかる。しかし、そのまま見ることしか意識されてない。1行毎のデータなら、簡単に並び替え、或いは条件にあうデータだけ選択できるのだ。その便利さをもっと活用したい。「ふりがな」「会員コード」「年齢」の並び替えや「○○地区」「性別」の把握など、実に簡単にできるのだ。


<2>文字列と数列を意識し、数列での登録を増やす
数列で記入すれば活用のチャンスが広がる

文字列と数列と言われて、なるほどね、と思う人はいい。けど、けっこうな人が、その区別がついてないのではと、考えてしまう。「12ヶ」といったものが表示形式を工夫して、数列でうたれているとほっとする。

データがいっぱい打ち込まれているが合計はどうしたのだろう。画面を見ながら電卓でもたたいたのだろうか。そんなExcelファイルをいただくことも多い。

また生年月日が昭和平成等の元号で、しかも文字列で打たれているExcelファイルもあった。ある意味、Excelが勝手に数列として処理してしまうと思われるため、わざわざ文字列にするのに苦労していたのかもしれない。きっとExcelのおせっかい機能としてののしったことだろう。しかし、月日だって数列の方が断然便利だ。例えば年齢を知る等、計算でできることは多い。

元号でなく西暦で書いてくれ、と係の方が力説していたことがあった。生年月日順に並べたいらしい。私にはどちらでもいいことに思える。


<3>計算でできることは計算式ですます
頑張って計算する必要なし、正確でスピーディ

オートSUMを利用しているxcelファイルは多いが、「年齢」等を計算で処理してあるExcelファイルはまれだ。生年月日があるのに、いろいろと苦労して書き込んでいるのだろう。なかには、間違いも見受けられる。

また基準日がないと書き込まれた年齢はデータ的には怪しいものになる。「9/18に75歳以上になっている人」を数えたい、というように期日が必要だ。メーバー数が多いと、けっこうその日が誕生日だという人がいるもの、データを作った時はまだ75歳になってない方がいて、トラブルが起きたりする。

もっと計算式を活用すればいいのにという例は枚挙にいとまがないが、ま、出来上がった表なのだ、そうとやかく言っても仕方ないだろう。

そうそう、逆に気をつけないといけないのは、壊れかけた計算式。全縦計のはずなのに、上の数行が計に漏れている、というようなものだ。オートカルク機能などを利用して、重要なところはチェックするようにしている。

※印刷物よりデータ(Excelファイル)の方がありがたい
要求に応じてデータを作り変え対応することが可能

今は電子メールが便利なので、そんな人はあまりいないが、それでもごくまれに、紙の資料しかくれなくて、業務の引き継ぎをさせられたりする。

もう一回打ち直せというのか、と言うと、そんなの当り前じゃないか、返ってくる。そういう方とは、いっしょにお仕事はしたくない。

俺が頑張ったからお前も頑張れ、ではなく、俺が頑張ったからお前は楽だ、その分もっといいものに改善してくれ、でありたい。

パソコンのファイル受け渡しはそういう意味を込めたいものだ。


つらつらと、つれづれに思うこと。

1255-01.jpg
nice!(52)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1254池田屋敷(愛知県) [城印象記]

愛知名古屋市中川区荒子町小城の池田屋敷を紹介します。

より大きな地図蔓草マップ を表示

荒子観音から東に250mほどのあおなみ線近くに荒子東公園があります。ここが池田屋敷だったところです。

1254-01.jpg

遺構は何も残っていません。数年前は荒地だったようですが、公園として整備されていました。付近を歩いてみると、公園の南、道路沿いに説明板がありました。

1254-02.jpg

荒子東公園の案内

 この公園は、荒子町、吉良町、小城町にわたり位置している。

荒子の歴史

 江戸時代の古地図によると、このあたりは荒子村小城といわれ、池田恒利の屋敷があったと伝えられている。
 恒利の子・恒興(1536-1584)は、前田利家とともに戦国武将として信長、秀吉に仕え、数々の武勲をあげた。
 世界遺産として名高い国宝姫路城は、恒興の子・輝政(1564-1613)が築いた。

                       中川土木事務所

------------------------------------------------------------

小城町という地名が何かを伝えています。

こんな場所から、池田恒利-恒興-輝政という系譜が始まるのかと思うと少し感動します。前田利家の荒子城や中村で生まれた秀吉ことも考えながら。

何もないけど、楽しいものです。

1254-03.jpg
nice!(54)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -